ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おさるのジョージ とっきゅうにのる」 みんなの声

おさるのジョージ とっきゅうにのる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:渡辺 茂男
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784001109443
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,316
みんなの声 総数 20
「おさるのジョージ とっきゅうにのる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 特急で旅行に行きます

    こうきしんの強い子ザルのジョージのシリーズは楽しくてついつい読んでしまいますが、いつも2〜3歳の幼児のようだなっと思います。
    とてもかわいいのですが、いたづら好きで、あぶなっかしい感じもします。
    このお話では、黄色い帽子のおじさんたちと、旅行をするために
    大きな駅にやってきます。
    駅員さんが時刻表の数字を変えているのを見たジョージは、さっそく
    数字をめちゃめちゃに変え始めます。
    そのあとは、人助け(?)これはとても危ないですねえ。
    とにかく、円満解決でよかったです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ご褒美もらっちゃった

    このお話は、ホームで困っていた男の子を助けて電車の運転席にその男の子と一緒に乗せてもらうお話でした。もちろんいいことばかりではなくて、時刻の掲示板をめちゃめちゃにしたりもしていました。うちの子はその時は「悪いね!!」と言っていましたが、ハリウッド映画張りの男の子を助けてあげた感じを見たら「かっこいいね!」と言っていました。ジョージのお話は見る人も気持ちがいろいろせわしなく変わっちゃいますね。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるも人間も同じですね

    まだまだ好奇心が多くて、じっとしておらず、

    周りに迷惑をかけてしまうこともたびたび・・・涙。

    でも、根源には、やさしさ、思いやりがあるので

    頭ごなしに怒るのはよくないと思っています。

    このお話のジョージも、同じように、最初はみんなに迷惑を

    かけますが、それでもみんなを笑顔にすることが

    できます。

    駅にいるみんなを散々困らせたのに、

    きいろいぼうしのおじさんは、決してジョージを

    怒らず、いつものようにあたたかい言葉をかけています。

    子供をガミガミ怒らず、おじさんのように

    見守る育児に励みたいと思います。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージ大好き

    好奇心旺盛で賢く、悪気はないけれどいつも何かをやらかしてしまう、そんなジョージを6歳の娘も3歳の息子も大好きです。

    ジョージを知ったのは絵本からですが、今ではテレビのほうも欠かさず見ています。

    この「とっきゅうにのる」のお話は、舞台が駅や列車ということで、息子の方が食いついてきました。

    駅の時刻表に大変ないたずらをしてしまいますが、男の子が線路に落ちるのを防いだことでヒーローになり、最後は特等席で列車の旅を楽しみます。

    いつも通りの展開ではありますが、そこがまた安心して読んであげられるところです。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージが大活躍

    今回のジョージは子供を助けます。
    ジョージが人を助けるなんてえらいです。
    いつもはみんなに迷惑をかけるけど、こんなに勇敢な行動をして立派だと思いました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージ嬉しそう!

    プレゼントにいただいた“おさるのジョージ第4集”の中の1冊でした。

    3歳の息子、最終ページに出てくる特急の一番前に乗ったジョージを見てニッコリ。
    幸せ笑顔に癒されたママでした。(*^_^*)

    悪気はないのに駅で大騒動を巻き起こしてしまうジョージ。
    けれど、線路に落ちてしまいそうになった男の子を助けてヒーローになります!
    そして、特等席が用意されるのです。
    それが特急の一番前の席なんです☆

    ジョージ大好きな息子にとって、このページが一番楽しく、ワクワクするのでしょう。
    手をふるジョージの嬉しそうな顔(*^_^*)カワイイ!

    注意:電車がたくさん出てくる絵本ではないです。
       舞台は駅です。

    3歳頃〜園児にオススメします。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • それは危険!

    2歳の息子がジョージが大好きで、乗り物の話だったので、迷わず図書館で借りてきました。

    『ひとまねこざる』時代と違い、『おさるのジョージ』シリーズでは、ジョージのいたずらがなぜか結果として感謝されちゃった!という理不尽(?)な展開が多くて好みではありません。いたずらが人助けになれば嬉しいですけど、大きな子がくすっと笑える話ではあっても、あまり小さい子に何度も話して聞かせる話でもないように感じていたからです。

    その点、この絵本では、時刻表の文字盤をいたずらしたことはさておき、ジョージは小さな男の子が線路に落ちるのをやめさせようと思って行動し、それがそのまま評価されたので良かったです。

    とは言え、小さなジョージがホームで走って行っておもちゃを危機一髪拾うというのはとても危険ですよね。我が身の危険を顧みずに人助けをするのは立派な話かもしれませんが、やはり小さい子には真似をしてほしくないので、繰り返し読んでやるような話ではないと感じました。

    ところで、題名が「特急に乗る」だったので、その点を期待していたのですが、話題は特急に乗る前の駅での出来事です。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結果オーライ!

    黄色い帽子のおじさんと、ニードルマンさんと、
    田舎に旅行に行く為に、特急に乗りに来ました!

    物語は駅で展開していきます。

    いつもの通り、「お手伝い」しようとして、
    結局邪魔ばかりして現場を混乱させるジョージ。

    でも、駅員さんに追いかけられている間に、
    ひょんなことから子供を助け、
    一躍その場のヒーローになります!

    いつも思うけど、騒ぎの後に、何事もなかったかのように
    現れる黄色いおじさん。
    ちょっと、保護者としては、監督不行き届きなんちゃう・・・?

    でもみんな最後にはとってもハッピーに!
    ハッピーエンドになることが分かってるから、
    何がおこっても安心して読める、
    3歳の息子のお気に入りです!

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージの活躍

    おさるのジョージは、とても好奇心が旺盛です。なんでもやってみたくなります。今回も悪気があってではなくても結局はめちゃくちゃにしてしまいます。でもちゃんとジョージの出番、活躍で最後のハッピーエンドで、ほっと出来ます。やっぱり、おさるのジョージから目が離しません。とても結末がよいので、嬉しくなる絵本です。他の「おさるのジョージ」も読みたいです。おさるのジョージは可愛いです。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらしたけど、名誉挽回!?

    今回、ジョージは駅の時刻表にいたずらをしてしまいます。
    本人は手伝っているつもりなのですが、時刻表がめちゃめちゃになって、お客さんは困ってしまいます…。
    このいたずらはダメでしょ〜と私は思ったのですが、意外にも娘はこのいたずらが面白かったといいました!
    またいつものしりたがりの癖がでて、面白かったようです。

    この大変ないたずらも、後にジョージが男の子を線路への転落から救ったことで、おとがめなしになりました。え〜?おとがめなしでいいの〜!?
    たしかにジョージ、いいことしたんですけどね。
    「おさるのジョージシリーズ」は、時々こうやって、ジョージのいたずらが過ぎても、あとの活躍で帳消しになることが多いですね(笑)
    名誉挽回ってとこかしら!?

    娘はこの後半のジョージの活躍するシーンも気に入っているようです^^
    娘が楽しく読めたので、☆4つにしました。

    掲載日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット