だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いいこでねんねできるかな」 みんなの声

いいこでねんねできるかな 作・絵:きむら ゆういち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784031310703
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,079
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 3歳児でも喜んでました♪

    図書館で、3歳の娘が 「これ読みたい!」 と持ってきました。

    寝かしつけの前の、絵本タイムに読みましたが、ちょっとおねえちゃんになってきた娘も、喜んでみてました♪

    色んな登場人物が 「ねんね」 と、眠っていくシーンは、食いついてじっと見ていましたが、最後のゆうちゃん (女の子だったので、娘は自分の名前を言い張ってました(笑)) のシーンになると…

    ママに抱っこされながら、絵本を読んでもらうシーンで、ちょっと照れ笑いを浮かべながら、ニコニコして、私にくっついて(甘えて)来ました♪

    お友達たちは、一人で 「ねんね」 するけど、ゆうちゃん (自分) は、「ママがそばに居てくれる」 というのが、嬉しかったみたいです。


    いつも、寝かしつけにはかなーり時間がかかる娘なのですが、その姿を見て、「ママが横に居てくれるのって、そんなに嬉しいものなのね」 と感じ、「早く寝てよー!」 とやきもきするより、もっと優しい気持ちで添い寝してあげよう… と思いました(^_^;)


    絵本自体も楽しめましたが、絵本を通じて、娘の気持ちに気づく事が出来て嬉しかったです♪

    寝る前の絵本タイムに、また一緒に楽しんで読んであげたい一冊です!

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に読んでいましたが、なかなかねつきませんでした。むしろ、ぴーちゃんの手やかいじゅうくんのてを動かして楽しむ方がメインになってしまいましたwうちの子はいい子でねんねしてくれませんでしたが、ページを動かすと絵本の中の動物が動いているように見えるしかけで楽しめたので、満足しています。

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズ楽しいですね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    お金に余裕があれば全部揃えたいくらいです。図書館で借りたんですけれどもめくる部分が大変なことになってしまっていました。個人の所有物として購入するならやはりボードブックですね。我が子はおっぱいをくわえながらねんねです…。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • むすめとゆうちゃんと同じ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    なかなかいい子でねんねできない2歳の娘と読みました。

    1歳までは指しゃぶりをしながら、
    最近は自分のすきなものを持ち込んで寝ている娘。

    なかなか寝つきは悪いし、
    寝ついてからもネゾウは悪いし、
    苦労させられています。
    ほんとにちょっとゆうちゃんみたい。

    今思えば7歳の長男もなかなか寝付かなかったけど、
    今はこの絵本のかいじゅうさんのように、
    バタンキュー。

    娘も早くかいじゅうさんになってくれるといいな。

    このゆうちゃんのシリーズ、
    軽くしかけ絵本になってるし、
    トピックもとっても身近なことばかりで、
    娘はとってもお気に入り。
    出てくる登場人物が毎回同じなのも、
    読むたびに親しみが持てていいですね。

    ところでこの一冊で初めて気付いたこと。
    ぴよちゃんとかかいじゅうさん、
    ゆうちゃんの家に住んでいたのか〜!

    一緒にお布団並べて寝ている姿をみて始めて知りました。
    なるほど、家族だったのね。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝かしつけに

    なかなか寝かしつけが上手くいかないな〜と思っていた時に、この本と出会いました。息子はかいじゅうさんのねんねが好きなようで、真似して寝ています。この本を読むと、必ずお布団の上に寝転がってくれるので、寝かしつける際に最初に読む本になりました。いろんな「ねんね」が出てきます。寝かしつけにオススメの本です。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどね

    うんうん、分かります。

    子どもにとってのお気に入りと一緒に寝る

    それが一番よく寝れますよね。

    それぞれが好きなものを抱っこして寝るしかけ絵本です。

    ここにでてくるゆうちゃんという女の子と一緒で

    うちも絵本で寝ますので、こういう絵本は

    寝かしつけにいいですね。

    赤ちゃんの絵本ですが楽しめます。

    年齢ではなく、読む本人が楽しければいいと思います。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子に

    1歳児の小さい我が子に読んでみました。
    最近、ねんねをしてくれなくなってきたのでねんね絵本を探していました。
    しかけ絵本になっているので興味を持ってくれたようで、楽しそうにしかけ部分をめくっていました。
    おやすみ前に読むようにしています。
    この絵本のみんなのようにしっかり寝て楽しい夢を見てくれるといいと思います。

    掲載日:2012/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に読み聞かせ☆

    この本は,寝る前の読み聞かせに最適の
    絵本だと思います!!
    一緒にねんねできるかなーっていいながら
    産まれてくるわが子に早く読んであげたいです。
    子供のころ,寝るのがもったいない感じがして,
    ずっと起きていたかったタイプなのですが,
    この本があれば,一緒にすやすた寝ちゃったかも
    しれないです☆

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まあまあかな・・・

    シンプルな仕掛け絵本。
    子供はパラパラページをめくっています。
    私的にはあまりかわいい絵ではないし、子供も好きな絵本って感じではなさそうなので、☆3つです。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズの中では一番!

    このシリーズは「いないいないばぁあそび」から読みましたが、
    やっぱりこの「いいこでねんねできるかな」は秀逸です!
    ねんね系の絵本では一番楽しく、ぐずっているときにはこれが一番。
    おとなしめの絵本だと、暴れたままなのに・・・・。

    怪獣さんが「どすん」とそのまま寝てしまうところで、
    チビも一緒に「どすん」と横になってくれます。

    最後の夢のページもチビのお気に入り。
    ケーキや飛行機、子どもの大好きなものが書かれています。

    ・・・トラネコなのに名前が「ミケ」というのがちょっと笑えますが
    大きな絵柄、めくりやすいしかけ、いい絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット