貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし」 みんなの声

わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし 作:上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993.4
ISBN:9784893255839
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,788
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 雲の上の汽車たち

    わんぱく団のシリーズ、中でも大好きなロマンチックなお話です。
    公園から、突然空に向かって走り出した機関車。
    雲の上で活躍する懐かしい機関車たち。
    ねこの車掌さんが良い味を出しています。
    おおきなページの美しい銀河の旅も素晴らしいです。

    掲載日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銀河鉄道

    わんぱくだんのSLに乗って雲の上にって、とてもファンタジックで夢をみているようです。「銀河鉄道」ってやっぱりいいなあっておもいました。「わんぱくだんシリーズ」って毎回冒険だけれど、読んでいると憧れてしまいました。「星のうみ」って、とても素敵な表現にロマンを感じました。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロマンチック

    ちょっと文章にもたつきがり、展開もどうかな?と思うところもあるのですが、何しろ夢があっていいですね。
    車掌さんが猫、というのもパンチが効いていると思います。

    見開きページの「ほしのうみ」という表現がとてもロマンチックで素敵だなと思いました。

    掲載日:2017/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗りたいな

    わんぱくだんシリーズ。
    長女が3歳の頃に2冊ほど読んだことがあります。
    そのときは普通の反応でした。どちらかというと男の子向けのシリーズなのかなと思ってしばらく読んでいなかったのですが、たまたまこちらを書店で見つけたので購入してみました。
    題材が汽車なので、どうかしら?と心配していたのですが、どうやら年齢的に今がぴったりの内容・レベルだったようで、夢中になって見てくれます。
    特に汽車が空を飛ぶシーンが爽快らしく、「○○ちゃんもお空を飛ぶ汽車に乗りたいな」と目を輝かせて言っています。
    この機会に、ほかにもわんぱくだんシリーズを読んでみようと思いました。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎回引き込まれるわんぱくだんの世界

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    息子が保育園の時にわんぱくだんを知ってから、未だに楽しんでいます。
    わんぱくだんのスリル満点、夢いっぱいの世界に毎回引き込まれています。

    雲の上の世界、素敵だなぁ。
    空へ登る機関車、乗ってみたいな。景色がきれいだろうなぁ。

    子どもと一緒に読みながら、私まで引き込まれてる。

    わんぱくだんシリーズ、勢いのある文に、毎回気づかぬうちに入り込んでます。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての冒険ファンタジー

    三度の飯より電車が好きな息子。
    2歳では早いかなと思いつつも、電車の表紙ということで手に取った絵本です。
    結果はまったく問題なし。
    公園においてあったSLに乗って遊んでいると、いつの間にか走りだすところから始まります。線路は銀河に向かって続きます。車内にはネコの車掌さん。雲の上でいろんな機関車を見たり、雲のソフトクリームを食べたり。最終電車の案内で元の世界に戻りますが、ポケットには、これが夢ではなかったという証拠が残されていました。
    どこにでもありそうな普通の町に住む、普通の子どもたちに起こる冒険ファンタジー。自分たちの身にも起こりそうな設定は、夢があります。
    考えてみると幼児向け絵本にはこういった設定は少ないように思います。
    この本をきっかけに、わんぱくだんシリーズをすべて読みました。わんぱくだんのおかげで、海底やロボット、忍者、砂漠など、電車以外のテーマの絵本も興味をもつようになってくれました。わんぱくだんに感謝です!

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • SLに乗って

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    公園に置いてある動かないはずのSLですが、わんぱくだんが乗り込んだら動き出して…!?
    いつもながら、わんぱくだんは楽しそうだなーと思います。
    動くのがただ動くだけではなく、空を飛んだりするのがよりうらやましいです。
    SLのいちばんぼしという名前も読んで納得してしまいました。しかけでめくって見られるページがやはりいいですね。
    のりもの好きな子はより反応が良さそうです。

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙に親子で興奮

    わんぱくだんと乗り物好きの息子、蒸気機関車好きの私、どちらも大満足な作品でした。
    列車で空へ行く展開も良いんですが、同乗している車掌さんがこれまた可愛いんです。
    そして、夢の世界で食べるお菓子も美味しそう!
    私たちも乗りたいねーと話しながら楽しみました。

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢と現実と

    わんぱくだんシリーズ大好きです。
    今回は汽車ということで息子も大喜び。


    公園にあった電車に乗ったら、空へひとっとび。
    そこには
    沢山の汽車が出てきます。

    そしてアイスを食べたりのんびりしていたら
    最終便が出るという案内!

    慌てて乗り込んだ電車で無事
    元の公園へ。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があっていいと思います。

    古くなった乗り物が飾ってある博物館のような

    ところは何度もいったことがあります。

    大きくて迫力があって!

    乗ったとき動いたらいいな〜と誰もが思うと思います。

    このお話はまさにそんなお話で、しかもくもの上に行くんです。

    勢いよく走っている様子が絵からとても伝わります。

    現実の世界に戻ったとき、ポケットに入っていた

    雲がとてもステキだと思いました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット