語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!

みみずのオッサン」 みんなの声

みみずのオッサン 作・絵:長 新太
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784494009442
評価スコア 4.28
評価ランキング 14,036
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • みみずのオッサンありがとう

    ラストのおつきさまの笑顔と、みみずのオッサンが、土の中にもぐってゆく
    静かな夜の絵がとても、平和に満ちていてうっとりします。
    街が、ペンキの工場の爆発で大変ことになりました。
    それから、絵の具とクレヨンの工場も爆発して、大混乱になりました。
    長新太さんののんびりしたきれいな絵なので悲壮感はないものの
    これはやっぱり大参事です。
    そこでみみずのオッサンが、登場。
    ああ、この展開すごいです。大地がすっかりきれいになりました。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっさんの大活躍

    長新太ワールドを久しぶりに読みました。表紙の絵から、直ぐにインパクトのある絵が長新太だとわかるところがやっぱり凄い迫力に圧倒されてる私でした。みみずに「おっさん」と名前をつけたのも「えっ なに・・・ なに・・・」と最後までの展開に奥深く考えさせられました。地道なおっさんの大活躍に感動です。夫々に役割があって、どんな役割でもいいんだと学びました。なんだか、ほっとしました。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ページをめくる度新鮮な気持ちに

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    タイトルから笑ってしまうような、子どもたちは読む前からわくわくしてました。
    みみずが散歩してたら何かが空から・・・
    私、その形から、象の足かと勝手に想像しながらページをめくると、まさかのペンキ工場爆発。
    色に埋もれながら、それを汚いではなく綺麗だという男女。
    それをみみずさんが食べるという展開。排出する行為。
    そこからまた緑が生まれる。生命が誕生する。

    ページをめくる度、想像もしないような展開に、すごい新鮮さを感じました。
    他の方のレビューに読んでスッキリとありましたが、まさにそんな感じ。

    そのままでいいんだよ。
    みみずにも役割があるということ。

    一人一人、役割を持った大切な存在であること、ふと考えました。
    わくわくしながら読み始め、いつの間にか真剣に入り込んでしまっていました。

    ぜひぜひおすすめしたい絵本です。

    掲載日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が派手ー

    さすが長さんの絵本。長さんらしい世界が広がっていました。

    ペンキ工場が爆発、クレヨン工場と絵の具工場も爆発しちゃって、オッサンがそれを食べると・・・。このオッサンすごいです。次女はとっても楽しそうに聞いていました。興奮さえしていましたが(笑)私は絵が派手で目がチカチカしてしまったので、☆4つにしました。

    掲載日:2016/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • オッサンは偉大なのだ

    誉められているのかけなされているのか、パワフルで地道なみみずのオッサンの活躍に気持ちがすっきりしました。
    ベトベト感ベタベタ感は、オッサンの象徴的イメージかも知れないけれど、オッサンみみずのはひたすら世のため人のため、生活を苦しめる怪しげな色のペンキや絵の具やクレヨンを、浄化して綺麗な土に変え続けます。
    みみずはみみずだから、恐竜にならなくても良いとうのは、ちょっと悲しいけれど、オッサンの私はみみずのオッサンを応援し続けたいと思います。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「オッサン」 と言う名前のみみず   はじまりから 興味津々 何が始まるのか 予測不能ですが
    たいへんだ たいへんだ ペンキ工場が爆発
    ここからは 長新太ワールド 
    お母さんと お父さんが つぶされて倒れているんだけれど・・・・「でもきれいないろね」 余裕があるんです  ここは笑えますね

    すべてのものが カラフルで 色の世界に
    ここで活躍するのが みみずのオッサン  食べてくれたおかげでみんなが救われるのですよ!  そして 最高にすばらしいのは食べたものがきれいな泥に変わるところ  ここがすごくスキ!

    そして ラストのお月様のことば「みみずのオッサンはそのままでいいよ」
    なんだかホッとしました

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっさんが食べちゃった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    うちの兄弟の中で,少し前に「おっさん」という言葉がなぜか流行ってたので,この題名は2人のツボだったみたいです.

    ペンキ工場が爆発するというまさかの事態に,みみずのおっさんの取った行動もびっくりするものでした.
    食べ物がペンキまみれになってる絵を見ておもしろがっている息子でした.
    息子達には単純に面白いお話だったようですが,長さんのメッセージがこめられている考えさせられるお話でした.

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強烈なくらいに、長新太さんワールドが広がっていました。
    ショッキングピンクがメインカラーで、青・緑・黄色と、色使いもインパクトが大きかったです。
    お話も、絵の具やペンキなど、色がテーマのようですね。
    手描きの文章も、味がありました。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に楽しんでました^^

    某有名人が褒めていたので、読んでみたいと図書館に行ったけどなかなか借りられず・・・こちらで購入。
    自分用に買ったのですが、鮮やかなピンクの表紙と意外に擬音が多かったからか、1歳の娘が喜びました。
    「オッサンー」と言っては持ってきます。

    内容は1歳児には難しく、理解している風ではありませんが擬音を一緒に繰り返しながら読んでいます。

    「奥が深い」という評価だったのですが、みみずのすごさにちょっとびっくり。最後のおつきさまの一言に「なるほど」という感じでした。

    掲載日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • オッサンって

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    「みみずのオッサン」まずタイトルで爆笑の息子。
    なんじゃこりゃです。話も色もインパクト大ですが、その「みみずのオッサン」に、なによりはまったようす。
    展開もなんじゃこりゃで、わけわからんおもしろさです。
    いろんな意味のとらえかたがあるのかもしれませんが、わたしはただただみみずのオッサンのでくわすことと、やらかすことを親子でひたすら楽しむことをオススメします。

    掲載日:2012/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット