たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぴかっごろごろ」 みんなの声

ぴかっごろごろ 作:フランクリン・M・ブランリー
訳:山田 大介
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\825+税
発行日:1995年3月
ISBN:9784834013054
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「ぴかっごろごろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとしたカミナリ博士になった気分に☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    雷雲はどうしてあんなに空高くなるの?
    雷の時って すごい大きな音がしたり
    空から稲妻が落ちてきたりするのはどうして?
    こんな疑問の答えがすっきりわかっちゃう
    素晴らしい“かがく絵本”でした。
    私が読んで テーブルの上に置いておいたのを
    すぐに息子が読みました。
    不思議に思っていた事が しっかり理解できた時の子供って
    とってもおしゃべりですよね。
    このときの息子は まさにそんな感じで
    雷の仕組みについて 私に一生懸命話してくれました。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで大丈夫

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    題名の通り「かみなり」についてのっています。かみなりはどうやって発生するか、どうゆう所に落ちるか、かみなりが発生したらどこにいるのが安全かということがのっています。6歳くらいの子だったら内容が理解できるので「ここにいると安全なんだね」と読み終わった後に確認していました。ただ、3歳の娘は内容が怖かったらしく「もう読むのやめて〜」としきりに言っていました。もちろん 最後まで読みましたが(笑

    掲載日:2003/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏らしく、カミナリの絵本を図書館で借りてきました。
    カミナリそのまんまの題名です。
    蒸し暑い時に、空気があたためられて雲になる。
    雲には電荷があるから、雲全体は電気がいっぱい。電気は雲のそこの方へ走ります。
    この電気の流れが「いなずま」だそうです。
    (勉強になりました。)カミナリについてこんなに詳しく知りませんでした。
    カミナリの音についても分かりやすいイラストと伴に、説明がありますが、長くなるので、興味のある方は、この夏休みにぜひ、お子さんと一緒に読んでみて下さい。
    知っているようで知らなかったカミナリのアレやコレヤが、いろいろと分かってきます。

    掲載日:2003/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット