くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

ちいさなうさこちゃん」 みんなの声

ちいさなうさこちゃん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000269
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,867
みんなの声 総数 127
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

127件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 案外知らずにいたうさこちゃんの魅力

    子どもたちが赤ちゃんの頃に必ず読んだ絵本ですが、身近にありすぎて、そのスゴさを案外知らなかったかもしれません。ある雑誌で「うさこちゃんシリーズ」の特集を読み、その奥深さに感激しました。
    ブルーナーカラーと呼ばれる赤、白、緑、黄のはっきりした色使い、くっきりとした黒い輪郭、常に正面を向いている顔、安定した構図は、すべて赤ちゃんに適した絵であると様々な研究が明らかにしているそうです。
    また、世界中の子どもたちに愛されている「うさこちゃんシリーズ」ですが、最も多く愛読している国は、生誕の地オランダではなく、日本なのだとか。
    そんなことも知って、ますますうさこちゃんが好きになりました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • シンプルイズベスト

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     日本に紹介されてから50年が過ぎたうさこちゃんシリーズの第一作…

     16センチ四方の造本、登場人物の顔が
    いつも正面を向いていること、赤、青、黄、緑…
    それに黒の縁どりだけですべての場面を表現しきっていること…
    そのどれもが幼い読者が手に取り易く、
    イメージしやすくするための工夫なのだった…

     このロングセラーは幼い子にとっては
    本とおもちゃの属性を兼ね備えた一冊だと思う

     訳文は部分的に助詞が省略されていたり 
    言い回しが古風なところもあるので、気になるのなら
    読み聞かせをするときは会話を取り入れて楽しく読みたい…

     固い表紙のため、幼児が手にとって頭にぶつけると痛い…
    という感想もあるようだが、それはまた別な話…

    掲載日:2014/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさこちゃんの赤ちゃん時代

    0歳のころいただいていたのですが、
    3歳になりたての最近に、よく「読んで」と持ってくるようになりました。

    これはうさこちゃんが生まれる話。
    シンプルなストーリーと削ぎ落とされた絵。
    とってもあたたかいです。
    天使もでできます。 
    うさこちゃんは赤ちゃんでも、普通のうさこちゃんにしか見えなかったです。

    息子は最近ミッフィーが好きなようで、喜んで読んでいました。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誕生の喜び

    うさこちゃんシリーズのはじまりの本。
    うさこちゃんは天使のお告げでやってきたんですね。

    三ヶ月の娘に、うさこちゃんが誕生し、色んな動物がお祝いにきてくれるうれしいお話を読んだあと、はぴなちゃんもママのところにきてくれてありがとう(≧∇≦)と娘を抱きしめるのが、大好きです。

    うさこちゃんシリーズのように娘にも色んな体験をさせてあげたいと思えるはじまりの一冊です。
    娘はビビッドな色づかいの本をじっと見ています

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • きっと明日も読まされる(笑)

    届いたその日から「うさこちゃん」と言って持ってくるくらいだから、保育園で読んでもらっているのかな。

    天使が出てくる場面が大好きで「ここだけ」と同じページを読んでいます・・・毎日。

    はっきりした色づかいも、リズムがある文章もこどもにとっては魅力的な一冊だと思います。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい本なんでしょうが、名前が…

    息子が生まれたときにお下がりでいただきました。
    息子は大好きで、ふわふわさんがお花に水をあげる絵がかわいい♪ウシの顔が面白い♪といっています。

    第2子を妊娠したときに、ちょうど女の子だったこともあり、息子にこの本を使って説明しました。息子はとてもすんなり理解できたし、楽しみにしてくれたようです。こんな使い方もおすすめです。

    とってもいい本なんだろうと思うのですが、私はどうも読みにくく感じています。その理由は、名前がふわふわさんとふわおくさんって所。
    何度も息子に「だからっ、ふわふわさんだよ」と説明するのが疲れてしまいます。(うさこちゃんが生まれちゃっていればおとうさん、おかあさんで済むのでしょうが)
    そこだけ、ちょっと残念です。

    掲載日:2011/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさこちゃん誕生

    うさこちゃん絵本のうち、うさこちゃんが誕生する巻です。
    話の内容は、天使さまが現れて誕生するところまでと、おめでとうといろんな動物がおめでとうを言いにやってくるところがほとんどなのですが、描かれていない、うさこちゃんが生まれて、パパとママがどんなに愛しているかが、なぜか感じられる気がします。
    うさこちゃんのパパとママが、ふわふわさんとふわおくさんという名前というのを始めて知りました。
    娘はじっと見ているだけですが、シンプルな内容と絵柄であるので、読んでいる大人が娘が生まれた前後を思い出し感動します。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと文章が長いかな?

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    次々ページをめくりたがる1歳頃の娘には、
    1ページ当たりの文字数のもっと少ない、
    言葉のリズムの良い絵本のほうが好評でした。

    親の私にとっても、
    少しだけ、読み聞かせしやすくはない印象です。

    とはいえ、ウサギ大好き・ミッフィー大好き親子なので、
    よく手に取ってしまう魅力的な絵本です。
    可愛いイラストだけでも十分に楽しめます。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • やはり名作ですね

    絵本クラブ対象

    うさこちゃんはキャラクターっぽくてあまり好きではなかったんです。
    だから絵本クラブに入会していなければ購入することはなかったと思います。
    ところが届いてから、いざ息子に読み聞かせをはじめると、まずは色使いのきれいさに惹かれ、読みすすめるうちに文章のながれるような美しさに惹かれ、私自身すっかり大好きな絵本になってしまいました。
    訳は先日お亡くなりになった石井桃子さんですよね。やっぱり名訳だと思います。読んでいてリズム感があり、言葉も美しく本当に素敵です。
    キャラクターっぽいと敬遠していたはずのうさこちゃんも、色のきれいさと美しい文章、そして家族の愛情が感じられるあたたかいストーリーで大好きになりました。
    もちろん息子も喜んでみています。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  •  世の中には有名なウサギがたんといます。
     『不思議な国のアリス』に出てくる白うさぎやビアトリクス・ポターの児童書に登場するピーターラビットなどは中でも有名。
     彼らに負けないくらい有名なのが、もしかしたらディック・ブルーナのこの絵本に出てくる
     「ちいさいうさこちゃん」かもしれません。
     このうさぎの絵がついたお弁当箱やお道具入れを持っていた子どもたちもたくさんいたのではないでしょうか。

     この絵本を描いたディック・ブルーナさんが2017年2月17日に亡くなられました。
     89歳でした。
     ブルーナさんはオランダのデザイナーで絵本作家です。
     もちろんオランダだけでなく世界中の子どもたちに愛された絵本作家ですが、日本でもブルーナさんが描いたうさこちゃんやミッフイーは知らない人がいないのではないでしょうか。
     ブルーナさんの絵の素晴らしさはなんといってもぱっと目をひく色です。
     これは「ブルーナカラー」と呼ばれているそうで、赤や黄色、緑、青といった色が鮮やかに使われています。
     それと造形の線。うさこちゃんを見ればわかるように、とてもシンプルだけど、強い線といえると思います。
     この色と線が、赤ちゃんからも愛される魅力ではないでしょうか。

     この絵本の奧付を読むと、1964年6月発行とあります。そして、2010年に改版されています。
     つまりこの絵本が日本で刊行されてから半世紀以上経ちます。
     それでも今も読み継がれているのですから、すごいというしかありません。
     そして、ブルーナさんにこう言いたい。
     ありがとう、ブルーナさん。

    掲載日:2017/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

127件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(127人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット