しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はせがわくんきらいや」 みんなの声

はせがわくんきらいや 作・絵:長谷川 集平
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年
ISBN:9784835440583
評価スコア 4.81
評価ランキング 223
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 6年生に読むために下読みしたら

    • あんぴかさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子15歳、女の子8歳

    6年生に読み聞かせるために下読みしてみたら

    。。。声を上げて,泣いてしまいました。。。

    私には,障害者の兄弟がいます。
    子どもの時から,親に「面倒を見てやれ」と言われていました。
    「○○ちゃんなんか,きらい!
     めんどくさい!
    どうして,何もできないの?!
    なんで私が,面倒見てやらなきゃ,いけないの?!」
    いつも心の中で,思っていました。

    …それでも,やっぱり気にかかるのです。
    何もできないのが,歯がゆいのです。
    この主人公の男の子のように。

    「長谷川くんもっとご飯食べようや。
    長谷川くん,長谷川くん,・・・」

    男の子は,自分の大切なバットを放り投げて,
    泣きべそをかく長谷川くんに,駆け寄っています。

    長谷川くんは,作者自身だそうです。
    この男の子は,多分実際にいた友達でしょうね。
    長谷川くんに,こんな友達がいてくれて,よかった。
    あの頃の私も,きっと,こんな子どもだった。
    私の兄弟も,私がいてくれてよかったと,思ってくれているだろうか?

    タイムマシンがあったら,あの頃の私に,読ませてあげたい。
    そんな絵本に,出会いました。

    6年生の読み聞かせで,使いたいと思います。
    泣かずに,,,読めるでしょうか,,,?(;´・ω・)




    6年生への読み聞かせの5回目は,
    ずっと読みたくて温めていた 2冊の絵本を持っていきました。

    薫くみこさんの「あのとき すきになったよ」と,この「はせがわくん きらいや」。
    2冊とも友達への思いやりの気持ちについて
    深く考えさせられる内容です。

    そして偶然ですが,題が対照的な「好き」と「きらい」という言葉。
    これをセットにして読むと,子供たちは
    どんな反応を返してくれるのか?
    期待半分・不安半分で持って行きました。

    なぜ期待半分・不安半分なのかというと
    なんども「はせがわくん きらいや」と言う主人公の男の子の
    本当の優しさを,
    子供たちはわかってくれるかどうか,
    不安だったのです。
    だけど,
    「あのとき すきになったよ」とセットで読めば
    きっと子供たちは,この僕の本当の思いやりの気持ちに気付いてくれると
    期待していたのです。

    前の本で,しっとりと女の子同志の思いやりの気持ちに
    温められた空気を,
    いきなり,こんな言葉が破ります。
    「このまえなんか ひどかったんや!」
    「女みたいやなあ おまえ!」
    「泣くな!」
    きっつい男の子の,本音の言葉。
    でも子供たちは,関西弁の響きに
    ちょっと笑いながら聞いています。
    どこか抜けを感じさせる関西弁の良さですね。

    「きらいや」言いながら,男の子は
    長谷川君にかまいます。
    お母さんにも,
    「なんで あんなに めちゃくちゃなんや」と
    聞きます。
    そうです。聞いてくれた方がいいんです。
    後ろでコソコソ言われるより,
    猫なで声で,「やさしくしてね」といわれるより,
    正面から堂々と,「なんでや?」と言ってくれた方が
    いっそ,すがすがしい。

    長谷川君の障害をお母さんが説明する場面で,
    今まで,くすくす笑っていた子供たちが
    しんと静まり返りました。
    「もっとひどい人や 死んだ人も
     ぎょうさん おってんよ」の場面。
    墨のかすれたような色が,血の色に見えます。
    悲惨な現実を伝えています。

    そして,読み手のウィークポイント
    「長谷川くん ぎょうさんご飯食べようか。
    長谷川くん,大丈夫か 長谷川くん,・・・」
    ・・・何とかこらえました。少しだけ,声が潤みましたが・・・

    あとがきを読んで,本を閉じると,
    先生と子供たちが拍手してくれました。
    この本を6年生に読めて,本当に良かったです。
    この本との出会いに,感謝します。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    19
  • 衝撃的な絵本でした!

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    「森永事件」。もう、過去の話に埋もれてしまっている気もします。特に日本人って、自分に関係がないと、古い事件のことは、ドンドン忘れていきますよね?
    わたしも、この絵本を読むまですっかり忘れていました。(だいたい森永事件そのものは、わたしの産まれるずっと前に起きたことで、あまり詳しくも知らないんですけど、粉ミルクの成分にヒ素が混じっていて、それを飲んだ子供に異常が出てしまった。らしいのです)
    さて、この「はせがわくんきらいや」ですが、みんなに嫌われている長谷川君は、どうやらこの問題の粉ミルクを飲んでしまった為に、身体が弱く、普通の子と、ちょっと違う所が多いみたいなんです。
    主人公の「ぼく」は、長谷川君のクラスメートで、昔でいうガキ大将みたいな子。ハッキリ、そこが嫌だとか、ここを直せというけれど、面倒見がよくて、つい長谷川君にかまってしまい、後で損したと後悔したりする。表裏のない、なかなかいい子なんです。
    でも、ある日「ぼく」は長谷川君のお母さんにズバリと「なんで長谷川君 あんなに めちゃくちゃなんや」と聞き、その事情を説明され、なんだかよく分からないながらも、今まで以上に長谷川君にかまってしまう。
    わたしはこの絵本を読んで、改めて「森永事件の」凄さを感じると共に、主人公の「ぼく」の人間性に魅力を感じました。こういう子がもっともっと増えたら、この国はもっと心が豊かになるでしょうね。

    掲載日:2004/11/18

    参考になりました
    感謝
    6
  • ネガティブな感情をタブー視しない

    絵本っていうと、ふわふわ可愛い絵とファンタジックなお話がつきものだと思っている人たちにとっては、
    この本は「No Good」と感じられるでしょうね。

    でもね、子どもってそんなに甘く生きてるわけじゃない。
    大人以上にストレスフルな毎日を闘ってるのですよ。
    そんな彼らに、
    「みんな仲良くしよ〜ね」とか
    「仲間はずれはやめましょう」なんていう上っ面の人間関係だけを強要しても、意味がない。

    「あいつが きらいや」と感じるところから、
    一歩を踏み出す力を与えるのが、文化というものだろうと思う。

    長谷川集平の久々の新作『ホームランを打ったことのない君へ』に、
    「はせがわくん」がちょこっと出ています。
    相変わらず泣き虫だけど、ちゃんと友達におぶってもらって野球の試合を観戦してました。うれしかったなあ。

    がんばれ、全国の「はせがわくん」!

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    4
  • きらいや というのも本音

    天才長谷川集平の代表作。高校生の頃からずっと好きな作品です。
    弱っちい友だち。情けなくて、口ばかりで、すぐ泣いてしまう…ちょっと可哀想だなあと思うから仲間にも入れてやるんだけど、結局自分が損な役回りになってしまう…

    「ああ…イヤやあ〜せやから長谷川くんきらいや」
    という主人公の気持ち、いたいほど分かります。
    繰り返される「はせがわくん きらいや」の言葉。
    繰り返されるからこそ、ただ本当に嫌いなだけではないような、だからといって大好きなわけじゃない…
    そういうこどもたちの本当に日々実感している気持ちが、まっすぐ描かれています。

    この本を苦手だとおもう人がいるのは、そういう「み〜んなお友達」という本じゃない、結構ドロドロとしたこどもの正直さをあぶりだしているからじゃないかな?
    この本が、版を重ねるのは、森永ヒ素ミルクに関わる本だからという単純な理由ではなく、そういうこどもの本当の気持ちが描かれた秀作だからだと思います。

    (かつて森永の赤ちゃん用のミルク製造過程でヒ素が混入してしまい、それを飲んだ赤ちゃん達に甚大な被害が出た実際の事件がありました。今も沢山の方々が後遺症に苦しんでおられます。各県の被害者の会は現在も専従をおいて活動するほどの被害だったのです。カネミ油症、イタイイタイ病と並ぶ戦後最大の公害被害です。)

    そんな背景をもった作品ですが、こどもたちにそんなこと関係ありません。メッセージは作品がちゃ〜んと伝えてくれます。それだけの力のある作品なのです。

    掲載日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 驚いた絵本

    「はせがわくん きらいや」
    子供向けの絵本に他人が「きらい」って言葉が出てくることにまず驚きました。
    (マザー・グースにはありますけどね。外国の童謡だし)

    「ぼく」は「はせがわくん」がきらい。とろいし、目がどこをむいているのかわからない。頑固だし、付き合いにくい。

    その「はせがわくん」、そうなってしまったのは生まれたときにヒ素ミルクを飲んでしまったから。。。

    実際にあった企業事件の被害者を扱ったものです。実際にこの作者もその被害者のひとりです。幸い、大事には至らなかったそうですが。

     一度、講演を拝聴したことがあるのですが、制作動機について「生き残ったものとして何かを伝えなければならない。同じミルクを飲んで死んでしまった子供たちに背中を押されているような気がした。」と語っていらっしゃいました。

     こういった重い事実を子供に伝えるきっかけとしてこの本を読むというのも一つの読み方でしょう。

     でも、長谷川氏は「きらいきらいっていいながら好き」という感情を表現したかったとも語っていらっしゃいました。

    そういったアンビバレンスな感情を表した絵本も少ないですよね。

    堅苦しく考えなくても、手にとって読む価値のあるいい絵本だと思います。

    掲載日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • ドキッ!とします

    はじめなんと文字が読みづらい本だ!と思いましたが、逆にひと文字ひと文字をじっくりと読みました。「長谷川くんきらいや」と子供の素直な表現ながら、長谷川くんをいじめることなく、逆に一緒に遊ぶ姿に、自分の子供がこんな子になってくれればと思いながら読んでいました。

    ドキッ!としたのは、「ヒ素ミルク」の話が出たときでした。そんな話とは思わず読んでいたので、急に心が引きつけられたました。

    子供に対してどのように説明したらいいのかわからない長谷川くんのお母さん。お母さん自体も自分の子供に起こってしまったことを理解しきれない事だろうと思います。
    でも、必死に生きようとする長谷川くんとそんな長谷川をきらいといいながら一緒に遊び続ける「ぼく」の関係は、何よりも親の心を救う出来事なのではと思いました。

    世の中にはいろんな人がいて、どんな人にも優しく接することができるようにという意味で、子供に読んであげたいと思う作品でした。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • ガツンときました

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    レビューで前から気になっていた本でして試し読みで読ませていただきました。

    少し外れた子ってどこにでもいます。息子の学年にも二人います。
    2年連続でその子たちの一人と同じクラスになりました。
    息子もその子たちのことが気になるようで、他の子の話題よりも多く
    特に新学期はクラスで起きた出来事を話してくれます。

    息子は、まだこの本の主人公のように「A君はどうしてああなのか」とは聞いてきたことがなく、
    ただ、A君はそのようだと受け入れてるような感じです
    長谷川君はヒ素入りミルクでこうなったそうですが、そんな事件も今は歴史の一こまのような印象でしかありませんが
    当人にとっては今も続いてることなんだなーと思いました。

    その事件のことに思いをはせるとともに、長谷川君の色んな行動を読んでいて、なんだか息子のクラスメイトと重なりました。

    親として何とも言えずガツンとやられたような作品でした。
    高学年の読み聞かせに使ってみるのもいいかなと思いました

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 50年経っても・・・

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    中学のころだったと思います。
    授業でこの森永砒素事件の話を聞いたように記憶しています。
    その時受けた衝撃を今でも覚えています。
    その後、すっかりそんなことを思い出すこともなく生活してきました。
    この本と出会い、改めてこの事件を調べ、見直してみました。
    子供を育てている今、昔よりもっとこの事件の恐ろしさと
    親子の苦しみ(特に母親の気持ち)を想像すると
    胸が張り裂けそうになりました。
    子供は「なぜ?」と不思議がり、そして、かわいそうだといいました。
    このような事件があったこと、
    今でもその後遺症に苦しんでいる人がいること、
    事実を伝えておくきっかけを作ってくれました。

    掲載日:2011/03/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 強烈な絵本です

    タイトルにもあるはせがわくん、なんと作者のことでした。途中までは「あー、こういう足手まといな人いるわ〜」と思ったけど、実は森永砒素ミルク事件の生き残り、という展開になり衝撃を受けました。うっかり足手まといとしてみてしまった自分が恥ずかしくなりました。そんな事情を子供向けの絵本に出すこと自体、衝撃ですが、確かに、異物に対して非情になりやすい子供にぜひとも読んで欲しい本です。絵と話も白黒で、いわゆる「子供向け絵本」とは違いますが、絶対に読んで欲しい絵本です。3歳の娘にはまだ早かったので、もう少ししたらまた読んでみます。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 胸にしみる「きらいや」

    絶版になった本著を図書館で見つけた時、娘は年中さんで、(まだ難しいかな、絵がちょっと怖いかな)と心配しながら読みました。ヒ素という言葉が強く印象に残ったらしく、「どんな毒?何人の赤ちゃんが飲んだの?」と質問攻めで、なかなか先に読み進めなかったのですが、最後は「その子は、はせがわくんが大好きなのねえ」と一言。小学校の読み聞かせボランティアを始めたのは、いつかこの「はせがわくんきらいや」を読みたいと思ったからですが、小三になった娘は「お母さんこれ今度の読み聞かせで読んでいいよ。意味がわからない子がいたら、私が説明してあげる!」と頼もしい限り。先日、女性アナウンサーの方が高学年に「はせがわくん」を読み聞かせているテレビ番組を見ましたが、試行錯誤の挙句、動きをつけたり、声を作ったりしておられたのが残念でした。伝えたいことは山ほどあるけれど、私は淡々と、聞き手の子供たちにまかせて読もうと思っています。それにしても「復刊ドットコム」さんはいいお仕事をされていますね。応援します!!

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    2

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット