おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

タンゲくん」 みんなの声

タンゲくん 作・絵:片山 健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784834011630
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,244
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 丹下左膳とは 昔の映画で片目の侍
    そんな事が思い出されましたが、知らない人も多いかな?
    作者の片山健さんは そんな事を思いながらこのネコを書かれたのでしょうかな?

    家に入ってきたノラネコを大事に飼ってくれるの   ネコには幸せですね
    本当に家族中がネコ好きですね
    名前はお父さんが 「タンゲくん」とつけてくれました
    タンゲくん愛されている(こんな片目になって どうしたのでしょうね?) 

    ちなみに うちの隣の家出は4匹のねこはいます  お家で飼っているのです
    わたしは ネコをここまで愛せませんが・・・・・


    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情がたっぷりと伝わってくる、素敵な一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    ネコの大好きな5歳の娘と読みました。

    実は保育園で娘が読んでとっても気にいったらしく、
    「お家でも読みたい!」とリクエストされた一冊。

    なるほど、突然現れた人相の悪い野良猫ちゃんに、
    「タンゲくん」というなんだかとっても変な名前を付けた面白いお父さんに、
    そうして家族の一員となった「タンゲくん」を
    暖かく見守るお母さんとお姉さんに、
    「タンゲくん」のことが好きで好きでたまらなくなった女の子。

    娘は彼女にとっても共感するようで、
    タンゲくんが彼女だけに懐いていると得意気な様子は、
    私から見てもなんだか娘と重なってしまいます。

    なにか事件が起こるわけでもなく、
    タンゲくんがとってもいい子になるわけでもなく、
    ただタンゲ君との日常を描いた一冊なのですが、
    愛情がたっぷりと伝わってくる、素敵な一冊です。

    掲載日:2017/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はかわいらしい

    公文の推薦図書に入っていたので読んでみました。
    表紙の猫ちゃんの絵がちょっと怖くて、また絵の雰囲気も暗い感じだったので、悲しいお話なのかなと予想していましたが、全然違いました。
    読み終わって、実はタンゲくん、かわいいじゃないの!と思いました。
    おうちにすっかり馴染んでいるタンゲくん、いいですね。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫好きな兄妹に

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    どきっとする片目の猫が表紙で、猫好きな子どもにもインパクトがあった様子でした。
    怖い顔をしながらどことなく愛嬌のあるタンゲくん。
    何かを教わるとかそういった絵本ではないのですが、猫好きには結構楽しめる絵本です。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫好きの娘

    ネコ好きの娘はタンゲくんの眼がどうしてこうなったのと気になるようです。絵本に出てくる女の子が娘に似ていて、私も読みながら楽しめました。しかしタンゲくん日中はなにしてるのかなあ。喧嘩は勝つのかなあ。結局わからないまま終わる感じもいいですね。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンゲくん素敵です。

    表紙のタンゲくんと目が合ってしまい、ドキッとしながら手に取りました。表紙を広げて裏表紙とつなげると、全身のタンゲくんが現れます。それはそれは堂々とした佇まいです。
    絵本の中でも、たんげくんは迫力があります。温かな家族に見守られながら、好き勝手するたんげくん。
    我が家ではネコを飼ったことはないけれど、飼ったら、甘えたり、素っ気なかったり、ふいにいなくなったり、戻ってきたりと、こんな風に振り回されるのかな?などと想像して、思わずにやけてしまいました。
    タンゲくん素敵です。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 片目のネコ

    片目がケガをしているネコ、タンゲくん。
    なかなか迫力のあるその外見には、この名前が合っているなと思いました。
    気まぐれで行動の謎なタンゲくんを、束縛するでなく、やんわりと家族の一員にしている様子に、和みました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫は気まま

    隻眼の十兵衛のようなねこ、タンゲくん。猫なものであまり恒常的に甘えたりしないけど、甘えるときはいつも主人公の「わたし」の足の上。

    日ごろ、どこにいって誰と何をしているかわからない、猫の性質をよく表していると思います。タンゲくんが足の上で寝るから動かずに自分もそのまま寝てしまう主人公がちょっとほほえましいです。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な味わい

    おすすめの図書にあり、息子が借りてきました。
    一緒に読んだのですが、趣ある絵本ですね。
    女の子の独白スタイルで進んでいくのですが、外に出ると知らんぷりして何をしてるのか思いを馳せたり、喧嘩をしてたら強いかな勝てばいいなと願ったり。小さな子どもの素直な気持ちの機微がにじみ出ていて、なんだかワタシもこんな時代があった気がするなあ、懐かしい気分になりました。
    掃除機を怖がったり、満月に走り回ったり、ちょっとしたエピソードも笑っちゃいました。
    不思議な味わいがありました。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実味のあるかわいさ

    タンゲくんの絵が怖い。
    だけど、そこに抵抗を感じなければ、
    とても心をくすぐられる、温かさのつまった一冊。

    [わたしだけ]に特別な猫でありながら、
    外で会えば知らん顔。
    わたしから求めればそっけない。

    つかみどころがないけれど、確かに特別で 、
    よくわかりあっている少女と猫の描写がいい。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 地震がおきたら
    地震がおきたら
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    地震がおきたらどうするの? 消防士さんは助けてくれるの? 家族で読んでほしい一冊。


『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット