なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おばけやしき」 みんなの声

おばけやしき 作・絵:ジャン・ピエンコフスキー
訳:でんでんむし
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\3,000+税
発行日:2005年
ISBN:9784499281157
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,613
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 中学生の時からずっと大事にしてる本

    • タンポポかあさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子12歳、男の子9歳、男の子5歳、男の子0歳

     私が子の本に出会ったのは中学生の時。
     なんと近所の小さな小さなスーパーに雑誌と一緒に並んでいたのです!
     本は読めないように包装してありました。
     当時定価2800円。そんな大金を持ってスーパーに行く年でもなく
     いったん家に帰り親に許可をもらって買いました。
     自分のお小遣いで買うつもりだったのですが
     結局、本を読むことはいいことだと、母がお金を出してくれました。
     スーパーに戻るとき「売れていませんように」
     とドキドキしたのを覚えています。
     それからずっと私の宝物。
     内容は本のページを開くたびにドキドキ、ワクワクするとても素敵なものでした。
     結婚して子供ができてからも、大事な本なので破られては
     いけない、と隠していたのですが
     ある日幼稚園児だった長男に見つかってしまいました。
     その後数か所破られてしまいましたが今でも変わらぬ宝物。

     今では下の子たちも自由に読んでその世界を堪能しています。
     もちろん子供たちも大好き。
     大事に読むように言い聞かせてはいますが
     これ以上破損したらいずれ新しいのを購入しようと腹をくくっています。
     初めて破れてしまったときは思わず長男を叱ってしまいました(本当にごめんね)が
     次男、三男にも小さいうちからこの本の世界に親しませてあげることができ
     今では長男に感謝しています。
     大人にもオススメです。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • ぼろぼろになっても…

    • いちねこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    この本はもう何度も読みすぎて、すでにぼろぼろになっています。
    でも、まだまだ子供たちのお気に入り!
    「こわーい。でも、見たい!」っていう子供ごころにピッタリと
    はまった絵本のようです。

    ロバート・サブダのような洗練された美しい仕掛け絵本では
    ないけれど、ちょっと不気味でマンガチックな絵が、本当の
    お化け屋敷に入ってしまったようなドキドキ、ワクワクした
    気持ちを掻き立てるようです。

    仕掛けも単純なものが多いのですが、むしろ、だからこそ、
    幼児からでも充分に楽しめるしかけ絵本となっています。

    幼稚園に行く前の小さな子から、小学生まで、本当に長い間
    楽しめるしかけ絵本です。

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけやしきで遊べる感じです。

    しかけ絵本やとびだす絵本が見たくて、
    図書館で予約して借りています。

    多くの人の手に触れているので
    破損や破れがあるのが残念ですが
    ページをめくりながらワクワクするのが
    こういった絵本の楽しさです。

    おばけやしきというと好きではないのですが
    こちらは怖いもの見たさと おもしろさ、
    さわってあそべるところや
    ドキッとしたり、笑えたり
    下部に短い文章があるのも
    雰囲気を出しています。

    高価な絵本ですが
    しかけ絵本や とびだす絵本、
    子供たちは大喜びするだろうな。。
    そう思いました。

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわい、ほんとにこわい!!

    この絵本は、なぜか、私自身の本棚にあったんです。
    いつ買ったかも覚えていない、いわくつきの絵本・・・。
    そして、かなりリアルなしかけ!!
    私自身は、見ているとほんとにこわくなるのですが、娘は
    気に入っているようで、いつも読んでと持ってきます。
    最後のページがとくにこわいんです・・・。
    こわがりのお子様は、おやめください・・・。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    タイトル通りのおばけやしきですね!
    しかけ絵本になっていて娘が一生懸命しかけを動かして遊んでいました。
    特にがいこつがお気に入りだったようです。
    日本のものとはやはり違って海外の絵本という感じがしました。
    しかけ絵本だから面白いですが本当にこんなにたくさんのこわいものがでるおばけやしきは勘弁願したいです(笑)。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルな絵にドキドキ

    うちの子はしかけ絵本が大好きです。
    なかでもこちらのしかけ絵本はリアルな絵がドキドキさせらるのが、いい刺激を与えてくれるみたいで、まさに怖いもの見たさといった感じで見ています。
    本当に怖いのか、それとも面白がっているのか、遊びながら何度も『コワイネー』と楽しそうに言う息子。
    そんなこと言いながらも目は楽しそうに輝いているので、きっと楽しんでいるんでしょう。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて素敵なお化け屋敷!

    しかけ絵本で調べたら、いつも出てくるこの絵本。
    何度も静止画では見て、いいなーと思ってました。
    でも3千円は高い!!ので踏み切れずいましたが・・・ある日古本屋さんで発見!
    しかけ絵本の古本はまずまともなのがないので、隅々まで確認しましたが、なんと、どこも破損が無く、即購入しました。
    意外としっかりできてるみたいです。
    怖がりの3歳の息子に見せたら、興味津々でした。
    まずは真剣に一通りのしかけをじーっと見た後、二回目に読んだ時にはとにかくしかけを自分で動かしたいし触ってみたい様子。
    じょうぶとは言え、紙なので、母はビクビク、「引っ張り過ぎちゃだめ!優しく!」とかつい言ってしまうんですが(反省)。
    しかけがダイナミックでコミカルで、細部まで楽しめて、おもちゃ箱みたいな絵本です。本を軽く閉じたり開いたりして動かすと、しかけに動きも出て本当に楽しめますよ!

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと高いけど満足感あります!

    • みゅーけさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子3歳

    結構お高いので購入までしばらく迷いました。
    お化けが大好き、そしてしかけ絵本も破らないだろうという年齢になったので
    誕生日にプレゼント。

    大喜びでした!彼のお気に入り絵本の1つです。

    まずしかけが盛り沢山。めくる所が沢山あっていろんなお化けが発見できます。
    お化けだから怖いんだけどなんだかユニーク。
    絵も細かく描かれています。

    妹も興味しんしんで兄がいない時にこっそりめくって見ています。
    やっぱり小さい子がめくると勢いあまって破れてしまったりするので何箇所か
    テープで補強したりしていますが、値段分の満足感があるしかけ絵本ですよ!

    掲載日:2013/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスプレゼントにしたい

    三歳の息子は、怖いものにはまっている真っ最中です。
    これは・・・と思い、試しに私が見ましたがいいですね。子どもでもしかけも簡単に動かせそうだし・・・ちょっとお値段が張るので、クリスマスプレゼントにしちゃおうかなと思ってます。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別な絵本

    娘が高校生の時に買った絵本です。
    その名の通り暗く怖い絵ですが
    美術的に気に入ったようです。

    欲しいと言われた時
    高価ですし、買い渋っていたのですが
    仕掛けが楽しく
    場面を変化させると想像力が刺激されお話が広がってくるんです。
    見るたびに魅力が出てくる絵本でした。

    まだ、小さかった息子も楽しめたので
    4・5歳ぐらいでも
    特別な絵本として一緒に楽しめるのではと思います。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット