ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

空とぶライオン」 みんなの声

空とぶライオン 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年10月
ISBN:9784061318984
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,181
みんなの声 総数 19
「空とぶライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 名作ですね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    みんなのためにがんばっているライオンのようすが、なんとも痛い気で、読み進めるうちにどんどん心苦しくなってしまいました。
    こんなライオンの生き方はとてもできないけれど、一生懸命尽くしている姿から、自分も何か他の人のためにやれることはないかなと考えることができました。
    この絵本一冊で、生きて死ぬということがこの世界で繰り返されていることを知ります。そして、すばらしい生き方をしたものは、死んでしまっても、残された功績はなくならないし、死後の世界でも幸せでいられるのではないかと思いました。
    子どもが読むのと、大人が読むのとでは、味わい方がちがうかもしれませんが、もし、子どものとき読んだのであれば、大人になってもう一度読んでみてほしいなあって思える一冊です。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパにも読んでもらいたい

     色がとても美しい絵本です。
     ライオンと猫が親戚で、ライオンが猫たちに獲物を捕ってきて、ご馳走するという設定で始まりますが、毎日働いたライオンは猫たちに疲れたと、言いますが猫は知らんぷり。
     働き詰めのライオンは、とうとう石になって長い眠りに入ります。
     ある日、石のライオンに「疲れたんだね」と言ってくれる子猫が現れ、それを聞いて石のライオンは、元の生きたライオンに戻ります。
     私達も、子育てや家事で周りの人に理解してもらいたい、「よく頑張っているね」の一言で疲れを忘れて、また頑 張ろうと思いますよね。一緒だなと思いました。

    掲載日:2016/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けてきました

    このお話の主人公のライオンは、自分が疲れたり、年老いてきても、仲間の猫たちのために必死でエサを捕まえに行っていました。でも、ねこたちはありがたいと感謝の心が無く、当たり前だって感じにしていたのが腹立たしかったです。ある日、ライオンは死んで石になってしまったのですが、何年かごにまた息を吹き返すっていう不思議なお話でした。でも、とっても感動的でよかったです。

    掲載日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しい?

    5歳0ヶ月の息子に読んでやりました。ネコに頼まれて空を飛びながら獲物を持ってくるライオンのお話ですが、心理的というかちょっと大人の私でもその展開の仕方には無理があるというか、わかりづらいと思いました。というのは、このライオンはなんだか自分(子供につくす母親?)を見ているようで、ちょっと歯がゆいです。途中でなくなってしまったように動かなくなるのですが、心理的ストレスなのか病気なのかよくわからない上に、再び動き出すシーンも。なぜ、そうなるのかははっきりと書いていないだけに、想像するとやっぱり子供につくす母がやりきれない気持ちになり、心理的ストレスで・・・というふうにとってしまうのです。なんか子供向けの絵本なのに、それもないよなーと葛藤。よくわからない絵本でした。ライオンの色も毎回変わっているので、なにかそういう心理描写なのでしょうが、私には理解できませんでした。そんな私の心を反映したのか、息子も???でしたね。こういう本はちょっと苦手です。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばらなくていいのに

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    まぶしい黄色のライオンの絵と本のタイトルにに惹かれ読んでみました。

    元気なライオンの表紙とは裏腹に、ストーリーではライオンはだんだん疲れていきます。
    その理由は、猫たちの期待に応えて「頑張るライオン」を演じたからです。
    よく見られたいと思う気持ちで、ドツボにはまっていく優しいライオンの姿に切なくなりました。
    人間でしたら過労死するところでしょうか?

    そこは、絵本の世界ですから100年立ってライオンは生き返りますが
    また空を飛んでるライオンに、思わず「そんなにがんばらなくていいのよ」
    と声をかけたくなりました。

    文章の長さもそれほど長くないですし、小さなお子さんでも読めますが
    内容は大人でも考えさせられる深いものでした。
    名作ですね。さすが佐野さん!という感じです。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 尽くすこと

    優しいライオンですね。
    サービス精神にあふれて、みんなのためならば無理をしてしまいます。
    「そんなに頑張らないで」と思いながら読んでいたら、ライオンはとうとう動かなくなってしまいました。
    そのときの猫の気持ちはどんなだったかと、いろいろ想像しましたが、難しかったです。

    簡単な文章なので、子供でも読めますが、お話の意味まで考えることを思うと、大人向けかと思います。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白く奥深い

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    佐野洋子さんらしさ満載の絵本です。
    ライオンに餌をとってきてもらうネコ達のキャラクターがとても面白いです。
    昼寝がしたいライオン、でも、ネコ達の期待に応える姿が、なんだか世の中のお父さんにも見えるし、忙しく習い事に通う子供達にも見えます。
    金の石になってしまったライオン。再び起きるとまた、ネコの言葉で空へと飛び立ち・・・ どういうことなんだろう?作者は何が言いたかったのかな?としばらく考え込みました。
    読み終わってからも、続きを考えて楽しめる絵本です。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番聞きたかった言葉は・・・

    立派なたてがみと、遠くまで届く勇ましい声をしたライオンのお話です。

    きっと、とても心の優しいライオンだったんですね。
    集まってきたネコ達にご馳走がしたくて、ついつい毎日、
    獲物を捕りに出掛けてしまうんです。
    そこにはきっと見返りなどは求めていなかったでしょう。

    ネコ達にご馳走してあげたいと心から思うライオン。
    ライオンにご馳走してもらうことを当前に感じているネコ達。

    ネコ達の期待に応えたくて、無理して疲れ果ててしまったライオン。
    そんなライオンを目の前にしても、ライオンの気持ちを微塵も
    感じることが出来ないネコ達の姿に、思わずはっとさせられる思いでした。

    「きっと、つかれたんだ。」

    それは、ライオンがネコ達から一番聞きたかった言葉に違いありません。
    ライオンの心身を解き放つ呪文として、それはとてもふさわしい言葉
    だったのだと思います。

    正直、内容が結構難しく、奥が深いストーリーです。
    大人でも一度読んだだけではきっと内容は理解できないと思います。
    私自身、2回は読み返しました。

    教科書に掲載されても良さそうなストーリーだなと思って調べたところ、
    小学校中学年の教科書に掲載されたりしていたことがあるようです。
    うちの子が現在中学年なので、タイミング的には良いのかな?
    一度、じっくり読ませてみたいと思います。

    掲載日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間も同じかも

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    周りの期待に応えたい、それでみんなが喜んでくれるのならなおさら・・・そんな気持ち、人間にもありますね。
    この内容は5歳の息子にはちょっと難しいかな、と思いましたが、ライオンの色が青や緑に変わっていくので、猫の期待に応えるのが辛くなって来ているライオンの気持ちが分かりやすくなっています。
    最後は優しい子猫の言葉でまた空に向かうライオン。
    私も子猫のような言葉をかけられる人間になりたいと思いました。
    大人も考えさせられる絵本だと思います。

    掲載日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向けですな・・・

    先回りして相手の心を読みすぎてしまう自分の性格と
    この本の主人公であるライオンはとても重なり、
    なんとなく苦しくなるような一冊でした。
    どうしてこんなにつぼを押してくるんだろうなぁ、佐野洋子という人は・・・。
    娘にはまだ、この本に潜む深い意味を汲み取る力はないのですが
    もっと大きくなった時、この本がなにか支えになる時があるのではないか・・・。
    そんな気がする、とても長く大事にしていたい一冊です。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / にゃーご / ブービーとすべりだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット