もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ベッドに10にん」 みんなの声

ベッドに10にん 作・絵:メアリー・リース
訳:おかせいこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1994年
ISBN:9784265055173
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,258
みんなの声 総数 4
「ベッドに10にん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 結局0人

    このお話は、最初は一つのおきなベッドに10人の子供たちがぎゅうぎゅうに寝ていたのですが、一人また一人手ベットから落とされて・・・結局最後は誰もベッドで寝ていませんでした(笑)うちの子もこの結末に「ならベッドいらないじゃん!!」とか言いながら大笑いで見ていました。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギューギュー詰めのベッド

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    繰り返しの言葉が続く絵本です。
    1人ずつベッドから落とされていき、最後に「つめてよ!つめて!」と言っていたおちびさんもみんなから起こされます。

    左のページでは1人ずつ人数が減っていくのに対し、右のページには起きた子供たちが1人ずつ増えて、はみがきをしたり朝食を食べているシーンが展開されていて、10までの数を数える絵本にも適しているなあと思いました。

    掲載日:2009/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しを楽しむ

    1つのベッドに子供が10人ギューギュー詰めで眠っています。
    でも、ページをめくるたびに1人ずつベッドから落とされて…

    5歳の我が子はどんどん減っていく子供の数を
    答えてくれたので、途中から一緒に読んでいるようになりました。
    数に興味が出てくる年頃に読むと楽しいと思います。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじわるはダメよ。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     女の子の家に9人のお友達が泊まりに来ました。10人で一つのベッドに寝ましたが、女の子は「つめてよ!つめて!」と言っては一人づつ、落としてしまいます。一人になったとき、起きなさいと仲間に言われ、ベッドに寝ることなくみんなで朝を迎えたお話。
     行動や言葉が、何度も繰り返されるのは、子供は好きですよね。

    掲載日:2003/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット