ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

ふしぎのおうちはドキドキなのだ」 みんなの声

ふしぎのおうちはドキドキなのだ 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年4月
ISBN:9784591033883
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,330
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ドキドキ楽しい絵本!

    主人公のマサヒコはおばあちゃんのおうちが嫌い。。。その理由は?
    ドキドキするモノたち。
    子供らしい目線で描かれた楽しい絵本です。
    こちらの絵本,小学校にもあったらしく小学1年生の娘が学校で読んできました。このくらいの年齢の子供の一人読みにも無理なく楽しく読めると思います。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんは魔女!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ちょっと苦手なおばあちゃんのうちに行く男の子。
    たしかにちょっと苦手というのもわかるドキドキのおうちですねー?
    この子はちょっとこわがりかという気もしますが、人によっては楽しい?とも思います。
    たしかにおばあちゃんは魔女…かも!?

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりますけど、これは・・・

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    武田美穂さん好きなので借りてきました。
    おばあちゃんちがどことなく怖い・・・という小さい子目線のお話です。

    わかります、怖い置物、見透かされているような語り。
    怖いし、居心地悪い。
    でもでも
    これを絵本にして、しかもやっぱり魔女オチ(夢かな?)なので
    読んでいてなんだろうこれ感が抜けませんでした。
    おばあちゃんて怖いもの?
    ちょっと子どもたちのおばあちゃんに悪い気がして
    そう何度も読みたくない絵本かもしれませんね。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 苦手意識は切りがない

    気が小さいって、なんだかソンですね。
    マサヒコくんは、そのうえ想像力たっぷりで、とっても繊細です。
    でも、それっていいことだぞ。
    面白く読みましたが、ちょっとマサヒコくんも可哀想でした。
    寝る前に読んだら、ちょっと怖い本かもしれませんね。

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も怖かった!

    イラストも描き方もマンガちっくです。
    おばあちゃんちにいって、あれが怖い・・これも怖い・・・と
    ドキドキしているお話。

    確かに、めったにいかないおばあちゃんの家って
    見慣れないものがあって、しかも古くて・・・怖いんですよねー
    私は壁にかかっていた遺影。
    夜寝るとき、下から遺影を見上げるのが怖かったこと!
    良く考えるとご先祖さまなんですけどね〜

    マンション暮らしの息子は実家の2Fの寝室から
    1Fのトイレに行くのが非常に怖がります。
    みんな何かしらありますよね。

    なんだかかわいらしく描かれていますが
    みんな共感できるんじゃないでしょうか。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんは魔女!?

    子供が、自分であっという間に読んで「これ、面白いよー」と言っていました。
    コミック風の構成で、とっても面白いですね。
    「ぼくの おばあちゃんは 魔女!?」
    読めば読むほど、魔女疑惑が深まりそうな感じです。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんはすごい人???

    臆病なボクがおばあちゃんの家にいくと、いろんなものが怖くて仕方ない。でも最後はおばあちゃんの優しさにふれて、モジモジしながらも安心していくボク。でもその夜、、、絵の中から生き物が出てきます!

    オチもあって続編がありそうな余韻があるのはすごく良いと思います。

    それに、ちょっと勇気のある子になりそうです。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • モゾモゾします

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    お話の初めからなんだかモゾモゾしました。
    おばあちゃんちに行くのがこわいだなんて、
    絵本らしくない展開にモゾモゾしながら読み進めました。
    読み進めれば進めるほど、
    何が始まるんだ??という怖いもん見たさで
    親子ともども食い入るように絵本を見ました。

    お面や置物って確かおばあちゃんちにあるよなぁとか
    おばあちゃんって思っていることを見破るの上手だよなとか
    点数とかうるさいこと言わないんだよなとか
    すぐ物をあげたがるよなぁとか
    自分のおばあちゃんと重ね合わせては
    だんだんとなんともあたたかい気持ちになっていました。
    「ありがとう」と言えなかった男の子の気持ちも
    痛いほどわかりました。
    必ず次あったら言おうと決意している様子も微笑ましくモゾモゾ感は
    なくなっていました

    エンディングも大好きです。
    息子とともに「えーーーー」と言いました。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母はちょっと・・・

    4歳長女が絵を気に入って借りました。中身を見なかったのですが、家で読んであげようと開くと、マンガのようになっていてビックリ。長女はとっても気に入ったようですが、私は絵本ならではの読み聞かせの方が好きなので、あまり好きではないです。(ごめんなさい)
    でも、長女に何度もリクエストされたので、☆はー1にしました。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • で、どっちなの??

    かわいらしい絵と、ちょっと怖い雰囲気に、息子は熱心に聞いていました。

    怖いおばあちゃんち「あるある」が満載です。
    そうそう、どうして、おばあちゃんちは、変な置物があって暗いんでしょうねぇ〜。

    せっかく、おばあちゃんは魔女じゃないんだよ、と私たちを説得してくれたのに、
    最後に「えっ?で、どっちなの?」という終わり方をします。

    それがまた面白いのかもしれませんね。
    魔女?普通のおばあちゃん?やっぱり魔女??
    息子はちょっと悩んでいましたが、「僕はこう思う」と教えてくれました。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット