ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ジョニーのかぞえうた」 みんなの声

ジョニーのかぞえうた 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年
ISBN:9784572002860
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,670
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • センダックワールド

    地味な絵本ではありますが
    センダックの描くこのての子供が大好きなので
    英語の数え歌なのに
    日本語によくできたなぁ
    と感心してしまいました
    お話的にはちょっと無理があるというか
    ?部分も多いですが
    たのしいです
    1からはじまって10までいって
    10から押し返してまた1に戻ります
    表紙のまわりが地味に数字で飾り罫になっている
    ところもオシャレ♪
    小さくておでかけにもよさそうなサイズ感

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容よりも絵とリズム

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    モーリス・センダックの絵が大好きな3歳の娘が
    図書館から借りてきました。

    数え歌はとてもよく出来ていて、
    娘が理解できないのが勿体ないのですが、
    内容は二の次。

    動物がどんどん増えてきて、
    それにつれて怖い表情になってくるジョニー、
    10まで来て折り返す時には、
    動物がどんどん減っていて、最後は満足そうな表情のジョニー。
    絵とコトバのリズムで、とっても楽しめたようでした。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドウヤッテ、、

    数え歌になっているんですけど、どうやって訳したんでしょう。。結構きれいに訳されていると思います。4歳の子どもは数え歌になっているのは気づいていなかったのですが、言葉のリズムがあるし絵がユーモラスなので気に入って何度も読んでいます。このシリーズ大好きです!

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり、ひとりがいちばんだあい!

    最近、2歳の息子がはまっているのが、『ちいさなちいさなえほんばこ』でセットになっている4冊。出てくる小さな男の子を、自分のことと思っているようです。絵を見ながら、ブツブツと一人で世界に入り込んでいます。
    その中のでもこの『ジョニーのかぞえうた』と『ピエールとライオン』がお気に入り。
    1(いち)にんまえのジョニーくん、ひとりぐらしをしていると、
    2(に)げこんできたこねずみがたなのうえにとびのって
    と、数え歌にあわせて、ジョニーの家にお客さんがやってきます。
    普通なら10で終わってしまいがちですが、これは違いました。今度はジョニーくん「よくきけみんな、これからぼくはかずをさかさにかぞえるぞ」と宣言し、お家から一人ずつ追い出します。そして最後には「やっぱり、ひとりがいちばんだあい!」
    リズムよく、何度も何度も繰り返して読みたくなる絵本。絵だけを追って行っても楽しめるので、字の読めない2歳の息子も、ひとりでページをめくって楽しんでいます。センダックの挿絵はスマートでおしゃれなので、大人が眺めても楽しいと思います。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 翻訳でこれはすごい!

    1から10の数え歌ですが、10から1に戻ってくるところがポイントです。数がきちんと数えられるようになったら、面白みがわかる絵本だと思います。

    2歳の息子は、「1、2、3、4、6、8」と数える?段階なので、まだこの絵本の本当の面白さはわからないようでしたが、動物がどんどん増えて、今度はどんどん減るのを楽しそうに聞いていました。

    最初のページでは殺風景な壁の白さが目立ちますが、10に満ちるころには紙面はいっぱいになります。絵だけ見ていても数の増減を感じることができる楽しい絵本だと思いました。

    翻訳でこんなにうまく文章にしている訳者はすごいです。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちがやってきて

     数字の一部が言葉になっている、数え唄です。翻訳がうまいなと思いました。原文を読んでみたくなりました。
     ゆっくり本を読んでいるジョニーの部屋に、つぎつぎと動物たちがやってきます。そのたびに変わるジョニーの表情がおもしろいです。
     動物たちのにぎやかな声が聞こえてきそうで楽しかったです。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいかぞえうた

    1から10までの数え歌で、途中からかま元に戻っていくのが面白かったです。
    登場する動物達も良く見ると様子がいろいろと変わっていくので楽しいです。
    息子はこの絵本が気に入った様子で何度も1人で読み返していました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え歌

    1から10までの数え歌になっています。

    次から次へとお客様が増えてお部屋いっぱいのお客様にジョニーのとっ

    た手段(?)に、感心しましたよ!

    リズミカルに軽快に読み進めます。

    数を逆さに数えてひとりばっちになって喜んでいるジョニーの気持ちも

    わかりますが、お客様が見えるのも嬉しかったと思いました。

    軽快に歌いながら数を数えていく楽しさがいっぱいの絵本です。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読めました

    読んでいて思ったのは、数え唄になっているので、翻訳は大変だったのではないかということ、もう一つはセンダックはマザーグースのように口ずさめるようなものを目指して作っていたのかということです。

    実験的な本だったのでしょうか?この作品を作ろうとした背景が知りたいです。

    同じ場面の中でストーリーと絵が展開していくので、パラパラ漫画のようにも読めるのではないかと思い、実際にそうしてみたら本当にその通りでした。

    数え唄でもストーリーがあり、楽しく読めました。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくぞ訳してくれました

    • 稲穂さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子1歳

    1から10までの数え歌です。

    1から10まで数えた後、また1に戻るのがいいですね。

    子どもたちは最初、数え歌だと気がつかなかったため
    脈絡なくやってくる動物たちに目を白黒させていましたが
    どんどんいなくなる頃には大喜びでした。

    それにしても、これを訳すのは大変だっただろうなぁと思いました。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット