バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

馬のゴン太旅日記」 みんなの声

馬のゴン太旅日記 作:関屋 敏隆
原作:島崎 保久
版画:関屋 敏隆
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,460+税
発行日:1984年05月16日
ISBN:9784097270096
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,512
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本縦断ってなぁに?

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    年長の長男が借りてきました。

    日本の名所なんかが結構描かれていますが、長男にはまだ難しいかなぁ?と思いましたが、地元の静岡・清水・相良あたりでは「知ってる!」と嬉しそうに見ていました。

    「日本縦断ってなぁに?」と長男。日本の大きさや、距離感がまだないので、馬に乗って旅をする大変さは伝わりにくいかな?

    でも、馬のゴン太目線で、日記風に語られるお話は、子供も笑いながら聴いていて、読み聞かせは充分出来たかな?と思います。
    島崎さんとゴン太の、でこぼこコンビの旅。とても大変な偉業ですが、どこかほのぼのとした雰囲気や、お互いの信頼感が溢れてくるようで、子供の頃読んだ時の印象と今大人になって読む印象がちょっと違っていて、楽しかったです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬で日本縦断!

    原作の島崎さんの体験記『2600キロ 猛烈乗馬旅行記』を元に、関屋さんが絵本にしたそうです。
    馬に乗って、日本を縦断するなんて、口でいうのは簡単ですが、実際に体験された方には、ホントに苦労がたえない旅だったと思います。(でも、この経験は人生の宝物になりますよね)

    絵本では、馬のゴン太を主人公に、馬の目線から、面白おかしい旅日記に仕立ててあります。
    自分で読むなら、小学生くらいから、読み聞かせなら幼稚園くらいからでも、十分楽しめる内容になっています。
    関屋さんの版画絵も素晴らしかったです。

    掲載日:2003/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット