だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ますだくんとはじめてのせきがえ」 みんなの声

ますだくんとはじめてのせきがえ 作・絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784591051795
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,264
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ホントの友達

    このお話は、親切にしているつもりがいつも意地悪をしているように見えてしまうますだくんとそのますだくんに気にかけてもらっているちょっと引っ込み思案の女の子のお話でした。初めてのクラスの席替えで二人の仲話悪くなってしまうのですが、雨降って地固まるで最後には前よりも分かり合える存在に。私的にこのますだくん、この女の子の事が好きなんだと思います(笑)

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじわるだし強引だし、きっと、みほちゃんはすごく嫌なんだろうけど、ますだくんが、みほちゃんを好きな気持ちが、すごく伝わってきます(笑)

    もう、ますだくんのとてつもなく子供っぽい(子供だけど…)ところが、たまらないです(笑)

    今は、泣いちゃう みほちゃんですが、きっとそのうち、ますだくんの魅力に気づくだろうなって思います。だって、ますだくんカッコイイ!

    私にとっては、微笑ましい光景ですが、娘には日常。普段の娘の話と重なる部分が多々ありました。
    娘は、さいごの席替えのシーンに、大うけしてました♪

    掲載日:2014/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長できたね、みほちゃん

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    「となりのせきのますだくん」のシリーズ。
    みほちゃんはあいかわらずますだくんにいじめられて困っているようです。でも、大人から見たら、いじめられているというよりは「好きだから、ちょっかいをかけられている」というようなもの。

    ますだくん、運動も勉強もできて、好き嫌いもない、けっこう優等生。その上、自分の意見もはっきり言える。
    みほちゃんのおかあさんはますだくんをいい友達だと思っているようですが、私から見ても、いい子だなと思います。

    うちの息子も、ますだくんは「意地悪な子」だと思っていなくて、みほちゃんがますだくんを悪く言うと、「違うよ」と訂正します。

    でも、子どもの頃ってみほちゃんのような見方をしてしまうのも無理もないかも知れません。子どもだとすごく感じ方が違ってくるのかな、と思ったりもしました。
    最後にはみほちゃんは、自分の意見も言えて、ますだくんにも「ごめんね」って言えて、ひとつ成長できたかな。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 席替え

    4月に入学してから、なんと既に3回もの席替えを経験している我が子。
    なぜ多いのかは、わかりませんが・・・

    「席替え」がテーマになっているこの絵本を本棚に入れておいたら、子供が自分で手にしていました。
    漫画なので、初めは少し読みづらそうでしたが、すぐに慣れていました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張ったね!!

    「ますだくん」シリーズの中の1冊です。

    このシリーズは、1年生の息子が共感できるのか、よく読んでいます。
    堅苦しくなく、漫画チックな所も、読みやすいようです。

    今回は、初めての席替え。
    「自分の気持ちをしっかりと伝える」が、テーマ。

    みほちゃん、頑張ったね!!

    自分の気持ちを上手く伝えられない子供たちの「きっかけ」となる本になったらいいですね。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校生活の1コマ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    小学生の頃の
    なんでもないような日常が
    甦ってきますね

    「席替え」大イベントでした(^^ゞ
    でも、いつも思い通りにはいかず・・・(/_;)
    の思い出です

    席替えのことだけじゃなくて
    大切なこと
    「自分の意見をしっかり伝える」ことを
    教えてくれます
    ますだくんは、直接過ぎるけど
    先生より、気付き、みほちゃんを
    思っているように思います

    いいなぁ〜、小学生♪

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間模様がみどころ

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    うちも同じ1年生なので、子供たちの発言、先生の発言に本人も興味津々。
    シリーズ本がたくさんあるようですが、これがうちでは初めてのますだくんです。
    おもしろおかしいお話かと思いきや、しっかりテーマがあって、よかったと思います。「自分の気持ちをはっきり伝える」というのは、常日頃から伝えていることだっただけに、素敵なエピソード付きで後押ししてくれて本当によかったです。
    でも次は自分で読んでもらおうと思います。漫画は読みきかせるの、とってもむずかしい。面白さが半減してしまう気がしました。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の気持ちを伝えるということ

    息子も私も大好きな「ますだくんシリーズ」。

    今回の「はじめてのせきがえ」では弱虫のみほちゃんが一つ、ハードルを越えます。
    友達に自分の気持ちを伝えるというハードル。
    みほちゃんにとってはとっても高いハードルだったけれど、勇気をもって乗り越えます。

    みほちゃんの心の動き、ますだくんをはじめとする周りの友達の様子がよく描かれていて、とても共感のもてる内容でした。

    ちょっとずつ強くなっていくみほちゃんを見て勇気を持てる子も多いのでは?

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 熱血漢

    四月から一年生の息子。「ますだくんのランドセル」を読んでから、ますだくんシリーズのファンになって続けて読んでいます。

    みほちゃんを頼りないと思っているますだくんは、何かとみほちゃんの世話をやくのですが、それをみほちゃんは、いじわるだと思っています。

    ますだくんの親切、ストレートすぎて通じにくいみたいです。

    みほちゃんはますだくんのことお友だちって思っていないみたいですが、みほちゃんが一番言いたいことを言える相手ってますだくんなのです。

    みほちゃん自身がそのことに気付いていないところが、読者から見ると微笑ましいです。

    今回は、みほちゃんの優柔不断ぶりが見られます。でも、女の子の友だちも大切にしたいっていう気持ちはよくわかります。

    みほちゃんへしの仕返しに、みほちゃんのきらいなニンジンとグリーンピースを入れてしまう、ますだくんが笑えました。

    男の子と女の子だからこうなるのかな?

    一年生の教室ってこんなのかな?と、息子はまだ経験していない一年生の様子をこの絵本を見て、垣間見ているようです。

    ますだくんって、今時珍しい熱血漢って感じが私は好きです。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ますだくん大好き!!

    もともと『となりのせきのますだくん』が大好きでした(≧艸≦*)
    『ますだくん』にシリーズがあったなんてビックリ☆
    図書館で見つけて思わず、手にとって読んじゃいました(e^□^e)

    ますだくんはみほちゃんと仲良しになりたいのに、不器用だから
    ちょっと意地悪になっちゃいます。
    みほちゃんも、ますだくんの本当の気持ちが分からないから
    ますだくんが苦手です…

    でも、みほちゃんもますだくんのおかげで自分の意見を言えるようになったときは、親の気持ちになったみたいに
    みほちゃんに対して「よく言えたね!!頑張ったね!!」って
    そんな気持ちになって自分まで誇らしげになっちゃいます笑

    人前で自分の意見がなかなか言えない子供に対して
    勇気を与えてくれるそんな絵本だと思いましたd(ゝc_・。)♪

    掲載日:2008/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット