モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ここにいたい!あっちへいきたい!」 みんなの声

ここにいたい!あっちへいきたい! 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020097
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,065
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • きになる きになる

    『ここにいたい』
    『あっちにいきたい』
    と、対照的な会話を続けるのは、2匹の『のみ』。
    姿はまったく見えませんが、話し声は聞こえる。
    イヌや やまあらしの表情が、いい感じです♪
    「なんかきになる・・・」って(笑)。

    恐れることなく突き進むタイプ のみ1。
    未知への希望より、今の幸せで満足するタイプ のみ2。
    対照的な2匹の『のみ』。
    どちらも、わかるわかる。
    なんか人間臭くて面白いです。

    そして、2匹は別々の世界へ・・・。
    でも、再会すれば、お互いの世界を共有。
    自分の理想を追いながら、相手のことも否定しない。
    理想的な関係!素晴らしい!!

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 会話が展開する

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    青いふきだし、赤いふきだしの会話でお話が進みます。
    ↑この赤青の色彩も味わい深いのですが・・・。
    サブタイトルの「にひきの のみの はなし」でやっと状況がつかめます。
    何と主人公は最後まで見えないのです!
    でも、ほうら、とっても対照的な二匹ののみの姿が思い浮かぶでしょう?
    さしづめ保守派と改革派?
    我が家の兄弟を見る思いです。
    意見が違っても何かと相手が気になるんですよ。やっぱり。
    そんなのみの会話を聞いているような犬が神妙な表情だと思いませんか?
    レオ・レオニの自由な表現形式に、脱帽してしまいます。

    掲載日:2006/04/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • やり取りがおもしろい

    絵本に出てくるノミは
    保守的なノミと好奇心旺盛のノミと対照的な二匹

    私の二人の姉を見ているようで笑ってしまいました。
    実家をこよなく愛し、実家に就職した姉
    高みを目指して、自分の目指すもののために
    海外でもどこにでも行ってしまう姉

    それぞれの話を聞いていると、いい点・悪い点があります。

    どちらの考え方がよいとかではなく、
    いろんな考え方があり、お互いの考え方は互いに理解できなくても
    話を聞くと、全く違う生活・世界がありおもしろいです。
    うちの親は、性格の異なる子供を上手く育てたな。と思います。

    わが子は、どんな風に育つのかはまだまだわかりませんが
    今のところは冒険大好きなノミに共感しているみたいです。
    まだ3歳なので、新しいことにどんどん興味を示してくれることを嬉しく思います。
    成長する過程で、わが子がどちらのノミに共感を示すのかが楽しみです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いですよ〜☆

    面白い作品ですね♪

    表紙を見て、勝手に「わんちゃんのお話なのね」と
    思っていましたが、わんちゃんのお話ではなく、
    わんちゃんに住んでいる2匹の<のみ>のお話でした!笑

    <のみ>が主人公になっちゃうなんて、
    それだけで面白いですよね。

    しかも<のみ>は小さすぎて見えないので、
    吹き出しのみの登場です。

    それぞれの会話を<青い吹き出し>と<赤い吹き出し>に
    わけてあるのでわかりやすいですよ。

    子どもが読めば、ユニークさに釘付けでしょうね。

    大人が読めば、のみ達の会話の奥深さに
    いろいろ考えさせられるかもしれません。

    読む時期(年齢)によって、いろいろな読み方が
    できる素晴らしい作品です!

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • どっち?

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    外の世界を見たい!!
    その気持ち実にわかるなぁと思いながら
    でもどこに行ってしまうのかわからない漠然とした不安も
    わかるわかるという気持ち。
    離れ離れになってしまった最後は大人の私は感傷的にもなってしまったのに、
    最近転勤で多くのお友達と別れてきた息子は
    このノミたちのしばしの別れを
    自分のことのように前向きに素直にとらえることができたようで感心しました
    絵本に子供たちは知らず知らず多くを教えてもらっているなぁと
    改めて感じました

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉の対比がおもしろい

    「にひきの のみの はなし」ですが、のみの姿は出てこず、吹きだしのセリフのみです。赤と青の枠組みの吹きだしのセリフがそれぞれの個性を伝えています。赤はポジィティブ、青はネガティブ発言が多いです。最初は犬に寄生しています。

    赤は行動派で青は慎重派。それぞれの言葉の対比がとてもおもしろかったです。見えないものが主役という設定もとても新鮮でした。

    生きていく上ではどちらも必要で、異なるように思える性格も誰の心にもあるよう感じました。

    のみなので寄生した動物について行けばどこまでも行けるというのも、なかなか考えられていると思いました。

    読み終わった後、カバーについているその他の作品を息子がチェックしていました。今まであまり読んだことがありませんでしたが、レオ=レオニ作品読んでいたきいと思います。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • またしても魅力にハマる、、、

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    レオレオニ大好き!親子なので、着々と「読破」してます(笑)。
    現在、私の中では「フレデリック」がナンバー1なんですが、今回
    「ここにいたい!あっちへいきたい!」を読んで、またまた
    悩んでしまいました、、、ああ、これもサイコーだ〜〜〜!
    またしても、魅力にハマっています。

    娘は、主人公の二人の事を「オレンジちゃん」「水色ちゃん」と
    名付けて、二人になりきって読んでいます。
    よく、絵本を読んでいるうち、この台詞がどっちの台詞なのか
    分からなくなったり、間違ったりしちゃうんですが、
    この絵本は、絶対に間違う事がないので読みやすいです。

    オレンジちゃんは「あっちへいきたい!」冒険野郎です。
    水色ちゃんは「ここにいたい!」安定志向です。
    でも、水色ちゃんはとっても寂しがりやなので、
    一人ぼっちが耐えられず、冒険野郎オレンジちゃんに、
    必死になってついていきます。
    あちこち二人で旅をして、最後の最後に、
    水色ちゃんが思った事とは、、、考えさせられます!!

    さて、皆さんはどっちのタイプでしょうか?
    そんな風に読んでみるのも楽しいですヨ!!

    掲載日:2006/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 主人公ののみたちが見えな〜い。

    おもしろい!
    なにが面白いって、主人公が一度もその姿を見せないんです!
    普通、小さい生き物が主人公の場合、そのクローズアップされた姿をどこかに描きますよね?
    ところがこの絵本では、主人公の「のみたち」が一度も出てきませんでした。
    彼らはいろいろな動物の身体に住みつき、セリフのふきだしの位置で、なんとかここにいるのだということが分かります。
    好奇心あふれ、いろいろ見てまわりたい方の「のみ」が赤いふきだし、初めにいた犬のお尻辺りをとても気にいっていた「のみ」が青いふきだしで描かれています。
    意見が違う二匹の会話が更におもしろさを誘いました。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見えない2匹の会話

    7歳長女が小学校でレオ・レオニさんのお話を読んで面白かったようで、長女のリクエストで借りてきました。

    犬が表紙に描かれているのですが、主役は目に見えないノミのお話。正反対の性格のノミ二匹の会話のお話です。会話だけでなりたつお話、新鮮で良かったです。長女もお気に入りの1冊になったようです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二匹の対話

    レオレオニ作品ということで
    図書館で借りてきました。

    2匹ののみの話し。

    1匹は好奇心旺盛
    どこへでも行きたい。
    新しい世界を知りたいと思っている。

    もう1匹はそのままを好む
    大好きな犬の上で生活したい

    そんな2匹の大冒険

    対話だけで話しが進んでいきます。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット