なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス」 みんなの声

わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\2,330+税
発行日:1996年
ISBN:9784572003607
評価スコア 3.56
評価ランキング 31,357
みんなの声 総数 8
「わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 難しい題材

    重い内容なんですが子供が読みやすいハッキリとしたイラストに文字数も少ないので読みやすいです。

    ただ、いろいろな内容の要素が含まれているので小学校中学年以上くらいにならないと意味が分かりにくいかもしれません。
    この絵本から話を派生していろいろとお話をしたり伝えたい事がある時に良い絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • むずかしいテーマ

     むずかしいテーマのお話だなと思いました。 
     もともとのマザーグースを知らないので、わかりにくかったです。ホームレスの人たちの新聞にもメッセージが書かれているそうですが、英文のままなので、私は読みとれませんでした。 

      ホームレスの子どもたちを、社会で助けることはできないのでしょうか。
     根本的な解決策が見えないので、読み終わっても重い気持ちのままでした。

     画面からはみでるくらいの迫力で描かれた絵が、印象的でした。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • センダックって難しい

    最近、センダックの本を中心に読んでいますが、絵本の背景にあるもの、マザーグースなどよくわからないことが多くて、『かいじゅうたち』の世界へ」というセンダックの伝記で補って読んでいます。

    息子の方が絵を見る能力があるだろうと思って一緒に読んでみましたが、息子も「わからない」と言うことでした。

    ロディオドライブで、ホームレスの子どもたちを見かけた時にマザーグースとつながったらしいのですが、そういう背景がわかってもやはり難しかったです。

    センダックって難しいなあと思う今日この頃です。

    またじっくり読み返してみます。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    モーリス・センダックがマザーグースの詩を元に描いた絵本です。
    マザーグースって、理解し難いところがあるので、この絵本も取り付きにくく、子供は全く?という感じで、絵だけは面白がっていました。

    最初は全くわからずでしたが、何度か読むうちに彼のメッセージが感じられてきました。
    「子供が劣悪な環境にあってどう生き延びるか」がテーマのようなのですが、ホームレス・貧困に繋がる今日的は問題を鋭く描ききっていると思います。

    子供が読んで楽しむ絵本というより、大人が理解して子供に伝えてあげるそんな絵本だと思います。
    センダックの絵の力量にただ圧倒されてしまう一冊です。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • センダックの底力

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    絵本講座で先生が紹介してくれました。
    30冊近く紹介された中で、もっとも惹かれ、読んでみたいと思った本でした。
    2つのマザーグースの詩を下敷きに描かれたお話ですが、本当のところ、内容は理解しにくいものでした。
    子ども達も、「これなあに?」「どういうこと?」「なんで?」の連続でした。
    でも、絵が圧倒的なのです。
    センダックの絵本は、内容をいちいち頭で咀嚼するのではなく、圧倒的な絵の力で根底にあるものを読み取っていくのが一番良いような気がします。
    本の紹介文によると、「劣悪な環境の中で、どう生き延びるか」がテーマなのだそうです。
    そこまできちんとテーマを読み取ることはできませんでしたが、ページをめくり、絵を見ていくだけで、なにか胸に重くのしかかってくるものがありました。
    とにかく手にとってみて欲しい一冊です。

    掲載日:2007/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むというより、感じる絵本。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    センダックさんの好きなマザーグースの中の二つの唄が彼の中で長く醸され、一つの世界が生み出された。打ち捨てられたホームレスの男の子たちが主人公。エイズ、戦争、オゾンホール…劣悪な環境の中でどう生き延びるか、がテーマ。

    ワタクシたち日本人にとっては、わかりにくい内容で、お話を読んでいるだけでは正直難しく感じました(..;)イラストからは感じるモノはございましたし、子どもたちが、荒んだ環境の中、食べる事も安心して眠る事も出来ないでいる(>_<)今も、世界のどこかでは、こうして生活している子どもたちがいると思うと、胸がつまる作品でございました。

    掲載日:2006/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはりセンダック

    • トビーさん
    • 20代
    • その他の方
    • 兵庫県

    私がこの絵本で気にいっているのは、始めのページにある韻をふんだ歌です。日本語訳のを読んだことがないのでわからないのですが、原書を見た時、すぐさま好きになりました。声にだしてよむと、気持ちがいいです。
    さすが、センダックの作品だと納得がいきますが、この絵本の魅力はやはり絵です。少し大きめのページにセンダックの世界が雄大に広がっています。中でも猫の顔に変わっていく月と、ネズミの悪党が赤いハートと赤いダイヤの服を着ているのが、ある意味少し怖い内容の話を読みやすくしてくれています。マザーグースの絵本は哲学的すぎてわかりにくかったり、暗かったりしますがセンダックが親しみやすくしてくれています。

    掲載日:2003/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力...なぜか頭からはなれない

    • ちかさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子5歳、男の子3歳

     私自身はとても気に入って5つ星ですが、あまり小さい子向きではないでしょう。マザーグースのうたから作られたストーリーはとても不思議な世界!ホームレスも絵本の中では素敵です。文章は少なく絵にボリュームがあり、いろいろ想像する楽しさがあります。うちの場合は5歳の次男が、月が猫にだんだんと変わって...「うそ」のせりふで大笑い。でも7歳はいたるところで、なんで?と聞いてきました。(そういう性格ですが...)こんな絵本もあるんだ!と私が感動してしまった1冊です。絵が多いだけにちょっと?高めの2400円です。

    掲載日:2003/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット