あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ケーキができたわけ」 みんなの声

ケーキができたわけ 作:さとう わきこ
出版社:女子パウロ会
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784789605410
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,285
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お気に入りです

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私が読んでいていいなーと思い、お気に入りになりました。
    このげんきばあちゃんはさとうわきこさんらしい頼もしいキャラクターですね。
    泥棒にさらわれてしまったおばあちゃんですが強い強い!
    泥棒たちはこれをきっかけに暗示にかかって泥棒から足を洗っていそうだなーと思いました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爆弾のケーキ!

    2歳の息子に。
    図書館で借りてきました。

    泥棒が盗んできたもの。
    それはおばあちゃん!
    それ誘拐や〜ん!と一人突っ込みをいれつつ。

    泥棒の要求はケーキを作ること。
    でもこのおばあちゃん、とっても気が強い。
    泥棒に負けじと命令します。
    その命令に従う泥棒。

    そしてケーキが二つ
    一つは爆弾入りの大きなケーキ
    もう一つは正直者になる小さなケーキ

    さて、あなたはどっちを選びますか???

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいばあちゃん

    このおばあちゃんすごい!!泥棒にさらわれたのに、逆に泥棒にいろいろ支持しているところが子供も面白がっていました。おばあちゃんがケーキを作るシーンなんかもとっても面白そうに描いてあったので、子供も興味津々で見ていました。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気いっぱいクリスマス絵本

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    元気なおばあちゃんと 『すてきな三にんぐみ』みたいな泥棒さんたちのケーキをめぐったお話です。

    とにかくともかく とっても元気なおばあちゃん♪

    ケーキを作ってほしいと 泥棒さんたちに言われ

    次々注文 次々命令(?)

    気持ちがいいほどの言い回しっぷり。

    娘が自分で読みたくなるような絵本です。

    ケーキができるのを 待ち切れない様子で待っている泥棒さんたちが 娘はお気に入り。

    でき上ったのは2つのケーキ。
    どちらが泥棒さんたちへのケーキなのか娘はすぐわかりました☆☆

    クリスマスに向けて 楽しく ちょっと変わった感じが嬉しい元気な絵本でした♪♪♪

    娘も自分で読みたいと 声を出して練習をしていました☆☆☆

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりきり元気ばあちゃん

    元気ばあちゃん、泥棒に拉致されてもマイペースで、三人の泥棒をこき使うのがとても愉快でおもしろいです。さすが、さとうわきこさんだと思いました。美味しいものは、やっぱり優しくなれるし、人を幸せにしてくれると思いました。絵本の上と下のクリスマスのイラストの帯もとてもクリスマスらしい効果があります。元気ばあちゃんの二つのケーキの最後のオチがよかったです。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばばばあちゃんだ!

    ばばばあちゃんでおなじみのさとうわきこさんの絵本です。
    ばばばあちゃんではなく、げんきばあちゃん。
    顔は違うのだけど、子どもにはすぐにわかったみたい。
    「お母さん、これって、ばばばあちゃん?」
    と子どもがすぐに聞いてきました。
    機転がきくところ、豪快なところ、明るくてものおじしない、げんきばあちゃんの性格は、まさに、ばばばあちゃんそのものです。
    どろぼうに誘拐され、ケーキを焼かされる。命令される立場なのに、いつの間にか、どろぼうたちをうまく使って、自分のケーキまで持ち帰るところがすごい。
    ばばばあちゃんと同じく、くったくのなさが素敵でした。

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいどろぼう

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    とてもテンポがよく、楽しいおはなしです。
    息子は3人のどろぼうが気になったらしく、
    3人の違いについて、マジマジと見つめ、違いを教えてくれました。
    そっくりなんだけど、ちょっと違うんですよ!
    ケーキ食べたさにげんきばあちゃんを誘拐したどろぼうたちですが・・・
    ケーキ作りの道具などを取りに行ったりきたり。
    娘「家が近いのかな?」
    息子「これなら、ばあちゃんの家で作らせて
    ケーキを奪った方がよかったんじゃない?」
    げんきばあちゃんの方が一枚うわてだったようです。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとマヌケな泥棒たち

    さとうわきこの絵本に出てくるおばあちゃんって、ばばばあちゃんシリーズだけでなく、どことなく豪快でユーモアたっぷりという感じがしますが、この絵本に出てくるばあちゃんもそうですね。

    泥棒たちの欲しかったものは、手づくりケーキだったのです。それだったらケーキ屋に行けばって感じですが。

    泥棒なんだけど、さらってきた元気ばあちゃんの方が主導権を握っているところがおかしいです。

    絵本の中に食べ物を作る工程が出てくるのは、おいしそうですよね。ちょっとマヌケな泥棒たち。ばあちゃんの家と泥棒のアジトとどのぐらい離れているのかわかりませんが、何往復もご苦労様です。

    さとうわきこらしいオチもあって、おもしろい話だと思いました。

    掲載日:2007/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪人達も救われる?

    ばばばあさんを思わせるような元気いっぱいのおばあさんと
    泥棒3人組のお話しです。
    この悪人3人組も、おばあちゃんの手にかかれば
    こんなにも変わるのね〜って笑っちゃいました。
    おばあちゃんも、こん何も悪人な3人を意図も簡単に
    操るなんて、物すごい勇気とパワーの持ち主だよね!

    ラストには、悪人も救われるクリスマス。の展開で
    安心しました。
    クリスマスだもの、これくらいの幸せは悪人にも必要だよね!

    掲載日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス絵本だったんだ〜

    絵本を読むまで、この絵本がクリスマス絵本だったなんて知りませんでした。

    クリスマスケーキが食べたいドロボウたちが、げんきばあちゃんをさらって、クリスマスケーキを作ってもらうという内容。

    最初はドロボウにさらわれたげんきばあちゃんがとっても心配だったのですが・・・

    さすが、げんきばあちゃん。

    途中から、げんきばあちゃんのほうが優勢になって、あれやこれやとドロボウに指図するようになっちゃうんだから、すごい!!

    息子はケーキができていくところがとってもたのしみだったみたい。

    そして、げんきばあちゃんが作ったケーキが2段ケーキというところも、くすぐられたみたいです。

    『食べてみた〜ィ!!』って言っていました。

    今度はちゃんとクリスマスシーズンによんであげたいな〜!と思っています。

    掲載日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット