ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おばけのなつまつり」 みんなの声

おばけのなつまつり 作:山本 和子
絵:大和田 美鈴
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2003年07月04日
ISBN:9784569684062
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
「おばけのなつまつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖くないお化け

    このお話に出てくるお化けは、とってもかわいいおばけでした。うちの子にはかわいすぎたので、ちょっと物足りない感じでしたが、ストーリーはとっても楽しんでいました。お化けが女の子と一生懸命悪い人をやっつけるのがとっても面白かったです。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏祭り

    可愛い双子のおばけとなっちゃんとの交流が楽しかったです。

    なっちゃんも家出してきたのに、双子のおばけの為に又家に帰るのがと

    ても優しいなあって思いました。夫婦喧嘩は、やっぱり子供も前では不

    味いなあって思ったり、仲直りもやっぱり子供のお陰かなあって変な心

    配をしている私が可笑しかったです。やっぱり、夏祭りは最高でした!

    掲載日:2012/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの家出

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    おばけの双子と仲良くなって、お家にまで招き、コッソリご飯や銭湯へ連れて行く様子がおもしろいですね。
    内緒のお友達って嬉しい気持ちが大きくて、そんな様子に娘は羨ましく感じたようです。

    お家賃の代わりに、「らくがきだん」をやっつける約束をしたおばけたちだけど、このおばけたち、おばけのくせに弱弱しい・・・。
    大丈夫なのか〜?とハラハラ。
    でもなんとか大丈夫でしたね^^

    タイトルにある夏祭りのシーンが最後に少しだけでちょっと期待と違ったかな・・・。
    でもお祭りとハロウィンがミックスされたみたいですご〜く楽しそうでした!

    掲載日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相変わらずのおばけたち

    同じ作者の「おばけのなつやすみ」に続くお話です。
    楽しい夏休みを過ごしたお化け一家だったのですが、どうやらパパとママが帰り道にケンカした??
    おばけの子ども達はそれに反発して家出!!
    同じく親に反発して家出してきたなっちゃんと出会い意気投合・・・。

    おばけに意気投合して自分の家出を中断し(笑)、お化けたちをかくまおうとするなっちゃんが可愛いです。
    お化けの子ども達も、なっちゃんのために一肌脱ごうと頑張るのですが、、、おばけといえども、こどもだから気が弱いんですよね〜。
    なんともかわいらしいおばけちゃんです。
    ラストは、おばけのパパ、ママも合流しての大活躍!
    活躍の仕方は、、、前作と似てますね♪

    児童書ですが文章はそれほど長くないので、低学年くらいの子にお勧めです。
    夏休みに読むと、気分が出そうですね。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけ!

    息子が夏休み期間に図書館から借りてきた本です。
    豆腐屋さんの家に生れたなっちゃんは、
    お店が忙しくてどこへも連れて行ってもらえなくて
    とうとう家出しました。
    その家出の途中で出会った双子のおばけと、商店街の為に
    頑張るお話し。

    かわいらしい、ちいさなおばけに
    ちょっとお姉ちゃん気取りのなっちゃんの関係が
    とてもかわいい!
    息子は、おばけにも夏休みがあるってところに興味を持ったようで、
    どんな夏休みなんだろう?ってちょっと覗いてみたい様子でした。
    また、お祭りでおばけがいっぱいになってるところも
    是非、いってみたいな〜と話していました。

    掲載日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いおばけのお話

    夏休みに 家出をしたふたごのおばけは、なっちゃんという女の子に助けてもらい、落書き団をやっつけることに・・・

    可愛いおばけの絵で、こんなおばけだったら怖くないなあ〜と思うこと間違いなしです。

    ただ分量が多いので、読んであげる絵本というより、自分で読んでくれた方がいいなあ〜なんて思ってしまいました。

    掲載日:2006/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット