モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

まほうのあめだま」 みんなの声

まほうのあめだま 作:安房 直子
絵:いもと ようこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784333017270
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,951
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うちの猫を思い出す

    寝るもの食べるのも一緒だった
    仲良しの猫ちゃんと女の子。
    引越しで離れ離れに暮らすことになり、寂しくて仕方ない時

    猫がまほうのあめだまをもらってなめて
    女のこのところに飛んでいくとき
    「あいにきたよ〜」ってニコニコして
    空を飛んでいく様子や
    嬉しそうに一緒にすごしている様子を
    最初ほのぼのと子どもと一緒によんでいたら
    以前同じように
    食べるのも寝るのも一緒の猫と暮らしていた時の事が
    思い出され、泣けてきました。
    大事にしてくれた飼い主と離れるって
    動物だって寂しくて飼い主のことばかり考えて
    食欲もなくなってしまうんです。

    こんなまほうのあめだまがあれば
    本当にすぐにでも飛んで行きたい、
    そんな切ない気持ちを 夢一杯、暖かく幸せに
    描かれている絵本でした。
    子どもは気に入り、毎晩読んで欲しがりました。
    私も大好きですが、今は亡き私の猫との想い出が
    よみがえってしまうので
    子どもの前では泣かないようにしなきゃと思いました。

    生き物を大切に思う気持ちが伝わる絵本です。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • 会いたい気持ち

    大好きだったみほこちゃんと一緒に住めなくなったチロー。
    お菓子屋のやさしいおばあちゃんに飼われてもみほこちゃんのことが忘れられない気持ちが切なかったです。

    でも、おばあちゃんがくれたまほうのあまだめのおかげで、大好きなみほこちゃんに会いに行けてよかったです。大好きなみほこちゃんと少しの時間でも一緒にいれて、読んでいて優しい気持ちになりました。

    本の内容といもと先生の優しい絵がピッタリ合う絵本だと思いました。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵ファンタジー!

    4歳年少の娘に読み聞かせました。
    娘は最近「まほう」という言葉が大好きなので,興味津々に聞いていました!

    みほこちゃんとねこのチローのお話です。
    みほこちゃんが遠くの町に引っ越すことになり,飼っていた仲良しのねこのチローをもう飼えなくなってしまいます。
    そこでお菓子屋のおばあさんにチローをお願いすることに。
    このおばあさんに貰った「まほうのあめだま」,本当に素敵です!
    一見,悲しいお話に思えますが,まほうのあめだまがみほこちゃんとチローを再び会えるようにしてくれて☆
    空想いっぱいの素敵なファンタジーです!!
    親の私さえ,こんな「まほうのあめだま」があったらいいのにな〜と思ってしまいました。
    娘がこの「まほうのあめだま」に憧れをもったのは言うまでもありません。
    夢のある絵本でした。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • チローとみほこちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    昔読んだことがあるような気がします。当時はお話よりもお話に出てくる空とぶ魔法のあめがうらやましかったような…。
    チローとみほこちゃん。家の事情で仕方がないのでしょうが、本当は2人ともずっといっしょにいたかったんだろうな。現在のチローの飼い主のおばあさんはいい人ですけども。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつでも大好きな誰かのところへ

    わあ!素敵!
    この「まほうのあめだま」があれば、
    いつでも大好きな誰かのところへ飛んで行けるんですね!

    いもとようこさんのイラストは、キラキラなのにふわっとしていて、
    眺めていると まるで夢の世界にいるような気持ちになります。

    描かれているお菓子の、なんとも美味しそうなこと!
    けれども、食べるのがもったいないくらいに可愛い!
    もしかしたら 他のお菓子にも、魔法の力があるのかしら?

    そんなふうに考えながらページをめくるたび、
    優しい、温かい気持ちになりました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい離れ離れと素敵なまほう

    安房直子さんのやさしいファンタジー世界を、
    いもとようこさんのかわいらしいイラストで描かれた1冊です。
    息子が幼稚園時代によく読んでいました。

    チローとみほこちゃんはいつも一緒、何をするのも一緒。。。
    でも、ある日、引越しのため離れ離れになることに。
    ごはんも食べれずやせていくチローに、おばあさんがすてきなまほうを教えてくれます。そして嬉しい再会。
    チローのあめだまをなめている姿があまりにも可愛くて可愛くて、、、
    これからやってくる幸せの瞬間を感じとれます。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとようこ

    いもとようこさんの可愛い絵に惹かれてえらびました。
    優しく画かれた絵は、いもとようこさんは、本当にねこがすきなんだなあって思いました。
    ファンタジックなストーリーにも優しさ、温かさが滲み出てとても癒されました。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなあめ玉欲しい!

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳、

    いもとようこさんの絵と共に、内容もとても可愛らしい絵本です。

    大好きな飼い主の女の子みほこちゃんと離れ離れになってしまったねこのチロ。
    寂しくって、食欲がなくなり、元気がありません。
    見るに見かねたおばあさんは魔法のあめ玉をなめさせました。
    するとチロは空を飛び・・・
    私はこのまま天国に言ってしまうのかと息を呑んでしまったのですが、無事にみほこちゃんのもとへたどり着きました。

    読んだ後、息子はこんなあめ玉あったらほしいと言っていました。
    読んだ後に心の中がほんわかする絵本です。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちになる魔法の絵本

    表紙のイラストはとってもかわいらしく思わず手にとって見たくなります。物語の中のクッキーやこんぺい糖などが並ぶお菓子やさんのページは、娘もじっと見入ってしばらく眺めていました。ページいっぱいに描かれたいもとうようこさんの絵こそ、人を暖かく優しくさせる魔法の絵なんだと思います。
    ストーリーもメルヘンチックで想像力を膨らませて楽しめます。赤ちゃん絵本という感じではなく、ストーリー性があるので5歳の娘でも飽きずに何度も読んでいました。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • キュンとなりました

    あめ玉というフレーズに惹かれて読んでみました。3歳には字数が多かったかと思いましたが、最後までじっと見てました。ストーリーは猫が悲しくなってうれしくなった話だと子供は言ってました。大まかに言ったらそんな感じの本です。とにかく、読み終わりはとても優しく幸せになれます。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット