もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

愛は空いっぱいのお星さま」 みんなの声

愛は空いっぱいのお星さま 作・絵:デビ・グリオリ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784566006867
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深い深い愛に感動です。

    この絵本を読んで、とても幸せな気持ちになりました。
    深い深い愛に包まれているというのは、こういうこと
    なのかと、心から感動しました。
    娘を産む前から知っていた本なのですが、娘が産まれてから
    読むと、感動もさらに深くなります。
    物心のついたお子様にはぜひ読んであげてほしい絵本だと
    思います。
    そして、子育てをしている皆さんにもぜひ読んでいただきたい
    です♪

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親の愛情がつまっている

    狐の親子が主人公。大きいさんは小さいちゃんが大好き。小さいちゃんがどんなことをしても、どんな姿になっても、いなくなったって愛しているんだよ、ということを描いた素敵な作品。死んでもきっと愛してるということを説明するときには空の星を見せたりして、とても哲学的あ話を分かりやすく子供に説明していると思います。

    ママだって大きいさんみたいにあなたが大好きで愛してるんだよ、といったら、子供が気に入って一気に3度も読まされました。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいちゃんは、ごきげんななめ どうしてかな?
    大きいちゃんが、かまってくれないからかな、やきもち焼いてだだっ子

    おかあさんなのかな?
    母の愛ですね、 どんなにいたずらしても虫になっても この絵本の作者は、虫やひぐまになってもとたとえていますが・・・・
    彼は 虫は いやなものというように思っているのかな?

    わには、さすがに怖そう でもでも 愛は変わらないんだよどんな姿でもいつまでもかわらず 愛してあげる。
    これが 本当の愛だと この絵本教えてくれています。

    なかなか こんな風に 愛せない私たちへのメッセージですね。

    あいがふるぼけたら?   壊れた愛は 直せる?

    こうありたいですが・・・・

    現実は こううまくいかないこともありますね。

    絵は 見ていて飽きませんね、
    最後の、星の場面は ロマンチックですよ!
    子供には こんな愛のことわかるかな 意外に 分かるかも。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • イヤイヤ期に最適

    怒ったり泣いたりすることの多いイヤイヤ期。
    ママ以上に子供の心は疲れているし、ママに怒られれば、嫌われているんじゃないかと不安でいっぱい。
    そんな子供の心とママの心をやわらかくほぐし、やさしく癒してくれる絵本です。
    気が強くて頑固な娘のイヤイヤには心底悩まされましたが、
    その頃に親子で何度も読み返した思い出の1冊です。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな愛

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    きつねの大きいさんと小さいちゃんは親子でしょうか。
    小さいちゃんは、自分がどれだけ愛されているのか不安でいっぱい。
    そんな様子に、大きいさんはその名の通り大きな愛で包んであげます。
    優しい気持ちで心がいっぱいになる、そんな絵本です。

    子供は時に、愛情の確認をどこまでも追求するものですよね。
    そんなときにしっかりその気持ちを受け止め、めんどくさがらずにしっかりと答えて安心させてあげる。
    そんな素敵な母親に、私もなりたいと思いました。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情は変わりなく

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    子供って時としてこんな風に
    親の愛情を確かめたくなるんでしょうか?
    不可解な不機嫌さもイタズラも
    きっとこっちを向いてって言うサインかもしれませんね。
    原書も小さいちゃんと大きいさんを
    それぞれSmallとLargeって表しているので大きいさんが
    お母さんかお父さんであるかは分かりません。
    原書のタイトルが「No Matter What」で
    例えどんなことがあってもって言う意味なので
    あなたへの愛情は変りませんよって伝えてるんです。
    小さいちゃんが投げかけた質問、ぐっと来ます。
    とても可愛らしいイラストでほのぼのとしました。

    掲載日:2007/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な愛。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     ご機嫌斜めの小さいちゃんを大きいさんが、なだめてあげます。小さいちゃんがどんな者に変わったとしても、変わらず愛してあげるよと。愛と言う不確かな物に、不安を感じる小さいちゃん。そして、大きいさんは、言ってあげました。「星だっていつかは死ぬ。それでも星の光が絶える事はないよね。愛も同じだ。愛にも限りがない。愛は夜空に星がきらめくように永遠に輝き続けるんだよ」と、親が子供を思う気持ちを代弁してくれたかのような作品で、胸があつくなりました。
     

    掲載日:2003/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ひ・み・つ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット