ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

おたまさんのおかいさん」 みんなの声

おたまさんのおかいさん 作:日之出の絵本制作実行委員会
絵:長谷川 義史
出版社:解放出版社
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784759222296
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,404
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おかいさんてお粥のことだったのね

    戦時中に二人の孫を育てて、みんなにお粥を食べさせ、頼母子講もまとめている肝っ玉母ちゃんのおたまさん。

    おかいさん(粥)を作ってみんなに食べさせ、、、お粥は薄めてるんじゃなくてきっと毎回炊いてるんですよね?絵本では分かりにくかったけど。魔法のように増えるので子供は興味津々でした。

    ラスト、戦時中の解説があったけど、家賃も布団代も毎日大家に払うのは大変そうですね。急に追い出されるかもしれないし。怖いです。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 戦後の大阪での実話

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    情に厚く、肝っ玉のでかい【おたまさん】こと、たまこさん。
    みんなに信頼されて、頼りにされている様子が伝わってきます。
    こういう頼もしい女性って、憧れるなぁ♪
    関西弁が使われていることで、臨場感いっぱいです。

    おたまさんの作った【おかいさん(=おかゆさん)】もまた
    みんなに愛されていたのが よく分かります。
    お腹を空かせた人を快く家に招きいれて おかゆを食べさせ、
    近所でケンカがあると聞けば、おかゆを持って駆けつける。
    美味しいおかゆを食べて満足したら、怒ってたことなんか
    すっかり忘れちゃいますよね♪

    机の上には昔ながらの名作や、ビー玉やメンコが置いてあったり、
    長屋の様子や 人々の服装から、戦後や昭和の雰囲気が伝わります。

    物語のあとには【資料編】として、
    当時のおたまさんが住んでいた地域の事情や
    戦後の貧しい生活ぶりが写真付きで掲載されています。

    文中に『さあて たのもしの金 集めに行ったろ。』とあり、
    「“たのもし”って何だろう?」と疑問に思っていたのですが
    昔は【頼母子(たのもし)】と呼ばれる、
    庶民が お互いに助け合う銀行のようなシステムがあったのだそうです。
    おたまさんは人々の信頼が厚かったので、
    頼母子の【親】を引き受けていらっしゃったのだとか。

    兄弟が多くて貧しかった おたまさんの実家。
    おたまさんは5歳の時から、マッチ工場に住みこみで働いていたそうです。
    欧米では すでに禁止されていた「黄燐マッチ」を製造しており、
    黄燐から出る“リン酸”を吸うと、アゴや鼻の骨がボロボロになるそうで…。
    おたまさんの鼻も、骨が溶けてぺっちゃんこだったと読んで、
    胸が締めつけられる思いがしました。
    戦後の生きるか死ぬかの厳しい生活状況では仕方なかったのでしょうか。

    物質的にも食糧的にも恵まれすぎて、平和ボケの感すらある現代。
    戦後の生活ぶりを知って、自分の生活を見直す必要があると思いました。
    娘たちにも、自分たちの ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんが生きた時代を知って
    なにかを感じ取って欲しいと思います。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 元気なおたまさん

    上の子が保育園から借りて帰った絵本です。
    初め読んだ時は、関西弁と豪快で明るいおたまさんや
    おかゆをすする時の音が面白いなぁ。
    と子供たちと読んでたのですが
    実は「部落差別」というものが含まれた内容なんだと
    あとがきの説明などでわかり、とても深い絵本だと
    思いました。
    少し前に、人権の講習会に参加させて頂く機会があり
    行ってきたのですが、このお話の内容とその時の話を
    照らし合わせ、つらい時も皆で力を合わせて生きている
    人達を絵本で表してあるんだとわかりました。
    長谷川義史さんの絵がとても良くあっていて
    素敵な絵本になってます。
    子供たちにはまだよくわからないと思いますが
    間違った情報ではなく、色々な本当の事を絵本などを
    通して教えて知って欲しいと思うので
    小さい子から大きい子まで幅広く読んで欲しいと
    思う絵本でした。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 貧しくても、心が豊かだった人々。

    イラストは長谷川義史さん。
    舞台は大阪の「日之出町」。主人公のおたまさんは実際にいた人物だそうです。
    この町は部落民達の長家の町でした。
    「部落差別」と言う言葉を聞いたことがありますか?江戸時代の身分制度の中で出来た「部落民」。その制度が廃止された後も、長くその子孫の人たちを苦しめてきた差別です。
    そのため、この村の人たちは学校などでも差別されていたようです。
    仕事なども、日雇いの仕事しかなく、いつもお金に困っていましたが、長家のみんなで協力し合い、助け合って、明るく暮らしていたようです。
    この、町の暮らしの様子を「おたまさんのおかいさん」という絵本は、見事に表現してくれていました。
    とってもいい絵本です。貧しくても、人々の心が豊かだった頃の日本の姿が生き生きと、描かれていました。

    掲載日:2003/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 惹かれる絵

    絵本を見る時、心を込めて、丁寧に描かれた絵に、惹かれます。

    文を書いた人の真意をくみ取り、

    作品と誠心誠意向かい合って、

    その物語の世界を描き切ろうという意気込みを感じさせる、

    自分の全魂を注ぎ込んだようなエネルギーが伝わってくる絵。

    この作品を見ると、長谷川さんの心持が、しっかり伝わってきて、何度

    見ても見飽きないのです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなおかゆ

    このお話は、戦後が舞台のお話でした。みんな食べるものもないはずなのですが、この絵本の主人公のおたまさんの家のおなべのおかゆは、食べても食べてもおかゆがなくなりません。お腹が見たれば、けんかや問題があっという間に解決!!素朴な幸せを感じるお話でした。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつか

    昔、長谷川さんの講演会がえほん専門店で行われたときに購入しました。
    当時自分が読んだ時は、部落問題のおはなしという事でしたが、長谷川さんの絵と、関西弁がとてもマッチしていて、読みやすい絵本だという印象でした。

    子どもに読み聞かせるようになり、子どもは、時々「これ読んで。」とこの本をもってきます。6歳になった最近では、「肝っ玉ってなに?」ときいていました。おたまさんのおかいさんを作る呪文の場面、みんながおいしそうにおかいさんをすする様子が何度みても楽しいようです。
    いつか、この本の最後に書いてある日之出の人々の事もきちんと読めるように、ずっと読みたい絵本です。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人情

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    大阪の人情話でした。
    子供にはむかし(昭和の時代)の生活が衝撃的だったようです。
    豪快なおたまさんの行動も「すごい・・」と
    いっていました。
    こんな面倒見のいい方がいたからお金や物がなくても
    心が豊かで、近所付き合いも盛んだったのでしょうね。

    終りに載っていた昔の出来事も
    子供たちだけでなく私も驚くことばかりでした。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • この話が実話で、部落差別の大阪の話です。

    この実話を 後世に伝えたいという思いでこの絵本が作られたんですね。

    絵は、長谷川義史さんで、迫力があります、
    おたまさんは 戦争で丸焼けになって  せばいけど まごと三人暮らし それでも おたまさんの たくましい生き方 なんとすごいな〜

    今の 私たちには なかなか まねができませんが、 こんな中でも おたまさんは おかいさんを孫に食べさせて たくましくいきています。
    おかいさんの おいしそうなこと 「ズズズ・・・・ハア もういっぱい」
    それに 自分たちのまわりの人のめんどうもみてあげている  

    おたまさん 「ごっつぉさん」  六さんの顔が いい!

    私も戦後の生まれですが、部落差別のことは、住井すえさんの、橋のない川の映画を見て 目から鱗の思いでした。


    この おたまさんもまた 差別の中でいきてきたのですね、

    歴史を伝える事の大事さ!

    本当にすごいな〜  

    今の私なら この絵本の伝えたいことが 痛いほど わかります。

    子供たちにも 読んであげたいです。

    大阪弁も迫力満点で  心に残ります!

    掲載日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなおかいさん

    長谷川さんのイラストにどんなお話かと
    興味を持ちました。

    長屋暮らしのおたまさん。
    みんな集まってきては、みんなでおかいさんをすする。
    隣近所、みんな家族のような暮らしぶりが
    表現されていてあったかさを感じました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット