ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

みててね、おじいちゃん」 みんなの声

みててね、おじいちゃん 作:藤田 千津
絵:長谷川 知子
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784580813021
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
「みててね、おじいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深いお話です。

    ちょっと悲しい(?)お話なのですが,突然の困難な出来事にぶち当たった時,どう感じどう考えどう気持ちに折り合いをつけ前に進んでいくか,そういうことをこの1冊から子供も大人も考えるきっかけになる絵本だと思いました。
    深いお話です。
    絵本を通して色々想い考えてみることって,とても大切だと思います!

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんとの交流がいいです

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。代々店をやっている豆腐やさんの男の子とおじいちゃんのお話。お父さんとお母さんが忙しいせいか、おじいちゃんが大好きで、なにをするのも、教えてもらうのもおじいちゃん。おじいちゃんが見ているとなぜかなんでもできてしまいます。ところがそのおじいちゃんが倒れてしまい、入院することに。生きる希望が薄れたとき、その希望を失わないようにとがんばるのが男の子。なんだか子供とは思えないほど、けなげです。そんな気持ちに応えるかのように、おじいちゃんもリハビリをがんばります。なんだか見ていて、孫との交流もいいもんだなー、こんなおじいちゃんがいたらいいなと親心に思っちゃいました。理想のおじいちゃんの姿ですね。こんなおじいちゃんもいるんだねと紹介してあげるいい絵本です。息子は、自分のおじいちゃんは違うけど、重ねるようにして聞き入っていました。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんと孫のいい関係

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    おじいちゃんにはおうえんパワーがあるから、
    おじいちゃんにみていてもらえば、なんでもできるぼく。
    自転車の補助輪はずしもさかあがりも。

    そんなおじいちゃんが病気になってしまった。
    ぼくはおじいちゃんを助けるためにがんばった。

    核家族の娘にとって、おじいちゃんは、1年に数回、夏休みや
    お正月、運動会などイベントで会うだけです。
    おじいちゃんのいる生活がうらやましそうでした。
    おじいちゃんが孫を思う気持ち、孫がおじいちゃんをおもう気持ち、
    親子ともちがった家族愛を感じる素敵な本です。

    掲載日:2008/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 励ましは力になる

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    たっくんは、おじいちゃんに、見ててもらうと力が出る
    そんな大好きなおじいちゃんが、倒れて、元気がなくなってしまう・・・
    たっくんの献身的な励ましは、おじいちゃんに生きる勇気を与え、退院することができる
    現代は核家族が進んでいるので、祖父母との同居を、実際に体験してる子供は少ないので、こうした絵本を通して、伝えることが出来ますね
    お話もわかりやすいので、幼稚園の年長さん位でも、読み聞かせ出来ると思います

    掲載日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 核家族の進む中で

    私も、おじいちゃんが 大好きでした。三年生の時に亡くなりましたが・・・。おじちゃんを 想い出しては涙ぐみ・・この本では、いつも たっくんを励ましてくれた おじいちゃん。おじいちゃんが、倒れ 今度は、たっくんが 励ます番です。核家族の進む中で、家族のつながりを 改めて必要だと思いました。

    掲載日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いおじいちゃんに、良い孫

    我が家は、核家族。息子にとっての両方の祖父・祖母との関わりは、殆どない。転勤族で、引っ越すたびに遠くなり、足が遠のいている。だからこそ、絵本では、ついつい、こういうお話を選んでしまう。
    お豆腐屋のおじいちゃんと孫、何かそれだけでも、読まずにはいられない作品でした。ちゃきちゃきの江戸っ子って感じが伝わってきて。
    おじいちゃんがいると実力を発揮できる。そんな孫って、おじいちゃんも自慢だろうなー。
    おじいちゃんが、突然倒れて、身体が不自由になった時、こんなお返しをして上げられる孫、なんかじ〜んと来てしまいました。こういうお話を読み聞かせしてあげられていることが、何だか嬉しくなりました。
    人は、人の助けを借りて生きて行けるんだね、何だか私にエールを送ってくれているようで・・・。
    本当に良い作品です。

    掲載日:2004/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい子だわ〜。

    ここに出てくる主人公のたっくんは、本当にいい子。こういう子、今どきなかなかいないんじゃないかしら。
    2世代同居も少なくなってきたし、おじいちゃん、おばあちゃんに中々会えないお子さんも、多いかもしれないですね。
    さて、この物語は大のおじいちゃんっ子・たっくんが、急な病に倒れた(たぶん、脳卒中かなにか)おじいちゃんの為に、毎日洗濯物を届けて、おじいちゃんに声をかけ続けてあげるお話です。

    雨の日はうたをうたって、はげまして。
    はれた日は、花をつんで、よゆうだよ。
    たっくんのおかげで、すっかり落込んでいたおじいちゃんも、心の元気を取り戻し、リハビリを始め、とうとう歩けるようになりました。
    読み聞かせをしていて、涙が出そうになるのをぐっと、こらえて読みました。
    感動しましたよ。

    掲載日:2003/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット