雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

バーバパパのめいろのたび」 みんなの声

バーバパパのめいろのたび 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年06月
ISBN:9784062657556
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,285
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 何度見てもたのしいようです

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    数あるめいろ絵本のなかでも何度も何度も
    読んでいる一冊です。4歳の息子には
    簡単な迷路ですが、話の内容も虫の成長について
    なので興味深いようですし、海のシーンに
    バーバの家族たちがヨットになったり
    海の生き物に変身しているページが好きなようです。
    絵が大胆だからか、下の一歳の妹もめいろのマネを
    してみたり、「ばーば!ばーば!」と指を指して
    お兄ちゃんと一緒に楽しくみています。
    兄弟ふたりで同時に楽しんで読める貴重な一冊です。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな蝶になるかしら

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    バーバパパが大好きな息子と読みました.
    バーバベルのお花についていた毛虫の生まれた場所(なんと地球の裏側)まで旅に出ます.
    生き物大好きバーバズーは,毛虫を素手でつかんだり手に乗せたりしているんですが,これはちょっと危険ですね.息子も虫好きでいろいろ捕まえたがるんですが,毒のある毛虫もいるから毛虫は手で触っちゃだめだよと,この本を読みながら息子と話しました.
    迷路をしながらお話が進んでいくので,一緒に冒険しているようで息子も楽しかったみたいです.最後は「バーバズーまでちょうちょになってるね」とうれしそうにしていました.

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • めいろ大好きな子へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    めいろ大好きなこどもに。バーバパパも好きなので良いかなと思い、読んだところ、とても気に入ったようです。
    けむしくんをお花畑までいくつものめいろをぬけて返してあげるお話。
    めいろ絵本を何冊か楽しんでいるうちにちょっと難しめかなというこの絵本も楽しんでくれているようでよかったです。
    ただ、入り口を入ったら、それと同じ形をした出口から出てくるようになっている…という説明のめいろはまだよく分かっていないのかなと感じました(4歳1ヶ月児)。めいろはいろいろなタイプがありますね。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • メインは迷路です

    バーバパパのシリーズを最近たくさん読んでますが、

    この絵本に限っては、迷路がメインかもしれません。

    一応お話も順に進んでいますが、

    迷路が多いです。

    5歳ですし、もともと小さいころから迷路が得意だったので

    上手にゴールにたどりついていましたが、

    バーバパパがただ好きな小さい子には、

    少し厳しいかもしれませんね。

    途中まで迷路に進んで迷ったら、ゴールからも

    やってみると、見通しがつくと思います。

    一番最後のちょうちょうの迷路は

    かなり難しかったです。

    迷路があるということを認識したうえで

    読むのがいいと思います。

    掲載日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路としては悪くないけれど

    3歳10ヶ月の、迷路が最近大好きな息子に図書館で借りました。

    うーん、なんか、「おばけのバーバパパ」時代と
    絵が違います。。
    絵の筆致がベタ塗りになって、詰まらなくなってしまいました。
    迷路自体はとても良かったのですが、
    ストーリーがちょっと陳腐でした。

    息子は迷路が楽しかったようですが。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘にかわいそうなことしたわ(哀)

    めいろも普通に楽しめる娘なので、この絵本も
    楽しむだろうとおもいきや、普段やっているめいろとは
    勝手が違ったようで、うまく出来ない→うまく出来ない
    ので私の口調も厳しくなる→親子共々寂しい雰囲気に。
    娘に悪いことしました。
    まだ、早かったのね。
    特にへやぬけめいろや、ごーごーめいろなどは趣旨が
    全く理解できなかったようです。
    せっかく楽しいバーバパパの絵本なのに。

    途中険悪な感じになってしまった私も読み終えて反省。
    「まだちょっと早かったんだよ。もう少し大きくなったら
    簡単にできるから。大丈夫!それはママが保障する!
    あなたは天才バカボンなんだから(笑)」とフォロー
    いれた次第です。
    天才バカボンだろうとバカボンのパパだろうと、
    もうちょっと大きくなれば本当に楽しむことができる
    絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早すぎました

    バーバパパが大好きな息子ですが、迷路をやったことがなかったので、ちんぷんかんぷんだったようです。

    それでも何か惹かれるところがあるようで、見たがりました。

    私が見た印象ですが、けむしを故郷に帰してやるという設定が、いかにもバーバパパシリーズだなと思いました。私がひねくれているだけかもしれませんが、偽善的なような気がします。シリーズの最初の『おばけのバーバパパ』だけがお気に入りの私です。

    息子はまた別の印象を受けるかもしれないので、もう少し大きくなって迷路が楽しめるようになったらまた試してみたいと思っています。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい迷路

     お話の中にうまく「迷路」がくみこまれているなと、構成に感心します。カラフルでにぎやかな場面の迷路は楽しいです。あちらこちらにいるバーバ兄弟たちの表情がおもしろいです。

     バーバパパ一家のいつでも元気で、あかるい笑顔をみてリラックスして、迷路で少し頭の運動をして。大人にとってもためになる絵本かもしれません。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパ

    バーバパパが好きなのでこの絵本を選びました。この絵本のお陰で娘も迷路に興味を持てた様子です。自分の指を使って辿っていく面白さを感じられる絵本でした。大すきなバーバパパの家族が随所登場するのが良かったです。カラフルなので楽しく読むことが出来ました。1度ゴールして終わるのではなく何度も楽しめる魅力があるのが良いと思いました。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路好きにはたまらない!

    迷路大好き!なので、
    シリーズのお話を読む前にこの本を選びました。
    初めてのバーバパパだったのですが、
    色々な迷路が楽しめてお気に入り。
    バーバパパも好きになり、
    家族の名前を覚えていました。

    迷路も絵もかなり楽しいので、
    何度見ても飽きません。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット