庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ノコギリザメのなみだ」 みんなの声

ノコギリザメのなみだ 作・絵:長 新太
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784577019856
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,851
みんなの声 総数 12
「ノコギリザメのなみだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • オジイサンよかったね

    ノコギリザメのオジイサンが「ノコギリがボロボロなのよ」といって困っていました。するとうみのオバケが「わしがなおしてやるよ」と出てきて、ノコギリをポイッと取ってしまい、代わりにいろいろなものをつけるけど…。

    オバケにされるがままのオジイサンには哀愁が漂っていて、『なみだは、しずかにながれていったよ。』の一文とともに何だか可笑しい。
    でも最後にはオジイサンのなみだが救ってくれて、よかったね。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいさん可哀想

    ぼろぼろになったノコギリをなげいて泣いているノコギリザメのおじいさん。
    可哀想なおじいさんを、海のおばけが助けるのかと思ったら、もてあそんでしまいました。
    何をされても静かに泣き続けるおじいさんの弱々しさが、本当に可哀想になりました。
    ノコギリの代わりに三日月をくっつけたように見せるなんて、お化けさん完全にやり過ぎです。
    ぼろぼろになっても、やっぱり自分のノコギリが一番です。
    オチハは単純ですが、幼児向けの絵本に哀愁を覚えた私はおじいさんの気持ち分かる歳になったかも。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりシュールな長さん

    3歳の息子にせがまれて読みました。
    ちょうどその前に長さんのキャベツ君が気に入った息子。
    こちらはキャベツではなく、海の中のノコギリザメが主役です。
    ストーリーはキャベツ君的で、ノコギリザメのノコギリを色々別の物に変えてみるというストーリー。
    ノコギリザメの鼻?に全然別物がひっつく絵は、笑えます。
    大人的にはストーリーもいつものごとくひねりがきいてて、
    クスクス笑ってしまうのですが、息子はまずノコギリザメがピンときてなかったようで・・・。そうなると、ノコギリが別物に変わるという面白さも半減なのか、いまいちお気にめさなかったようです。
    ノコギリザメを認識できてるお子様にお勧め、ってとこでしょうか。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノコギリザメはおじいさんになって ノコギリがぼろぼろになっきた。
    若いときは ノコギリも立派だったのが、年でぼろぼろ 何だか かわいそう

    人間も同じ。 おじいさんおばあさんになると ノコギリザメのようにがたがきて 骨もぼろぼろになる おじいさんの悲しみはよく分かります

    お話の中で、「おじいさんのなみだは しずかに ながれていったよ」
    と くりかえされるのです
    なんだか淋しい気がしますが・・・

    このお話のおじいいさんのノコギリザメは、    おばけがのこぎりのかわりに いろんなものを付けてあげて、おもしろい!(子供にもよくわかる)

    おじいさんは 元通り ぼろぼろの ノコギリをつけてもらってやっと安心したのです(よかった!)

    年相応 おばけは、よかれと思い ノコギリを取ったことを謝るのです。なかなか 良いお化けのようですね!(絵が きれいでおもしろい)

    長さんらしい お話に 悲しみと優しさを感じました!

    命あるものは 生まれて死んでいく この自然な営みが 感じられました

    掲載日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴメンネ。笑っちゃった

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ノコギリがボロボロになり泣いているノコギリザメのおじいちゃん。
    ずっとずっと泣いていて・・・かわいそうなお話なんだけど・・・
    ごめんね。
    いっぱい笑っちゃった(笑)
    タコを付けたり、サンゴを付けたり・・・
    「ただのサメでございます」には子供たち大爆笑でした^^

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり元のままがいい!

    年を老いてもやっぱり今のままの自分がいいと素直に思えた私でした。
    ノコギリザメのおじいさんは、ノコギリがボロボロになって泣いてたけれど最後には、元のままがいいと気がついてよかったと思いました。お節介のおばけのお陰でそのことに気がついて幸せだと思いました。
    おばけが、ボロボロになったのこぎりを取ってしまったのですが、その代わりの物をくっつけてみるのが面白くて笑えました。ノコギリザメのおじいさんは、暫くは愚痴を言わないと思います。もう懲りて愚痴は言わないかも知れませんね!ちょっと考えるところがあった私でした。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリアスな話なのに大笑い

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    ぼろぼろになったノコギリザメのノコギリ。
    取り替えてくれると海のお化けがやってきて色んなものに付け替えます。
    でも何をくっつけてみても大切なノコギリに変わるものはありません。

    シリアスな話です。ノコギリが取れておじいさんは泣いてるのです。
    でも申し訳ないけど面白い!!ズボンがくっつく場面では子供たちも大笑いです。
    長ワールドについつい引き込まれました。

    小1の子供は「新しいのに変えてもらえなかったのかなー」といってましたが
    元のノコギリでよかったんだよ。それがこのおじいさんの大切な持ち物なのだからといいました。
    ユーモアの中に大事なメッセージもあるお話です。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しんみりとまったり

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    ノコギリザメが流す涙、「しずかにながれていったよ」のことばに、老いのさみしさを感じつつ、でも、おばけの半ばおせっかいな、いい加減な提案に、フフフと笑ってしまい、いつものように、長さんワールドにはまりました。

    ノコギリザメのオジイサンが、ノコギリをとられて、「ただのサメでございます」と自己紹介。悲しいところなんだけど、笑えてしまう、この連続が快感をうみます。

    最後は、ちゃんと、ノコギリがオジイサンにくっついて、元通り。本当によかったね。 

    掲載日:2007/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長新太さんの発想がすごい!

    ノコギリザメのノコギリがとれてしまい、うみのおばけが、かわりになるものをつぎからつぎへとつけるはなし。
    それが、かわいそうなんだけど、ぷっと吹き出してしまう面白さ。
    脱線して、子供も『○○だったらいいのに』とか言って楽しみました。
    結末も、かわいそうだったけど、めでたしめでたしで良かった!

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 転がる長さん的世界

    長さんの絵本の中でも特にお気に入りの一冊です。

     ノコギリザメのおじいさんは自慢のノコギリがボロボロに なってしまって、困っています。
     そこにうみのおばけがやってきて……。

    起承転結になんて収まり切らない。
    起承転転転……てんてんてん……豊かな転がりが僕の心をわしづかみにしてくれました。

    ページをめくる喜びに目覚める一冊だと思います。

    掲載日:2006/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / アンガスとあひる / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / つんつくせんせいととんがりぼうし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット