かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

のはらのテレビジョン」 みんなの声

のはらのテレビジョン 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年09月19日
ISBN:9784033307206
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,592
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 最新型のテレビ

    このお話は、野原にポツンとおいてある変わったテレビのお話でした。このテレビは、テレビに映っているものが実際にテレビから出てきてしまうのです。うちの子はこれを見て、こんな最新のテレビが本当にあったらいいな〜って羨ましそうに見ていました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界観

    図書館で借りてきました。
    五味さんの不思議な世界が炸裂しているなと思います。

    現実と夢の境がよくわかりませんが
    何故か引き込まれてしまいます。

    ライオンに追いかけられたり
    ターザンが出てきたり、
    最後はママが出てきて。

    そのママがそんなテレビが欲しいという
    家族での会話が面白いです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビと現実の区切りがない不思議な絵本

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子供達に読んでいます。
    テレビを見るときの大人と子供の反応を、的確に表現している絵本だと思います。大人は「テレビはテレビ。現実は現実」と分けて考えられますが、子供にはテレビ画面に映ったものと現実を区別しにくいんですよね。そして反対に現実がテレビの中の出来事のようにも感じられたり……。そういうことが、この絵本から不思議な感覚として伝わってきます。さすが五味太郎さん、すごい!

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜだか強烈インパクト

    野原に奇妙なおじさんがいて不思議なテレビを見ている。
    男の子がやってきて一緒にテレビをみるんだけど
    テレビの中からいろんなものが出てきたりして
    男の子は驚いたり怖がったり
    でもおじさんは淡々としていて セリフもシンプル。
    テレビからは奇想天外なことが起こりまくって
    でも反対におじさんの反応はすごく淡泊っていう対比が可笑しいですね。
    男の子の反応とおじさんの冷静さを強調して読んだら
    すごく面白がって娘のヘビロテ本となりました。
    ぜひぜひ読んでみてくださいね。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なテレビ・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    五味さんの絵本は、子供達のお気に入り!
    私も絵が好きなので、ついつい手にとってしまいます。。

    野原にテレビを置いたおじさんがいる。これだけでなんだかお話の世界に引き込まていきますね。。
    その、テレビから本物の動物が出てきたり、お母さんがうつったり
    おじさんとの不思議な時間が流れます。
    お母さんがテレビに映ったときの、おじさんの台詞がピリリとユーモアが効いて面白かったです。

    家に帰ってその日の出来事を話す僕と家族の姿がほのぼのとしてて
    私も見習わないといけないなと思いました。

    五味さんの本にしては少し年上の子向けですが
    楽しい五味ワールドを堪能しました。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い。

    娘はテレビから飛び出してくると言う発想が、新鮮で気に入ったようです。少年とおじさんのやりとりが独特な雰囲気で、他の本には無い面白みがあります。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議ワールド

    最初このタイトルを見たときに多分五味太郎さんの書いた絵本でなかったら読まなかったと思います。でも五味太郎さんの絵本は他の作家さんの絵本とはいつもちがう別の世界があって楽しませてくれるので今回も期待して読みました。こんなことってありえないやんと思うのですがなぜか私も娘もテレビを見ている気分になっちゃうんですよね。不思議ワールドです。

    掲載日:2007/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが五味さん!

    図書館で見つけて、読みたい絵本だと思い、
    手に取ったのですが、
    読み出して、そこが図書館だということが忘れるくらい笑ってしまいました。

    のはらになぜかぽつんとあるテレビジョン。
    (テレビといわずテレビジョンというあたり笑えますね^^;)
    そしてそこにいるおじさん。

    もうその設定だけで何か起こると思いますよね。
    そして次々に起こる面白いこと。

    わはは^^;と笑ってしまいました。

    でも一番気に入ったのはラストのお母さんのセリフ。

    うんうん、そういえるお母さんでありたいなあと思いました♪

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で夢中です。

    • ぼんヴぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    私が五味さんの絵本が好きなので、見付けると子供に読んであげると、必ず子供も夢中になります。
    野原にテレビとおじさん。
    現実には、ありそうで無い設定が子供を夢中にさせるのか?
    チャンネルを変えると起こる出来事に夢中になるのか?
    何度読んでも、必ず最後までノンストップで聞き入っています。

    掲載日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんってスゴイ!!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    久々に五味さんの絵本を読んで、検索したら170冊も。(以前検索した時は確か100冊程度だったはず?!あの時もスゴイと思ったけど、常に進化し続けてるところに敬服です。しかも、それぞれ味があっておもしろい!もちろん全部読んだわけじゃないけど・・・)

    今回読んだこの絵本も、題名からして、妙にひきつけられる。
    だって、野原にテレビジョン(テレビと省略してない辺りからして、何かそそられるよね〜?!)ですよ〜。
    ぼくが、遊び友達をさがして、野原へ行くと、見知らぬおじさんがいて、テレビを見てる。
    そのテレビっていうのが、何かふつうじゃなくって・・・???

    ぼくになりきって、ドキドキしながらテレビジョンに釘づけになること、まちがいなし。

    このテレビも不思議なおじさんも魅力的だけど、平凡そうで実は非凡なぼくの家族がまたいい味出してます。

    掲載日:2005/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット