十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

とびっきりのおはなし」 みんなの声

とびっきりのおはなし 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784251008749
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,701
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たんぽぽ

    黄色いたんぽぽって可愛いのに、この絵本で益々可愛さが倍増しました「とびっきり ぴかっと 咲きました。」の絵にピッタリのたんぽぽさんが誇らしげで、咲いた喜びが伝わってきます。生きている喜びが伝わってきます。たんぽぽさんの嬉しい表情や楽しい表情がほのぼのとして和みます。一生を精一杯楽しんで生きたたんぽぽさん、綿毛になって飛んでいくのも最後まで頑張ってました。生かされた命を大切に、毎日を過ごしたい、思いようで楽しく過ごせることを学びました。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • たんぽぽの変化

    たんぽぽは黄色い花ですが

    それがのちに白い綿毛になることを知らない息子は

    たんぽぽのお話だと思ったのに、急に白い花に

    なってしまったとちょっと困惑。

    説明しましたが、まだ理解するには早すぎて、

    そういったいみではちょっと求めていた

    絵本とは違ってしまいました。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お散歩で見つけてしゃがみ込みそうですね

     「たくさんのおはなし」で、ひろかわ先生の作品に出会い、息子は夢中でした。
     
     このお話は、読んだことがありませんでしたが、最近表紙絵を目にした息子が、「あ〜、あの絵本のシリーズものなの?」とニッコリ笑っていました。

     この季節にピッタリですね。
     
     綿毛の下の種の表情が、可愛らしくひとつひとつ豊かで、がんばって飛んでいく様子が素敵です。
     ふわんふわん空にうかんでいるページも、ほんとにと“びっきりいいきもち”でしょうね。
     
     小さいお子さんが読んだら、お散歩で綿毛ふさふさのたんぽぽくんをみつけて、しゃがみ込みそうですね。
     
     1歳からでも楽しめそうだと思います。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽふーっ

    たんぽぽが、黄色の花から綿毛になって種が飛んでいく様子のおはなし。
    今、ちょうどたんぽぽの季節。2歳の娘は散歩の途中たんぽぽを見つけると「とって、とって」と喜びます。綿毛を吹き飛ばすこともやっと先日覚えたばかり。(なかなか飛びませんが・・・。)
    図書館でこの絵本を見つけて、これは!と思いました。予想通りの食いつき!何度もせがまれて読んでいます。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽのひみつ

    娘は「たんぽぽ」といえば、黄色いお花を連想するようです。
    そしてその後にできる「綿毛」は別物と思っているようです。
    だってあんまりにも様子が違うから・・・。
    そして「綿毛」は摘んでも、おうちまで持って帰れないので
    (1歳過ぎのころ、綿毛のかわいらしさに摘んだものの
    家までの間に全部飛んでいってしまい、気がついたらハゲ坊主ということが何度もあり)
    なんとなくテンション下がり気味です。
    そんな変身するタンポポのひみつを
    とてもわかりやすく描いてあり、小さいお子さんでも
    よく理解できるようになっています。
    娘よわかったかな?
    早く春になって、黄色いお花と綿毛を見たいなぁと思いふけりました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽの成長がわかる

    春にぴったりの絵本です。
    たんぽぽの花がさいて、種たちが風にのって飛んでいくまでをかわいく描いてあります。

    この春、たんぽぽのわたげをふうーっと吹いて飛ばすことを覚えた娘にタイムリーな本でした。

    幼児期にオススメです。

    掲載日:2008/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽ観察

    • 茶々丸さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    お日様の光を浴びて咲くたんぽぽが、しぼんで横たわり黄色から白に変わった頭をもたげてピンと伸びていく様子が子供に夢を与える絵本として書かれています。
    枯れたように横たわるたんぽぽを「やわらかい はっぱのうえにねそべって」とお昼寝をしているような描写がとても印象的でした。

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綿毛を飛ばすようになって

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    春、タンポポが咲いて綿毛になった時期。2歳になったばかりの娘は黄色いタンポポが大好き。
    でも、ふわふわの綿毛にはあまり興味を示しませんでした。
    そんな頃に子の絵本を読んだ時は、タンポポの花が咲いているところにしか興味を持たず、綿毛のおしゃべりも種の飛びたちにも興味を示しませんでした。

    6月に入りまだタンポポが咲いている空き地を見つけ、綿毛をフーッと吹いてあげると、娘も一緒にフーッ。
    それからこの絵本に興味を持ちはじめ、大好きなタンポポにてんとう虫やちょうちょさんで喜び、綿毛を着けたタンポポが出てくると絵本に向かってフーッと息を吹きかけるようになりました。

    今まで理解の出来なかったものが理解出来るようになり、新たに発見した物が絵本の中にあったのが嬉しかったようです。娘のお気に入りの絵本がまた一つ増えました。

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽだよぉ〜

    春頃に読まれると周りには、きっとタンポポが咲いてると思うので、いいのかと思います。 
    短い文章で小さめのお子様でも大丈夫かと思います。 
    3歳の息子は たんぽぽを見るとふぅ〜。と息を吹きかけて種を飛ばします。(あまり上手とは言えませんが…)
    たんぽぽの状態が描かれていて、可愛かったし、息子も満足そうでした。たんぽぽの種が風を待って、飛んでいくのが待ち遠しかったかな? 楽しめますよ。

    掲載日:2003/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽのおはなし

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    たんぽぽさんのおはなし。娘はたんぽぽのわたげを飛ばすことが大好きなのでこのお話しにはとっても喜んでいます。とくに わたげ達に ひとつひとつ顔があるのは楽しいですね。でも、わたげ達が飛んでったあと「さみしくないのかなあ」と心配そうだったけど最後のページの絵がにこにこ顔だったので安心した様子でした。

    掲載日:2003/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ノンタンぶらんこのせて / こぐまちゃんとどうぶつえん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット