ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

雪の上のなぞのあしあと」 みんなの声

雪の上のなぞのあしあと 作・絵:あべ 弘士
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年02月15日
ISBN:9784834014150
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,150
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夜のミステリー

    博物館なら夜でも、暗いだけで静まりかえっているでしょう。
    でも、動物は生きてるし…。
    夜の動物園てどんな感じかな?すごく興味があります。

    この本は、夜の、しかも雪国の動物園のお話です。
    宿直で動物たちの様子を見まわる様子が、細かく描かれていて、
    なんだか本当に夜の動物園を散歩している気分になります。

    夜の9時30分、事件は起こります。
    雪の上に見たこともない「あと」がついていたのです。
    こういう瞬間って、すごく緊張します。
    空気ががらっと変わりました。
    正体をつきとめようと、飼育員は奔走します。
    ハラハラ、ドキドキ☆
    ようやく見つけた犯人の姿には、思わず笑みがこぼれました。

    知りたかった夜の動物園にミステリーのおまけつき。
    楽しい一冊です!

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 夜の動物園と「なぞのあしあと」にドキドキ

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    タイトルの「雪の上のなぞのあしあと」の謎解きはもちろんですが、
    飼育員の「ぼく」が、宿直で暗い夜の動物園で一人きり、
    動物達を訪ねて歩く描写にドキドキしました。

    暗闇の中、「ぼく」の懐中電灯に照らされた動物達は、
    無防備な寝顔が可愛らしかったり、
    夜行性で活動的だったり、
    暗闇に光る目が不気味だったり・・・
    昼間とは全然違った顔を見せてくれます。
    作者のあべ弘士さんは、北海道の旭山動物園の飼育員として働いてらっしゃったとのこと。
    絵も文章も、さすが!の説得力がありました。

    そして「ぼく」は、ブルドーザーのような「雪の上のなぞのあしあと」を発見!
    誰かが忍び込んだのか?動物が檻から逃げたのか?
    動揺する「ぼく」のあわただしい動きが、
    コマ割りでコミカルに描かれ、なんとも楽しいです。
    さて、「あしあと」の正体は?

    氷点下31度!の真冬の動物園のお話ながら、
    読後感は、作者の動物への愛情を感じる暖かなものでした。
    動物好きな園児さん〜小学校中学年くらいのお子さんにおすすめです。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせで人気でした!

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    さすが動物園の飼育員を経験された作者ならではの
    作品だと思います。
    冬の動物園しかも、夜の動物園なんて
    私たちが日頃見ることの出来ない動物達の様子が書かれていて
    とても面白かったです。
    ある夜にこの動物園に事件が・・・・!
    ドキドキする展開でいっきに読めました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 無理に子ども向けにしない方がよかったかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    タイトルを見て、あべさんの作品だしとっても期待していたのですが、
    内容は『科学の絵本』?と聞きたくなるような微妙などっちつかずのもののような気がします。

    面白くないわけではないのですが、これは絵本で出すより、動物園の飼育日記みたいなエッセイにして、時々あべさんの挿絵を入れてある。
    そんな作りの方がよかったんでないでしょうか?
    無理やり子どもたち向けにしようと作ってしまった感をすごく感じました。

    この中に描かれているものがたりもその犯人も面白かったので、動物に興味のあるお子さん、動物園が好きな人などにはお薦めです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園のサスペンス

    実際の体験をもとにしているから描ける絵本なのでしょう。
    夜の動物園の実態は、未知の不思議空間。
    とても興味をそそられました。
    そして外回りで見つけた不思議な足跡のミステリー…。
    犯人がわかると、なるほどと思いましたが、大雪の後の極寒の動物園では、こんな事も起こるのですね。
    好きでなければできない大変な仕事だと思いました。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旭山動物園

    うわあうわあ、いいなあ。
    これ絶対旭山動物園だよなあって思いながら私は
    読んでいたのですが、娘にはわからなかったようで。
    2回も冬に訪れているのに!(まあ、1回めはまだ赤ちゃん
    でしたが。それにしても今年の2月に行っているのになあ)
    夜、ひとりっきりのしゅくちょくや、雪の上のなぞのあしあとは
    とっても怖いなあと思いました。巨大な蛇でも通ったのかしら?
    と想像したりなどして。
    でも、アザラシだったとは!それがわかった途端、怖いなあ・・から
    気持ちは一気に「かあわい〜い!」にかわりました(笑)。
    そうしてまた、この冬も旭山に行きたいなあ・・などと思って
    いる私です。この絵本も手元に置きたいなあ。

    掲載日:2013/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像していたものと違って

    勝手ながら絵や色合いからすごくミステリアスなお話を想像してしまっていたので、あしあとの正体が分かった時はなんだか拍子抜けというか‥正直えーそうなんだぁという感想を持ってしまいました。

    長くてワクワクドキドキを掻き立てられるだけに、余計に物足りなさを感じてしまいました。

    長女も同じだったようです。

    でもこれは勝手にミステリアスで何か不思議なものを期待していた私が感じたことで、動物の世界がそれは忠実に描かれている絵本です。
    動物好きな人、夜の動物園の世界を楽しめる人には価値ある絵本だと思います。

    娘たちは、同じような夜の動物園の絵本をほかにもいくつか読んでいたので新しい楽しみはなかったのかもしれません。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供だけじゃなく興味深い話

    動物園での仕事ってとても大変だと思いますが、動物好きにはちょっと経験してみたくなりませんか? 
    そんな気持ちでこの本を選びました。みんな真剣に聞いてくれました。

    当直の夜の事件を時間を追って説明しているので、興味深く、どんどん話に入り込んでいけます。雪の上についたなぞのあしあと、しんと澄んだ空気感を感じながらそれを発見したつもりになって、ドキドキ、わくわく。 
    犯人が分かって皆でにっこりし、ほっとしました。あべ弘士さんの経験から考えられたお話でしょうか?

    図書館の分類では48のところにあり、偶然見つけた本ですが、読み聞かせにお勧めします。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園

    孫もとうとう動物園デビューしました。

    寒い中、パパとママと孫と三人で東山動物園に行ったようです。

    そんなんで、この絵本に親近感と興味が持てたのかじっと聞いてました

    あべ弘士さんの絵本だけあって、動物への熱い思いや思いやり優しさが

    現れているなあって思いました。「あしあとっていうよりはらあとだ」

    に爆笑してしまっていつまでも笑えました。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだろう?

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    寒いし、雪の本が読みたくなって読みました。なぞの足跡の正体は??と、わくわくして、読み進めたら・・・その正体にびっくり!実際の様子を想像してみましたが、実物を見てみたくなりました。動物園に雪が降ったら、こんなこともあるんだなと、驚きました。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット