モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

テーブルのした」 みんなの声

テーブルのした 作・絵:マリサビーナ・ルッソ
訳:青木 久子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年09月
ISBN:9784198609122
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,646
みんなの声 総数 13
「テーブルのした」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とっても気持ちがわかるらしい

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3歳の次男に読みました。

    この著者の絵本はどれも子供の心に響くようで、長男も次男も『ぎょうれつぎょうれつ』や『おきるじかんよ』が気に入って何度も繰り返し読んだものです。

    この絵本の主人公はテーブルの下が好き。ついついテーブルの裏に落書きしてしまいますが、お父さんもお母さんも頭ごなしに叱らずに上手くたしなめます。そんな風に対応できれば、この絵本の子みたいに素直に謝れる子になるのでしょうか・・・ね?(笑)

    読んで以来、次男はよく机の下に入っています。そこで本を眺めるのが楽しいようです。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの好きな場所

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    こどもは、この本のようにテーブルの下だとか、押入れの中だとか、狭いところに隠れたり、秘密基地を作ったりするのが、大好きですよね?
    そういったこどもの気持ちをよく汲み取った作品です。だから、こどもはとても感情移入にしてこの本の世界に浸ることができます。そして自分もテーブルの下に入ってみたくなることでしょう。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供って好きですよね〜

    主人公の女の子のお気に入りはテーブルの下。
    お気に入りのおもちゃやおかしを持ち込んだり。
    布をかぶせてテントにしたり。
    ある時テーブルの裏に絵を書き始めたらとまらなくなって・・・

    子供って「基地」が好きですよね。
    うちの子供もよくベビーベッドに布をかぶせて「テント」を作り、あそんでいます。
    私もテーブルの下が好きで、裏に落書きをしたので気持ちがよくわかります。

    そして落書きが見つかってしまって、怒るか?と思ったお父さん、お母さんの対応も素敵!

    子供の楽しむ様子が良く書かれていて、なかなか面白かったです。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの場所。

    何でも自分の回りにはべらしておくところが我が子たちにそっくり。「わたし」に親しみを感じます。
    落書きを見つけた時のパパとママの反応。私にとってとても勉強になりました。
    「わたし」が大きくなってテーブルのしたに入れなくなった時、大人になって親になった時、とてもいい思い出になることでしょうね。
    ほんわか優しい気持ちになれる絵本でした。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もやったな〜

    テーブルのしたや椅子のした、私も子供の頃よく潜っては
    自分の基地作りしたな〜 (^◇^)
    自分の世界を一気に作り上げてなんでもかんでも持ち込んでしまう!!
    そしてついには・・・

    私も自分の世界に入り込んで、ついついやってしまったこと
    あったな〜なんて懐かしい思い出に浸りながら読みました。
    そして、子どもたちもやっぱり〜
    子供時期は、こういった自由な発想がほんとに大好きで
    気持ちいい!
    でもやっぱり、大人になると!

    子供から、親になった私には「わたし」の気持も、ご両親の気持も良く分かる。
    でも、私ならカンカンに怒っちゃうかな?
    そこがちょっと違う点だったかも?
    一緒にお話しを読んでた子どもたちは、
    「わ〜!やってみたい!!」え〜!!
    私も実際にやってみてけど、やっぱり親の目から言うと
    それは勘弁して欲しいな〜

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • だめーー!!と叱りたくなったときに☆

    子供のころ、私もテーブルの下が大好きで、よく遊んだことを思い出しました。
    幼稚園で働いていたとき、5歳児クラスで読み、その後みんなでテーブルの下で遊んだり、壁に模造紙を貼って、大きな落書き帳でお絵かきを楽しみました。

    家庭でこどもにだめ!!という落書きも、この絵本を通してこどもにどのように伝えるのか、その後のフォローの仕方のヒントが親も学べる気がします☆

    こどもの世界がよくわかります。こどもに読み聞かせると、子ども自身もほっとして、楽しみながら感じられることが多いと思います。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお母さんが目標!

    「ぎょうれつぎょうれつ」の本が
    私自身が気に入っていたので
    この本も購入しましたが
    本当にいいお話でした。
    家具にお絵かきしてはダメと言われていたのに
    ついつい楽しくお絵かきしていたら
    テーブルの裏にまで書いてしまい・・・

    このお母さん凄い!怒らず
    「素敵な絵ね。飾りたいくらい。」
    なんて言えないと思う。

    ハナちゃんもちゃんと悪い事したのを
    反省し本当に素敵な家族です。
    私もこんな親になれるよう頑張ろうと思います。
    ちょっと気持ちがつまづいた時に
    読み返す本です。

    子供達は押入れやタンスの隅っこなどが好きなので
    テーブルの下の居心地良さに共感するようでした。

    沢山のお母さんに読んで欲しいです。

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の特権

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子8歳

    テープルの下なんて、子供の体にぴったりの
    彼らだけの空間なんですよね。羨ましい。
    おもちゃやお気に入りのブランケットも持ち込んで
    そこはどんどん居心地のいい場所になります。
    でもね、落書きしちゃったんですよ。テーブルの裏側に。
    もちろん本当はしてはいけない事。
    そしてハナはいけないことって分かっていたから
    ちゃんと謝れました。
    お父さん、お母さんも怒らずに
    次の日、画用紙を渡してくれます。
    「壁にかけたいほど」って言ってくれたんですものね。
    この作者本当に子供を良く観察してるなぁと思います。

    掲載日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついつい落書き

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    ハナはテーブルの下がお気に入り。
    人形や毛布や積み木を持ち込んで、
    さながら我が城。
    でもついつい、テーブルの裏に落書きしてしまって・・・。
    両親の対応が見事です。
    それと同時に、すぐに謝罪したハナ。
    この相互の行動が、次のハナの行動にあらわれていますね。
    インテリアにも注目。
    たくさんの写真が飾られていますよ。
    親子のコミュニケーションの姿が素敵です。

    掲載日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 居心地がいいんだよね

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子4歳

     子どもって不思議に、小さな窮屈な場所を好むんですよね。息子が小さな頃、「あれ、やけに静か、どこにいるのかな?……」と思って探すと、よくテーブルの下や家具と壁の間の薄暗い一角で自分の世界に浸っている光景がありました。こちゃこちゃと自分のお気に入りの物を持ち込み、毛布と一緒に。
     この絵本の主人公のハナもテーブルの下が大好き。お人形やクレヨン、クッキーなどを持ち込んで、居心地のいい空間を作ります。でも、ちょっと失敗しちゃうのです……。
     「ぎょうれつ ぎょうれつ」に魅せられて、こちらも手にしてみました。作品としては「ぎょうれつ…」の方がうまく仕上がっていると思います。こちらは後半、お父さんとお母さんに囲まれているページが多すぎかな。この部分でテンポが悪くなってしまうのがちょっと残念でした。

    掲載日:2004/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット