しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ともだち」 みんなの声

ともだち 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:谷川 俊太郎
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1976年
ISBN:9784572002266
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいことばかりじゃない

    次男が誕生したころ、このシリーズの「あかちゃん」を買いました。一歳半になった次男は、この絵をみて、楽しんでいます。それで、このシリーズをかいたしています。シンプルな絵とことば。しかも図鑑ではなく動いている感じがするバーニンガムの絵がすばらしい。

    いいことばかりじゃなくて、つらいこともあるけど、乗り越えて生きていくんだな、という感じが伝わってきます。バーニンガムはうわべだけでなく本質を描く人です。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達というもの

    「ともだち」って何?ということが、わかりやすく書かれていたと思います。
    楽しく遊ぶときもあるし、ケンカをするときもある。
    でも、やっぱり仲良しなんですよね。
    短い文章ながら、とても的確な言葉で伝わりやすかったです。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1対1の関係がいい

    息子が自分で図書館で選んできました。

    何気ない遊びの様子のなかに、子供らしい、1対1でしっかり向き合っているともだちが描かれています。

    息子が誰かともだちを想定していたのかは分かりませんが、何度も読まされました。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なともだち

    0歳の娘には まだ早かったかも。
    友達が何なのか、まだ理解ができないから。

    でも、大切な友達の存在を 気付かせるには、良い作品かも。
    もう少し お姉さんになったら、
    もう一度 読んであげようかな。

    文章は やわらかい。
    でも、そこに含まれたコトバの意味は 深い気がする。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちって・・・

    ジョン・バーニンガムさんの優しいタッチの絵が
    好きでシリーズで他のも持っています。
    この絵本は、そうだよねって
    共感できる内容で私が個人的に好きです。
    子供達にも読みますがなんとなく聞いて見ている
    って感じです。
    文字は少なくて見やすいです。
    なんとなくでもともだちっていいなってわかってくれると
    いいなと思って読んでます。
    文字は少ないですが大人やもう少し大きいこの方が
    内容がわかるかな。と思います。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子でも読めるお友達絵本

    大好きなバーニンガムの絵本だったので借りてきました。
    6歳の息子には自分で読めちゃうくらいすごk簡単な・簡潔なお話。
    なので、年少さんくらいのお子さんでも十分楽しめる絵本だと思います。

    お友達との関係などを描いている絵本で、
    私の大好きな1冊に『きみなんかだいきらいさ』
    があるのですが、内容的にはそれにも似ているかなあ。

    喧嘩しちゃったときの気持ちがすごくシンプルに書かれているのに共感できちゃうんです^^;

    言葉は少ないので、その分行間と挿絵から人間関係を学べると思います。

    なので息子も短いわりに、とっても気にっています♪

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 以前”ゆき”という同作者と同訳者による絵本を読みました。とても素晴らしかったのでこの絵本も嬉しくなって選びました。ほのぼのとした作者の絵はますます私を虜にしました。友達っていいもんだなと思える絵本でした。とてもページは少ないのですがそれでもいかに主人公が友達の事を誇りに思って大切にしているかが伝わってくる絵本でした。肩に手を回す場面が一番好きです。誇らしげで嬉しげで少し照れたような二人がいいです。娘にもこんな友達を持って欲しいなという思いでいっぱいになりました。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな絵本

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    お友達について描かれた絵本です。
    文章はほんの少し簡潔なものなので小さなお子さんでも
    飽きることなく読み終えることができます。

    絵もシンプル、だけれど完成された絵です。

    絵本入門編としてシリーズいかがでしょうか。

    掲載日:2006/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりともだちは大切

    • 沙織さん
    • 20代
    • その他の方
    • 福岡県

    バーニンガムのちさいえほんシリーズの一つです。ぼくとアーサーの友情を描いた絵本なのですが、教訓めいた内容なのに、短いお話しだからか押し付けがましいところがなくサラっと読む事ができます。でも印象が薄い訳ではありません。谷川俊太郎さんの訳で一つ一つの言葉に温かみと重みがあり「ともだち」とは?という課題をすんなりと受け入れられると思います。ジョン・バーニンガムさんのかわいくて味のある絵と谷川俊太郎さんの言葉が心にすっと染み込んでくる作品です。

    掲載日:2006/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲の良い友達とは

    仲の良い友達とはどういうものかを簡潔に描かれています。
    一緒に仲良く遊んだり、時にはけんかをしたり。
    子供にもわかりやすく伝わる文だと思いました。
    うちの娘のはあまり興味を持ちませんでした。
    文字は大きく見やすく、文字数が少ないので1歳代からでも楽しめると思います。

    掲載日:2003/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット