あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

うたいましょう おどりましょう」 みんなの声

うたいましょう おどりましょう 作・絵:ベラ.B.ウィリアムズ
訳:佐野 洋子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784251005267
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,786
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもたちの演奏に合わせて

    『かあさんのいす』を読んで感動したので、その続編も読んでみたいと思っていました。2作目よりも3作目のこちらを先に読みました。
    こどもたちにもそれぞれに生活があり、必要なものがあり、そのためにどうしたらよいか、などいろいろと考えさせられる内容です。
    7歳の娘にはどれほど内容を理解できたかは分かりませんが、美しく存在感のある絵に見入っていました。
    特にパーティで子どもたちの演奏に合わせて大勢の人たちが踊るシーンは圧巻で、しばらく見とれてしまいました。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ3作目

    シリーズ1作目から順番に読んできたので、完結したときには感慨深いものがありました。
    今回は、おばあちゃんに注目しています。
    家族が病気になると、心が暗くなりがちですよね。
    そんなときこそ、音楽!
    自分でお金を稼ぐという、自立した姿もありましたね。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き生きとした絵

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    表紙の演奏してる絵と、うたいましょう おどりましょう という少し楽しそうなタイトルで、子どもが選んで読みました。
    絵が鮮やかできれいでした。
    お話は、楽しいだけのお話ではありませんでした。
    おばあさんが病気でさみしい。その上、おばあさんのお世話をしているから、お母さんのいすもからっぽ、お金がいっぱい入っていたビンもからっぽ。
    でもそれを、あーあ、とさみしがるだけでなくて、なんとかしようと考えて実行するところがこの女の子のいいところです。
    しかも、自分の好きな音楽を仲間と演奏して、おこずかいを得るなんてうらやましいほどです。
    絵が生き生きとしていて、読みごたえがあります。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しさと温かい読後感

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    1作目の「かあさんのいす」と同じように、赤いバラ模様の地に、
    描かれた表紙。とても明るい色を使ってあるのに、どこか寂しさが
    漂います。中を見て、納得。かあさんのいすがからっぽなのです。

    何が起きたんだ、と読んでいく内に、あっと言う間に物語の中に引き込まれて
    いきました。からっぽのいす、からっぽの瓶。お母さんのために、わたしの為に、
    お金を貯めてきて、今度はおばあちゃんの為に、瓶を満たす番です。

    考えついて、練習を重ね、わたしたちが結成したオーク・ストリート・バンド。
    音楽は人を元気にさせてくれますよね。ついつい体が動き出し、踊り出したく
    なるような、そんな演奏をした4人に拍手!きっとおばあちゃんも良くなる、
    そんな温かい気持ちが残りました。

    3部作、どれも素敵なお話でしたが、順に読んでもらったら、
    より瓶の重要性や、何故バンドなのかがわかって楽しめると思います。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上手に演奏できた

    おばあちゃんが病気のお話ですが、とてもあたたかい気持になります。ローザの友達もまわりの大人たちも、みんなやさしいです。

    ローザたちは、パーティで上手に演奏できてよかったですね。いろいろな年代の人たちが楽しそうに踊っている場面は、見ているだけで明るい気持になります。
    楽しいパーティで、おばあちゃんの病気はよくなったのでしょうか。少しでも元気になってほしいなと思います。

    ローザのおかあさんはタフだな、と思っていたのですが、レオラのおかあさんもたくましいです。私も、元気で力強い母親でいたいです。

    絵がとても明るく生き生きしています。細かいところまで見ごたえがあります。

    掲載日:2007/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハーモニー

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    「かあさんのいす」の続編的なお話です。

    大好きなおばあちゃんが病気でベットに寝てばかりになって
    病気のせいでお金もかかってお金を入れておく瓶は空っぽになってしまったのですが・・・

    長女は「楽しいのと悲しいのが一緒になった絵本」と言いました。
    本当にその通りだと思います。

    絵が美しいからなおさら悲しく感じるのかもしれません。
    ぜひご覧になってください。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんのために

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    『MusicMusic for Everyone』が原題ですが、
    表紙のバンドの光景を見ると、『うたいましょう おどりましょう』の訳出に
    感服してしまいます。
    あいかわらずびん貯金をしているわたし・かあさん・おばあちゃんの一家。
    どうやらおばあちゃんが病気で、びん貯金も寂しくなっているようです。
    そんな中、わたしがお友達に協力してもらって考え付いたのが、
    バンド演奏。
    音楽の持つ、場を楽しくさせる力を改めて感じます。
    もちろん、さりげなくそんな場を演出してくれた
    ご近所の皆さんの姿も見逃せませんね。
    ラストの充実した様子に、拍手したくなりました。

    掲載日:2007/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の力でお金を得る大切さ

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    『かあさんのいす』の続編です。『かあさんのいす』に比べ、見開きとも字になっているページが多く、我が家の年長と年中の子供たちにはちょっと荷が重かったようですが、最後まで聞いていました。このシリーズのテーマの1つは「お金」だと思います。今回、主人公の少女と友人たちは、お金を貯めるためにバンドを作り、一所懸命練習して見事、初ステージ(友達のお母さんのパーティーですが)をこなします。最後に、もらったお金をちゃんと4人全員でわけるところに喜びがひしひしと伝わってきます。お金をもらうって大変なことだけど、自分たちでできることが必ずあるものですね。ただ、ここで演奏している音楽がどんな音楽なのか、とても気になります。おばあちゃんが子供のころ村で演奏していた音楽で、みんなが踊りだすような音楽、アコーディオンとヴァイオリンとフルートと太鼓でできる音楽……。ジプシー音楽?アイルランド音楽かな?

    掲載日:2007/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公のたくましさ、絵の美しさを味わう!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子7歳、女の子3歳

    おすすめの本のコーナーから、次女が取って借りてきました。内容的には、まだ次女には難しいのですが、美しい絵に魅了されたのでしょう。結局、家で聞いていたのは、長女の方でした。

    1作目の「かあさんのいす」を読み、2作目を読まずに3作目のこれを読みましたが、ぜひ2作目も読んでみたくなりました。

    おばあちゃんが病気になり、あのかあさんのいすも、お金を入れるびんもからっぽです。まるで、わたしの心の中みたいに・・・。
    わたしは、いいことを思いつきます。友達4人でバンドを組み演奏してお金をもらうことです。
    4人は一生懸命練習して、いよいよパーティに招かれて演奏することになりますが・・・?

    主人公の少女のたくましい生き方に共感を覚えます。
    いつもながら、絵の美しさにうっとりします。
    佐野洋子さんの名訳がいいですよ!
    少し大きい子(小学生くらい)向けの、しっとりとした絵本です。

    掲載日:2003/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変化のある色合いが良い

    わたしのおばあちゃんが病気です。病気の治療にはお金がかかります。
    誕生日に買ったアコーディオンでともだちと楽団をつくり、演奏します。
    4人の子が演奏するが音楽明りがみんなを明るく楽しくします。
    そして、お金をもらいます・・・。

    登場人物の表情がよくあらわれています。
    娘は、4人の子が演奏している表紙の絵に興味を持っていました。
    絵が場面場面によって変化のある色合いで描かれているのが良いと思いました。
    このお話は3部作構成になっており、1作目『かあさんのいす』、2作目『ほんとにほんとにほしいもの』、で3作目が『うたいましょう おどりましょう』です。しかし、3部作とは知らずに前2作を読まないで3作目を読みました。前2作も読んでみたい思いました。

    掲載日:2003/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット