モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

りんごがひとつ」 みんなの声

りんごがひとつ 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2015年09月
ISBN:9784494003693
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,370
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 親子でお気に入り

    初めてこの絵本を読んだ時、既に息子は4歳で、多分小さい子向けだから一度読んだら終わりだろうなと思いました。
    でも、なっちゃんたちがリンゴを追いかけるシーン(特にみんなが、転がり出してクマさんに激突するまで)は本当に愉快で、息子も大笑い!
    文字も少なく簡単なお話ですが、優しさたっぷりで、一気に息子もこの絵本が好きになりました。
    実際に、リンゴの種も植えましたよ。残念ながら芽は出ませんでしたけど。
    絵本の種は芽が出たと思う!と言う息子の言葉が嬉しかったです。
    今は5歳ですが、時々、出してきて一緒に読んだり、一人で読んだりしています。

    掲載日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤ちゃんから楽しめます

    • 3SMAMさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    白と黒の絵に、りんごの赤が、とてもきれいです。
    最後の方では、空が夕焼けに染まります。

    1歳になる前から読んでいましたが、
    りんごの赤が目を引くのか、
    ページ数が多いにもかかわらず、
    最後のページまで、じっと
    見ていたものです。

    1歳を過ぎると、当時100冊ぐらいあった絵本の
    中から、どこにあっても、すぐに見つけて、
    何度も読んでと持ってきました。
    字を見なくても読めてしまうくらい読んだ絵本です。

    子どもはもちろん絵を見て楽しんでいますが、
    大人も字を追わないで、絵だけでも
    楽しんで欲しい絵本です。
    とても上手く描かれている絵本だと思えます。

    そして、最後の裏表紙まで、ぜひ
    楽しんで欲しいです。

    食べ終わったりんごのたねを、みんなで
    植えて、別れるところで、お話しがおわり、
    表紙を閉じると、裏表紙には小さな
    りんごの木が・・・

    本当に最後の最後まで楽しめる
    素敵な絵本です。

    5歳になった今も、時々、持ってきたり、
    自分でも見ていたりと、赤ちゃんも
    子どもも、そして大人も楽しめる絵本でした。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絶対読みたい絵本だと思います。

    いわむらかずおさんの絵は、場面によって
    大きさや表情、動きで、遠近感っていうんでしょうか、
    見ているだけでも ストーリーの展開や
    りんごの美味しさまで伝わってくる気がします。
    白黒の繊細な色使いに赤いりんごが
    引き立っています。
    こういう絵本は小さいお子さんが
    読み聞かせをしてもらっているうちに、
    ひとりでも読みたくなるんじゃないかなぁ。。と想像します。
    昔の子育てでの経験ですが(別の絵本での出来事)
    まだ文字も読めない年齢なのに、
    絵を見て ひとりで声を出して
    楽しんでいた可愛い時期を思い出しました。
    子供にとってお気に入りの絵本に出会うことって
    とてもいいことです。
    小さいお子さんにもぜひオススメしたいです。

    掲載日:2016/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもわずほっこり

    なっちゃんは、おかのうえがだいすき。
    りんごを持って、おかの上にのぼります。
    ところが、りんごがコロコロころがります。なっちゃんは追いかけます。
    待ってよ、待ってよ、私のりんご。
    途中で、うさぎさん、りすさんも一緒になって走っていくと…
    なかなかスピード感があり、軽快な動きを感じることができます。
    モノクロの世界の中で、りんごの『赤』が、まぶしく見えます。
    優しい動物たちとのかかわりが、なんともほほえましく、次の展開がどうなるか、とても楽しみです。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイズが小さくなった

    白黒のページに赤いりんごが印象的な絵本です。
    なっちゃんもうさぎもりすもりんごも、みんなくまさんの背中にどすん!となった時は、どうなるんだろう!?とドキドキしてしまいました。

    ちょっと余白が少ないような気がしたのですが、復刻にあたってサイズを小さくしたとのこと。
    それで納得しました。
    大きめな本でゆったりと楽しみたかったな、と感じました。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ赤なりんご

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    いわむらかずおさんの初期の作品を新たに出版したもののようですね。
    素朴な作風が伺えます。
    丘の上で、なっちゃんがバスケットに入れていたりんごが転がり落ちます。
    もちろん、追いかけるなっちゃん。
    うさぎさん、りすさんも追いかけてくれますよ。
    転がる様子が愉快愉快。
    どうやって止まったかも、なるほど、ね。
    りんごの赤色だけが彩色されており、絶妙な効果となっています。
    ラストの光景は夕焼けでしょうか。
    ここもほんのり赤色。
    とても抒情的な印象です。
    大人も、子どもの頃を思い出すのではないでしょうか。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も子供も。

    ショッピングセンターのイベントブースの絵本コーナーで出会いました。
    やさしい顔の女の子とりんごが描かれた表紙。
    地味です。でも、ぜひ手にとって中身を見てもらいたいなあ。
    白黒の中の赤いりんご、女の子、うさぎ、りす、くまのやさしい顔に癒されます。文章はとっても短いので、2歳の娘も最後まで聞いていれましたよ。なっちゃんと言う女の子のお話なんですが、娘の名前に置き換えて読んだら喜びました。りんごを追いかける様子、坂をくるりんと転がる様子、くすっと笑える可愛い絵本です。お話の最後はとても暖かい気持ちになれると思います。大人におすすめかなあ。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    買ってきたり頂いたりで、りんごをよく食べている我が家です。
    この絵本は、ほのぼのとした気持ちになりましたね。
    かわいい動物がたくさん登場するので、子供も喜んで見ていました。
    モノトーンの絵の中に、真っ赤なりんごがひとつ。
    この描きかたが、とても映えていました。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しとやさしさと

    いわむらさんの絵本なんだぁ・・・
    見たことなくって
    「たべもの」コーナーにあったのを
    借りてきました

    りんご以外は白黒です

    でも、繰り返しが
    リズムよく
    楽しい感じ

    たった1このりんごも
    こんな風におはなしになるんだぁ〜
    と、感心

    みんなで順番に分け合って
    食べるのもいいですね

    種から芽が出るといいね

    あっ!夕焼けかな!?
    白黒と赤の対比が素敵ですね

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裏表紙も見てね

    なっちゃんが落としてしまったりんごを動物達が一緒に追いかけてあげて、最後には皆でりんごを分け合って食べます。
    食べ終わるとその種を蒔き、
    「きっと真っ赤なりんごがなるね」
    と終わるお話なんですが、読み終わって本を閉じると、裏表紙にたねから芽を出した小さなりんごの木が描かれているのです。

    なっちゃん達の夢が叶ったんだね。
    今度は沢山のりんごをまたみんなで食べられるね。

    掲載日:2009/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット