十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

しゃっくりひめの びっくり」 みんなの声

しゃっくりひめの びっくり 作:伊藤 アキラ
絵:朝倉 めぐみ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年06月12日
ISBN:9784097273332
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「しゃっくりひめの びっくり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵文字が楽しい

    6歳長女に読みました。しゃっくりが止まらないしゃっくりひめのしゃっくりを止めようと、家来たちが頑張るお話です。最後は王子様が出てくるのですが、長女はそれよりもこの絵本の文章が文字だけでなく、絵文字で書かれてるのでそこが楽しかったようです。お話として中身も十分に楽しめますよ。

    掲載日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵文字

    この絵本の分の中にはかわいい絵文字がいっぱいでした。うちの子はしっかりひらがなが読めないのでこんなにかわいい絵文字いっぱいだったので自分で頑張って読んでいたのがビックリしました!!ストーリーもかわいくってとっても楽しい絵本でした。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいけど読みづらい

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。しゃっくりをよくする王女様が様々なしゃっくりをとめる方法を探り、最後にしゃっくりを魔法で止めてくれる王子様に出会って結婚するお話です。ストーリーとしては面白いですが、文章がすべて絵文字との共存タイプ。ふりがながふってありますが、とても読みづらいです。わざわざこんなことをしなくてもいいのに・・・と思います。十分ストーリーとして素敵だとおもうのですが、この絵文字との共存で落ち着かない感じ。息子も絵文字を楽しむことなく、なんとなくうるさそう。文字を拾い読みできる子ですが、全然興味をそそられなかった様子。

    お姫様?王女様がでてきて、最後はハッピィエンドなので、普通のお姫様ストーリーとして捉えれば、女の子がとても楽しめる一冊かもしれませんよ。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵文字

    しゃっくり姫のしゃっくりを止める方法は、びっくりさせてもらうのが

    直ると思いました。年をとったおじいさんが役にたったのは嬉しいと

    思いました。絵文字が楽しくて小さい子の方が早く読めるのかもしれま

    せん。びっくり王子の登場と末永く幸せに暮らすしゃっくり姫のハッピ

    ーエンドに満足な私でした。

    掲載日:2010/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    タイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。姫がかぶっているティアラがキラキラと輝きを放っていてとても美しかったです。絵文字が大量に使われているのが楽しくてユニークなので気に入りました。絵文字がとても凝っているのが良かったです。特に姫のしゃっくりが印象的でした。文章がリズミカルなのでテンポよく読めるのも気に入りました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃっくりにきくのはやっぱり…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    しゃっくりの止まらなくなったお姫様の、楽しい冒険物語です。
    ひっく しゃっくり ひっく ひっく…
    最初のうちは、ジュースを飲んだら止まったのに、それが止まらなくなりました。次は、プリンを食べて…そして、次から次に色んなことを試してみましたが、どれもこれもきかなくなり、そして、ある噂を聞き、旅に出たのでした。
    なかなか面白いできごとです。しゃっくりを止めるために、いろんな食べ物をとるのも、ちょっと考えものですが…
    文字の間にちりばめられた、楽しい絵文字で、文字を読み始めた子どもたちも、充分に楽しむことができます。そして、絵がとってもユニークに描かれていて、わかりやすいところが素晴らしいと思いました。
    それにしても、なんて奇想天外なしゃっくりの止め方なんでしょう。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見て楽しむ絵本

    • 月の涙さん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子5歳

    一人で読むのにはとても楽しめる絵本だと思いますが、読み聞かせにはちょっと読みにくかったなー。
    確かに見て楽しめるのだけど、文章の中にちりばめられた絵文字がちょっと邪魔でした。
    ストーリーはとてもおもしろく、奇想天外。
    お姫様の話だけに、女の子がのめりこむ要素がたくさん詰まっています。
    聞かせるというより、見て楽しむ絵本かな。

    掲載日:2006/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃっくり止めの魔法

     あるところのお姫様が、しゃっくりがどうにも止まらなくなってしまいました。冷たいジュースを飲んでも、あまいお菓子を食べても、ぜんぜん止まる気配がないのです。国で一番年をとったおじいさんに聞いてみると「しゃっくりを止めるにはびっくりさせるのが一番じゃよ」と教えてくれました。そこでお姫様はとなりの国のびっくり王子に会いにいくことになるのですが・・。絵文字で構成されていてとてもステキです。挿絵は挿画で活躍中の朝倉めぐみさんのイラストがとてもかわいらしく、細かい線や女の子の好きなアイテムが満載です。家庭でお母さんと女の子で楽しめる本です。ひとりでじっくり読み込む女の子も多く、とても人気があります。

    掲載日:2003/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット