たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ここにいたい!あっちへいきたい!」 みんなの声

ここにいたい!あっちへいきたい! 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020097
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,752
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 二人の会話が楽しい

    ふわふわのいぬから、にわとりへ、にわとりから、ヤマアラシへと移り、
    次々と冒険を繰り返す2匹のノミ。
    2匹ののみが意見を言い合っているのが、ユニークで楽しいです。
    ここにいたいさんは、青い吹き出し、あっちへいきたいさんはあかいふきだしで、ノミの体はみえないけれど、どこにいるかは、わかります。
    ここにいたいさんは、もどれてよかったし、あっちにいきたいさんもそのうち
    帰れるでしょう。

    掲載日:2017/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見えない2匹の会話

    7歳長女が小学校でレオ・レオニさんのお話を読んで面白かったようで、長女のリクエストで借りてきました。

    犬が表紙に描かれているのですが、主役は目に見えないノミのお話。正反対の性格のノミ二匹の会話のお話です。会話だけでなりたつお話、新鮮で良かったです。長女もお気に入りの1冊になったようです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二匹の対話

    レオレオニ作品ということで
    図書館で借りてきました。

    2匹ののみの話し。

    1匹は好奇心旺盛
    どこへでも行きたい。
    新しい世界を知りたいと思っている。

    もう1匹はそのままを好む
    大好きな犬の上で生活したい

    そんな2匹の大冒険

    対話だけで話しが進んでいきます。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い吹き出しのノミは外の世界に出ようとするタイプで、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    青い吹き出しのノミはそれほど動きたくないタイプのノミと見受けられました。2匹のノミのやりとりが面白い本です。「結局ついていくんじゃないの!」と突っ込まずにはいられません。結局最後までノミの姿が描かれないのもこの本の面白ポイント。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるのかな〜?

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    初めて読んだ時、はっきりいって戸惑いました。台詞をしゃべっている主人公の2人(ノミ?)の姿が一向に見えないもんで・・・。で、結局最後まで姿は見えなかったのですが。
    冒険心を持ったのと、現状満足型のと二匹のノミがそれぞれの考えを主張しながら場所を変え、最後にはバラバラに暮らすことを選ぶのですが、読んでいて、娘にどれだけ伝わっているのか「?」でした。
    吹き出しの色が変えてあるので、大人にはわかるのですが、そもそも3歳の娘には噴出しの中に台詞があることもわからないはずですし。
    もう少し大きくなってからの方がよかったのかもしれません。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっち??

    「ここにいたい」ノミと
    「あっちへいきたい」ノミのお話。

    でも、最後までこのノミの姿が見えないのが面白い。
    そして二人の会話も面白い。

    子供がどこまで理解できるか分かりませんが・・・。
    子供より大人にお勧めの絵本です。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • やり取りがおもしろい

    絵本に出てくるノミは
    保守的なノミと好奇心旺盛のノミと対照的な二匹

    私の二人の姉を見ているようで笑ってしまいました。
    実家をこよなく愛し、実家に就職した姉
    高みを目指して、自分の目指すもののために
    海外でもどこにでも行ってしまう姉

    それぞれの話を聞いていると、いい点・悪い点があります。

    どちらの考え方がよいとかではなく、
    いろんな考え方があり、お互いの考え方は互いに理解できなくても
    話を聞くと、全く違う生活・世界がありおもしろいです。
    うちの親は、性格の異なる子供を上手く育てたな。と思います。

    わが子は、どんな風に育つのかはまだまだわかりませんが
    今のところは冒険大好きなノミに共感しているみたいです。
    まだ3歳なので、新しいことにどんどん興味を示してくれることを嬉しく思います。
    成長する過程で、わが子がどちらのノミに共感を示すのかが楽しみです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 両極の二人

    レオ・レオニさんの作品は、子供には難解なものもあって、私一人で読むことが多いのですが、こちらは子供も進んで手に取っていました。
    私が青のセリフ・子供が赤のセリフと、交互に読んでいきました。
    保守的な青と冒険心あふれる赤。
    両極な二人ですが、どちらのセリフにも納得できる点があります。
    自分はどちらのタイプなのか、考えながら読むことも出来そうです。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2匹のノミのそれぞれの冒険

    2匹のノミが、一緒に犬の尻尾から旅立ち、耳の近くにいったり、ほかの鳥にくっついてみたり、いろんな冒険をしていきます。でも1匹は、元の犬のところへ帰ります。

    文章でなく全て吹き出しに入ったのみ同士の会話だけで話が進んでいくのが面白い趣向だと思います。こどもの自立心や冒険心を養うのにもいいかなと思いました。

    2匹のノミがまたいつか出会えたらいいですね。

    娘も、面白そうに見ていましたが、ノミに名前がついてないのと、読むのが母親一人ということで、二匹のノミの区別が上手くつかなかったかもしれません。一人で読み聞かせするなら声色を上手に変えないと難しいかも、、、?

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はここにいたい!派かな

    冒険大好き”あっちへいきたい!”のみくんと同じ所大好き”ここにいたい!”のみくんのお話。

    ”あっちへいきたい!”につられて”ここにいたい!”も冒険に行く事になるのですが。。。

    子供と読みながら、どっち派かなって話をしました。
    我が家では、私と息子は”ここにいたい!”娘は”あっちへいきたい!”でした。
    年齢と共に変わったりもするのかな?
    何年か後にまた読んで、どっち派かを聞いてみたいなぁって思っています。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット