ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

町たんけん はたらく人みつけた」 みんなの声

町たんけん はたらく人みつけた 作・絵:秋山 とも子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年04月15日
ISBN:9784834014143
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,978
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 働く人達

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    学校の授業で、町のはたらく人たちを探しに行く子どもたち。
    気をつけて見ると、町ではたらいている人ってたくさんいますよね。
    はたらいている人たちの胸中等、けっこう正直な気持ちが書かれているかなと思いました。はたらくのも楽しいばかりではないですよね。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 社会勉強になります!

    絵探しもできる楽しい絵本です!
    この絵本,町の中で働くたくさんの人々が描かれていて,色々な仕事を知ることができとても良い社会の勉強になる絵本だと思いました。
    イラストも細かく見応えがあります。
    何度も開きたくなる絵本だと思います!

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人に注目

    秋山さんが描かれる、人、はとても好きです。生きている感じがあるし、身近な人とかさねて見ることが出来ます。車社会で、園や学校、塾、と、あまり町を自由に歩くことが怖い時代になってしまいましたが、何でも人がいなければ店も仕事もなりたちません。人に注目してある、というのは面白いです。立ち止まって近所を観察してみてもいいですね。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきていくこと

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     町のこまかい所を見て歩くのが好きな娘でした。自分で見つけ出して「買って」と頼まれた絵本です。町を絵本で見るなんて、わくわくします。改めて地域のみなさんに助けられて、わが家のくらしも成り立っているのだと実感しました。門前仲町でしょうか、懐かしい風景にも一本とられて、絵本の素晴らしさに感謝です。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしさの楽しさと

    1997年の出版だから納得するとともに、まずは不思議さを感じました。
    今ではあまり見かけない人たち、私にしてもずいぶんと昔に見かけた記憶が残るほどの店が様々に描かれていて、懐かしい感じがしたのです。
    今の子どもには少し解説が必要かもしれません。

    そんなことは別にして、とても楽しい本です。
    小学校からクラスで町探検。
    町にはいろいろな家やお店があって、いろいろな人が生活しています。
    表から見える生活、建物の中で行われている生活があります。

    なんだか、探検しながら想像してみると、とても楽しくなってきました。
    こんな視点で町を探検したら、いろいろな発見がありそうです。
    秋山さんの絵にとてもこだわりと緻密さがあって、絵本のなかでも様々な発見があります。
    鳥瞰して見た町を、角度を変えて描いてみたり、子どもの視点から見てみたり…。
    同じ家を鳥瞰図から探してみたり、町に立ったつもりになって左右を見てみたりしていると、なんだか自分も探検しているつもりになりました。
    描ききれないので、広場や門前の出店は個別紹介されています。

    本のなかで、子どもたちは随分と歩いたようです。
    普段は歩く道が決まっている自分ですが、道をかえてみるといろいろな発見がありそうです。
    大人にとっても楽しい絵本でした。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を見ながら会話が弾む絵本

    小学校2・3年生の社会科の授業でやった『町たんけん』楽しかった記憶がよみがえりました。
    画面いっぱいに町の隅々まで描かれていて、その中にいる人々の会話が噴出しになっています。ストーリーとしても楽しめますが、1ページ1ページにその町に住む人の生活があり、歴史があり、絵を見ながらいろんな会話が広がります。
    5歳の娘も十分に楽しめますが、小学校に行って社会科を習ってからの子でも楽しめると思います。長く読める絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい事に挑戦

    娘はまだ五カ月ですがこの絵本に吸いつくように眺めていました。沢山の人が登場し仕事をしているところがメインですが私と娘はひたすら町の観察をしていました。絵本をどう読むかは自由なのだな!と娘に教えてもらった絵本です。ページをめくろうとすると嫌がったのでひたすら同じページを見たりしました。観察することは楽しいなと感じました。娘とはただ散歩していただけですがこの絵本の御蔭で街探検に行ってみようという気持ちが芽生えました。雨の日は外に出られないので部屋の中でこの絵本を使って街探検をするのも楽しいと思いました。人々の会話が噴き出しを使って描かれているので私はそれも楽しんで一人で笑っていました。楽しくてためになる絵本でした。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近所を散歩してみよう

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    実は勉強用なのかもしれないけれど、難しいこと抜きに、町にはいろいろな人が暮らしているんだなあ、知らないことがたくさんあるんだなあ、ちょっと自分も近所を探検してみようかなあ、なんて思えればそれだけで十分楽しい。細かく書き込まれた絵、説明をちょこちょこ見るだけで楽しい。

    掲載日:2006/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町にはたくさんの働く人

    学校の「生活」の授業を一貫という形で、1つの町をいろいろな角度で見せてくれる絵本です。
    掃除をしている人、郵便屋さん、ちり紙交換、引っ越しやさん。大工さんに、電気工事の人。
    こうして改めて見ると、町の中にはたくさんの人が働いているんですね。
    こういう絵本を見ると、今度時間をかけて子供と町探険をしてみたくなりますね。

    掲載日:2003/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット