もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

落語絵本1 ばけものつかい」 みんなの声

落語絵本1 ばけものつかい 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年
ISBN:9784906379491
評価スコア 4.82
評価ランキング 179
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • とっても面白くて楽しい一冊!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘、9歳の息子と読みました。


    私もこどもたちも川端さんの落語絵本が大好き!
    文章も軽快でコミカルで、
    その文章にこれまたよくマッチした絵もとっても楽しめて、
    読んでる私も聞いている子供たちにもとっても楽しいひとときです。

    ばけものづかい のお話は私も今回初めて知りました。
    やしきに現れたひとつめこぞうをバシバシと働かせるごいんきょさんと、
    なぜかすべての仕事を一生懸命にやってしまうひとつめこぞう。
    とっても面白くてもうしょっぱなから笑ってしまいます。

    最後のオチも、「おーっなるほど!」。
    ここは4歳の娘もしっかり理解できたようで、
    文句なしに3人で楽しめた一冊でした!

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • タヌキがかわいい

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    娘と一緒に、ある落語家さんの勉強会に行く機会があり、そこで聞いた噺が「化け物使い」でした。
    娘がまだ落語絵本では読んだことがないというので、読んでみました。
    絵が面白いし、わかりやすいとのことでした。
    キセルを使うご隠居さんや、かまど、お釜、お膳、屏風・・・今は見かけない物が、絵本のおかげで子どもたちに伝わりやすく、よく出来ている本だなと思いました。
    また、最後のタヌキの困ったような姿が可愛く感じました。
    唯一、気になったのが、「ろくろっ首がふくをたたみなおす」というくだりで、ここは「ふく」よりも「きもの」のほうがよかったと思いました。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お暇をいただく、が分かれば・・

    おばけ好きの息子に借りてきました。
    年長の息子も楽しんで聞いていまいた。

    が、そもそも「人使いが荒い」という言葉を息子は知らなかった!
    落語絵本ということで、昔の時代や言葉について勉強にもなります。
    この絵本で「お暇をいただく」という言葉も覚えました。
    ごはんか何かを頂くのかと思った様子。
    確かに庶民の日常生活では使わない言葉ですよね。

    その言葉が分かれば、おちもわかりやすく
    5歳でも面白く読めると思います。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏に読みたい

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    夏らしい一冊を探していて、同じく川端さんのお化けシリーズか
    こちらの本を読もうと借りてきました。

    4分割のページづかいが面白いし、絵もはっきりしています。
    落語を基にしているので文章もとてもリズム感があります。
    お化けも参ってしまうような人使いの荒いご隠居さんの話ですが
    最後のオチに、笑ってしまいました。

    テンポ良く読めるかどうかがカギですね・・。

    この川端さんの落語シリーズは、どのお話も子供たちは大好きです。
    このシリーズがきっかけとなったのか
    小6の長男は文庫本の古典落語も読むようになりました。
    日本の古いお話のとっかかりに良いと思います。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人使いが荒いと、誰にだって

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    落語絵本シリーズ1.
    題名と表紙で震え上がり、長らく手にとっていなかった作品。
    一念発起で読んだら、さほど怖くなくて安心した次第。
    人使いの荒いご隠居が、古いお屋敷に引っ越しての騒動です。
    噂にたがわず、夜な夜な出現する化け物たち。
    人使いの荒いご隠居だけに、化け物にも用事を言いつけるのです。
    化け物たちの、神妙な表情が面白いです。
    ラストでは、化け物の正体も明らかになります。
    それにしても、ご隠居、家事一切を他人に任せるとはいい身分ですね。
    そんなところに感心してしまいました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばけものも、ギブアップ

    いやー、ここまで人使いが荒いとは・・・
    読んでいるぶんには笑えて面白いのですが、お仕えする身としては、たまったものではないでしょう。
    次々と登場するばけものですが、その正体は、一匹のタヌキです。
    最後の表情の情けない様子に、思わず同情してしまいました。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが怖い?

    夏休み中に読む夏らしい?(おばけものということで・・・)絵本を探していて、読んでみました。

    「おばけやしき」といわれる古い屋敷に引っ越してきたご隠居さん。何よりも怖がりの奉公人も辞めてしまい一人で住むことになりました。この奉公人-久蔵さんの辞めた理由が「人づかいのあらいご隠居さんの世話より化け物は我慢できない」とのこと。この時はてっきり怖さを強調する為にご隠居さんの人づかいのあらさを比べて言ったのだと思っていました。

    さっそくご隠居さんが一人になった夜、もちろん化け物が出てきたのだけど、驚いたのは化け物の方で、怖いのはご隠居さんの方だったかもしれません!

    ご隠居さんが「おーぞくぞくしてきた」と言った後に庭の障子がスーッと開くくだりの度に息子がドキドキしている様子が可愛かったです。おもしろかったようで、あまり同じ本を読み直すことがない息子なのですが、この作品は「もう一回読んで!」と言ってきました。

    正直落語に興味がなかった私達ですが、この作品を通して他の話も読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったの!?

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    同じ落語絵本シリーズの「まんじゅうこわい」がお気に入りの娘。同種のストーリーではせなけいこさんの「ばけものづかい」も読みましたが、どちらも甲乙つけがたい面白さです。
    人使いがあらいご隠居さん、引っ越し先の家に出る化け物に次々と仕事を言いつけてこき使っちゃうあたり、そうとう面白いです。しかも、落語絵本ですから、話のリズム感も最高で、読んでいるこちらも、回を重ねるごとに読みなれて良い感じでしゃべれます。
    最後のオチのところは知らなかったので「へ〜」という感じです。
    本物の落語はあまり興味がなかったのですが、娘と一緒に落語絵本を読むうちに、本物も聞いてみたくなりました。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    絵本に出てくるご隠居さんが、怖いおばけを顎で使っていたのが面白かったです。そろそろ節分が近いせいか、うちの子は、「鬼さんに洗濯とかさせてみた〜い」って言って笑ってました。大人もシュールな感じで面白かったです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • せなかがぞくぞくしてきた

    小学校で読み聞かせのボランティアをしているのですが、川端誠さんの《落語絵本シリーズ》は子供達の反応が良いので、よく使わせて頂いています。

    この絵本は5年生のクラスで読みました。
    ”むずかしいお年頃”の子供達ですが、言葉のテンポの良さやストーリーの展開、ご隠居さんにこき使われている化け物達の絵の楽しさに引き込まれ、夢中になって聞いているのが伝わってきて、読んでいる私もとても楽しく読むことができました。

    繰り返し出てくるご隠居さんのセリフ、「おお、せなかがぞくぞくしてきた」と読んだだけで、次の化け物を期待してクスクス笑っている子供もいておもしろかったです。
    読み終わった後は、みんな笑顔でした!

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / キャベツくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット