すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

キスなんてごめんだよ!」 みんなの声

キスなんてごめんだよ! 作:エマ・チチェスター・クラーク
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784566007604
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,771
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうはいいつつも・・・

    「キスなんてごめんだよ!」と思っている、かわいいおさるさんの
    心の揺れ動きを描いている、とっても愛らしい絵本です。
    おさるさんの世界ではなく、人間の世界にも共通している
    ことなので、とても親近感を持って読むことができました!!
    最後はやっぱりキスをしたくなるおさるさん♪
    その姿がほんとにかわいくて、ぎゅうっと抱きしめたくなりました♪
    ママにも読んでもらいたい1冊です!!

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供じゃないもん

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    森の動物たちがみんなキスしあっているのが気に食わない猿のモモ。「もうキスしないで!」と家族に宣告した後、モモに弟が出来ると・・・?

    赤ちゃん扱いをされることを否定する。もう子供じゃない。立派な「ひと」として見てくれよう。自立心が芽生えた子供の心を素直に描き取ってあります。
    色鮮やかですしいろんな動物が登場する点ウキウキしますが結末が読めてしまうのでやや楽しさに欠けました。

    掲載日:2007/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情いっぱいの本です。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    森の動物達は、キスが大好き。
    みんなみんな、いつだってどこでだって、どんな時も、キスをする。
    おさるのももは、キスが大キライ。
    みんなの前で宣言します。
    「もう キス しないで!」と。
    弟が産まれ、みんなはキスするが、ももはしません。
    子守を頼まれたももは・・・
    泣いている弟を見て、キスをしたくなり、キスをするお話です。
    ももの気持ちの変化。良くわかります。
    ちょっとした、反抗期だったのかな?
    キスをしたくなるほど愛おしかったのかな?
    愛情溢れるいい作品です。

    掲載日:2007/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • これも成長かな

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子8歳

    おサルのモモはキスをされるのもするのも大嫌い。
    でもあちらこちらでキスの嵐。
    もちろんモモの家族まで。
    とうとうモモは宣言までしてしまう。
    「もうキスしないで!」 
    (ちなみに 英語版のタイトルは「No More Kissing!」)
    そんなモモに弟が出来ました...。
    皆がどうしたって泣きやまない赤ちゃんにモモがとった
    行動とは?
    この絵本は家族の愛情でいっぱい溢れています。
    男の子は特にこういうスキンシップが段々と
    大きくなるにつれ恥ずかしくなるんでしょうね。
    小さい頃はたくさん手をつないだり
    頬をすり寄せたりしたのに...。
    モモのお兄さんっぷりがとっても可愛いです。
    イラストもカラフルなんですよ。ちょっとお花の描き方が
    ありきたりっぽい感じがするんですけどね。

    掲載日:2006/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意地を張っているのかな?

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     サルのお兄ちゃんは、キスされるのが大嫌い!赤ちゃんみたいで嫌なようです。そして、弟が生まれみんなが赤ちゃんにキスをするのです。
     そして、泣いているのはキスをされるのが嫌なんだよと言うと、それじゃみててと弟を預けられました。
     どうなだめても泣き止まない弟に、キスをしたお兄ちゃん。あんなに、キスが嫌いなのに、自分のした行動に驚きながらも、愛情の表現を知ったお兄ちゃん。
     なんとも、ほほ笑ましい絵本です。

    掲載日:2003/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / さつまのおいも / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット