ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ぱっくんおおかみとくいしんぼん」 みんなの声

ぱっくんおおかみとくいしんぼん 作・絵:木村 泰子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年01月
ISBN:9784591004807
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「ぱっくんおおかみとくいしんぼん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙絵が可愛かったので借りて来ました。
    カバー折り返しを読んで、びっくり。
    シリーズものだったんですね。

    ぱっくんおおかみとうさぎさんは、綺麗な道が、ずっと向こうまで見えていたので、どこまで続いているのか知りたくて、行ってみることに。
    歩いて行ったは、いいんですが、道が長くて、車を作って乗って行くことにしました。
    お手伝いを買って出てくれた鳥さんたちもいっ世に出発です。
    坂道にきて、登れないので、車をリニューアル。
    ここでもお手伝いしてくれるおともだちがいます。
    ところが、道は水の中にも続いていて、・・・・・・。

    この後の潜水車にビックリ!
    力を合わせると、どんな車も作れちゃうんですね。
    さらに車をリニューアルして、走って行った先は、トンネルじゃなくて、・・・・・・。

    ここでのぱっくんおおかみの活躍に爆笑でした。
    ぱっくんおおかみのあごは、大丈夫かな〜?

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストが笑える

    お話自体は普通のお話なんです。

    読んでいっても特に変わりはないです。

    楽しく読み進めていくと、最後に、

    えっ?!となりました。

    そういうことだったのか・・・と。

    それから、また一から絵本を見ながら、

    なるほど〜!と納得してしまいました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる絵本。

    • ぺこさん
    • 20代
    • その他の方
    • 福岡県

    子どもの頃に大好きだった絵本です。

    子どもの頃は、いろいろな不思議な動物が出てくるところや、みんなで工夫して乗り物を改造しながら進んでいくところが大好きで、何度も読み返していたのを覚えています。
    最後まで読んだ後に、来た道をたどってみたりしていました。

    大人になって再びこの絵本に出会い、
    おはなしの展開はわかっているものの、
    「ねえ そのこ ぱっくんおおかみじゃないの くいつかないかな」と尋ねる周りの動物たちに、
    うさぎが
    「へいきさ ともだちだもの」
    と答える場面にすごく惹きつけられました。

    ぱっくんおおかみとうさぎの友情が、大げさに表現されていないところがいいな〜。

    残念ながら現在は絶版状態ですが、復刊して欲しいなと思う一冊です。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • わあー 凄い口!

    ぱっくんおおかみとうさぎは、ピンクの綺麗な道を歩き続けます。

    途中で、車を造ってお友達を乗せ、お友達が増える毎に車も大きくなり

    アイデアも性能も抜群になっていきます。

    二人は賢いし、なによりお友達を信頼しているのがよかったです。

    「ねえ、その こ ぱっくんおおかみじゃないの くいつかないかな。

    」その時に言ったうさぎの言葉が大好きです。「へいきさ。ともだちだ

    もの。」きっぱりと言った言葉です。信頼することがやっぱり必要だと

    思いました。大冒険も面白かったし、くいしんぼんから、みんなを守る

    ぱっくんおおかみさんの鋭い歯にびっくりしました。

    楽しい冒険の絵本でした!

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大改造

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    ピンク色のきれいな道をいけるところまで歩こうと、
    ぱっくんおおかみとうさぎが進みます。
    途中、仲間の動物も増え、
    さまざまな道に合わせて車を改造してしまうところが面白かったです。
    潜水艦になったりスーパーカーになったり。
    みんなのアイデアはすごい!!

    おしまいまで読んだら、きゃ〜びっくりでした。
    ぱっくんおおかみの歯って、だれにも負けないんですね。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト大!!

    自分が子供の頃読んでいた本が出てきたので3歳の息子にも読んであげるとお気に入りになりました。
    すごく強い、けどすごく心優しいぱっくんおおかみと仲間たちの冒険です。
    物語の展開もとても面白いですが、なにより独特な絵がいい!!背景も細かいし、大人になって読んでも楽しめる1冊です。
    母がかなりの絵本好きで沢山の絵本に囲まれて育ちましたが、その中でも特に忘れられない絵本です。

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいドライブが・・・?

    • げんきっきさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    きれいな道をたどっていく途中、歩くのが疲れたぱっくんおおかみとくいしんぼんは、車をつくります。車を改造するたびに友達が増え楽しいドライブ・・・車もユーモアあふれ、お話の内容もわかりやすいため我が家の息もこの本が大好きです。
    何といっても、終わったあともう一度読み返して道をたどってみたくなる結末がサイコーです。
    この本はとても古く、私が小学生のときに何度も読み返した1冊です。

    掲載日:2003/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議にかわいい絵

    きれいなピンクの道を進んでいくことにした、ぱっくんおおかみとうさぎ。途中で、どんどん仲間が増えて、車を作り、車もよいものにしていきます。「トンネルだ!」と、思ったら、それはくいしんぼんの大きな口・・・。登場する動物たちが、なんだか不思議にかわいいのです。人によって、絵の好き嫌いがあるかもしれません。

    掲載日:2003/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット