ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

たのしいふゆごもり」 みんなの声

たのしいふゆごもり 作:片山 令子
絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年10月25日
ISBN:9784834007497
評価スコア 4.81
評価ランキング 234
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 待って!

    字のないページを、うっかりさっとめくってしまうと息子からストップがかかりました。
    「こぐまちゃん、こっちみとるねー、なにみとるんかねー、なんでこっちみとるんかねー」
    しばらくあーだこーだと話し合い、
    「もう冬眠するからたくさん外を見たかったのかもしれないね」
    と言うことでやっと納得した様子でした。
    1ページをこんなに丁寧に見るなんて、一人ではなかったことでした。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふゆごもりのしたく

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ふゆごもりのしたくをするおかあさんぐまとこぐまの親子。
    ほかの動物たちと遊んでいるだけにも見えたけど、こぐまの集めたものもしっかりとお役に立っているようでよかったね。
    しっかりとこぐまの要望も叶っています、さすがおかあさん。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんぐまの愛に包まれているような

    冬ごもり前の時期にちょうどいいかなと思い読んでみました。

    子どもちがよく反応していたのは、魚とりの場面、お母さんぐまが魚をとる様子はとても迫力があります。

    小さなくまは冬ごもり前の収穫の戦力にはならないけれど、とても楽しそうに収穫している様子が伝わってきます。

    おかあさんぐまとこぐまのやりとりがとてもほほえましく、おかあさんぐまの優しい愛に包まれているような温かい気持ちになりました。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋から冬にかけておすすめ

    • 洋梨さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子12歳

    寒くなったらぜひ読んでほしい、心温まる一冊です。

    慌ただしい毎日を送っていますが
    この絵本を読んでいると、少し立ち止まって
    ゆっくり子どもと向き合おう、と思わせてくれます。

    北海道在住なので、冬は本当に大変だし、億劫なんです。
    車のタイヤ交換しなくちゃ、外の水道の水落とししなくちゃ、
    庭の冬囲いしなくちゃ、雪かきしなくちゃ、と、
    自転車を手入れしてしまわなくっちゃ、と
    冬にかけてやることが山積み!

    そんなネガティブな気持ちを吹き飛ばしてくれます。

    私も、このお母さんの優しさに包まれて嬉しくなります。
    大人になっても楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠の前に

    クマのお母さんは、冬眠の準備で大忙しですね。
    たくさんの食料からは、豊かな自然の恵みを感じられます。
    もちろん、こぐまも感謝の気持ちで食べていましたね。

    ところで、ストーブの煙突に顔がありますよね!?
    なんだか、気になって仕方ないのです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情たっぷり

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    片山令子さんの言葉、文章ってとってもあたたかくて、やさしくて、愛らしいなぁ〜!と思いました。
    そしてそのお話にぴったりの、心がぽかぽかしてくるかのような、片山健さんのイラストがとっても素敵!色使いが素晴らしい
    一生懸命お手伝いしながらも、いろいろ興味をもってあそぶこぐまがかわいい!
    お母さんの愛情と、お母さんの愛情に安心しきっているこぐまの姿が、幸せな気持ちにさせてくれます。
    冬休みや大みそかの夜などに、この絵本をよんで、のんびり過ごすのも素敵かもしれません。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母反省・・・

    このお話はくまの親子がふゆごもりの準備をするお話です。

    楽しそうに準備をする親子、あまり準備になっていないこぐまにお母さんぐまはイライラすることなく、広い心で接してるとこがとても心に残りました。子供たちは「もうすぐくまの冬眠なんやね」なんて話していましたが、私はこんなお母さんになりたいなーと狭い心でいつも怒ってる自分を反省していました。絵本からは学ぶことが本当にいっぱいですね。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましくやさしい素敵なお母さん

    おかあさんくまとこぐまが、親子で仲良くふゆごもりするおはなし。このおかあさんが、たくましく、やさしく、それでいて力が抜けているのがいいです。
    こぐまがたべられないきのみを拾っても、つんだわたをまっくろにしても怒ることなく、それらをきちんとつかってぬいぐるみをつくってあげるんです。本当に素敵。おまけに「こんやはずーっとおきててもいいよ」だなんて、子供たちはこのこぐまを本当にうらやましく思ったのではないでしょうか。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 準備する楽しさ

    イベントはその当日だけでなく
    準備する楽しさがあります。
    親子で一緒に実をひろったり、はちみつをとったり
    子供も自分のできることをして
    (でも、あまりうまくいかないけど)
    お母さんは怒ったりイライラしませんし
    二人でこの日を楽しもうとしているのがよかったです。

    文章も素敵ですがあの外に出て雪が降っている絵が
    はっとしました。
    楽しい冬籠りって題名もいいですね。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠 くまは冬眠して寒い冬を過ごし春を待つ様子がよく分かる絵本です
    秋から 雪が降る冬
     
    くまのお母さんはこぐまに いろんな事を教えている 母親とはこのくまさんのお母さんのような人のことを言うのだな〜と思いました

    木の実 蜂蜜 魚の取り方、暖炉で魚を焼いている絵はとってもいい!
    お話のリズムも 擬音が効果的で読んでいて楽しいです

    片山 健さんの絵は ほのぼのと温かくて 優しくてお母さんの優しさがいっぱい 詰まっているように思えました
    雪の絵もステキデス!

    お母さんのこぐまへの愛情が感じられ   冬眠てこうしてするんだよと教えているのがいいですね!

     こうして寒い冬を過ごすんだよというのが よく分かりました。

    たのしいふゆごもり こぐまは お母さんに ぬいぐるみも作ってもらって 最高にステキな冬眠をしたのでしょうね!
    冬の 寒いときに読んであげたい絵本ですね!

    掲載日:2011/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット