あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

おじさんのかさ」 みんなの声

おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784061318809
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,026
みんなの声 総数 143
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

143件見つかりました

  • 大切なもの大好きな物

    子どもは大好きな物って大切にしてなかなか使わないってことあるとおもいます。
    メモ帳も大事にして、消しゴムも大事にしてしまっていたり。
    このおじさんも一緒です。
    大好きな傘を雨が降っても使わない。
    でも使ってみると楽しい事や新しい発見がある。
    使うのもいいな。
    大切にするのもいいな。
    好きなものがあるのっていいな。

    投稿日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作☆

    ずっと読みたかった一冊です!

    いつも傘を持ち歩いているのに、雨が降ってきても、
    汚れるからと使わないおじさん。
    雨をしのぐ様子が、コントみたいで面白い♪
    娘も思わず笑顔。
    でも何となく、このおじさんの気持ちわかります(笑)

    そして、おじさんの気持ちの変化とますます深まった傘への愛着。
    これが、いいですね〜♪♪

    やっぱり名作です!

    投稿日:2013/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがほっこり

    図書館で見かけて、懐かしさに思わず手にとっていました。
    雨の時に、ボンボロロン、ピッチャンチャンといいながら、楽しく歩いて帰った思い出があります。

    大切なものでも、大切にしすぎて使わなければ、そのものの本当の魅力も知らないままだ。というメッセージがこの絵本には込められているのですが、5歳の娘には理解するのにはちょっと早かったかなという印象です。
    リズムは楽しんで読んでいました。
    年齢が上がっていくにつれて、別の楽しみが見つかる絵本だと思います。

    気持ちがほっこりします。

    投稿日:2012/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいです。

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳

    私の小学1年生の教科書に載っていて習ったので、懐かしく子供達に読んでみました。
    当時おじさんこわい・・・と思って結構なトラウマでした。
    子供達も傘使ってよかったと言ってましたが、おじさん大人げなさすぎですね、今読んでも・・・

    投稿日:2012/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • むじゃきなおじさん

    1年生のおはなし会で読まれていました。
    かさがぬれるのがいやで、かさをささないおじさん。
    子どもたちはくすくす笑っていました。
    かさを大事にしすぎて、本来の使い方をしていないおじさん。
    しかし、子どもたちの言葉から、かさをさしてみます。
    大人だって、子どもに教えられることがあるんですね。

    奥さんの「かさをさしたんですね」の一言が笑えました。
    おじさんが大人になった瞬間のように思えました。

    怖そうなおじさんにだめなところもあるし、子どものような無邪気なところもあるんだと、子どもたちは親近感を持ったのではないでしょうか。

    投稿日:2012/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちは理解できる!

    雨模様だったので借りてきました。

    雨なのに大事すぎてさせない傘!
    おじさんの気持ち、分かります!!
    汚したくないんですよね〜。
    理由は違いますが、夫は潔癖で水着が水に濡れるからっと
    子供の頃プールに入らなかったそうです。
    この絵本を読んで思い出しました(笑)

    さて、息子は・・・・
    あまり読んで〜と持って来ませんでした。
    息子の趣味ではなかったようです。

    投稿日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 傘も喜んでいるでしょう

    大事な大事な傘なんですね。
    本当によくわかりました。
    でも、やっぱり使ってもらいたいですよね。
    広がって雨に濡れている傘は、嬉しそうに見えました。
    そして、傘たてで滴を落としている傘からは、「おじさんを雨から守った」という誇らしさも感じました。

    投稿日:2012/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピッチャンチャン!!

    傘が大事なあまり、雨が降っても傘をさせない、おじさんのお話です。

    大事だからこそ、使えない!と思う気持ちとってもよく分かります。
    でも本当は、大事だからこそ、使った方がいいんですよね。

    「あめがふったら ポンポロロン」
    「あめがふったら ピッチャンチャン」

    何度か出てくる、雨の音。このフレーズがとっても面白くて、
    雨の日には、「ポンポロロンだね〜」「ピッチャンチャン!だね」と楽しむようになりました。
    雨の日が楽しくなる絵本です。

    投稿日:2012/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事なものに対する気持ち

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    佐野洋子さんの世界がつまった絵本はどれも大好きです。
    おじさんが大事にしている傘、雨でも大事なので使わない。
    そんな気持ちって小さな子も大人もみんな一緒なんだな〜と思いながら読みました。
    大事にとっておいて、使っていないもの意外とあります。
    でも、使ってみるとさらに素敵なところが見つかるという最後がとても気に入りました。
    今2歳の息子がこれから大きくなり、同じような局面に出会うと
    この絵本を読んであげたいなと思います。

    投稿日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音にさそわれて

    3歳の息子と読みました。

    傘が大好きで大切すぎて、その傘をさすことができない、不思議なおじさんのお話です。
    そんなおじさんが、「ポンポロロン、ピッチャンチャン」という子供の歌う雨の音に心動かされ、傘をさしてしまいます。

    ポンポロリン、ピッチャンチャンという音、確かにとってもかわいい。
    そんな風に雨を感じたことがなかったなぁ。
    でも、子供って、雨の中を傘さして長靴はいてレインコート着て歩くのが大好きですよね。
    水たまりにぼちゃ、傘をくるくる、そんなふうにしていると、本当にポンポロロン、ピッチャンチャンって聞こえるのかもしれないなぁと思いました。
    今度の雨の日、耳を澄まして聞いてみます。

    投稿日:2012/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

143件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

みんなの声(143人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット