おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ビロードうさぎ」 みんなの声

ビロードうさぎ 作:マージェリィ・ウィリアムズ
絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:石井 桃子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784887500365
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,233
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほんとうのもの…

    • カナタさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳

    こどものクリスマスプレゼントに買ってから、自分ひとりで5〜6回読んで、やっと涙せずに読んでやれるようになりました。この絵本には、「ほんとうのうさぎ」という言葉が出てきます。それには、ふたつの意味があって、ひとつは「ぼうやにとってのほんとうの、自分だけの、今どきの言葉で言えばオンリーワンのうさぎ」、ぬいぐるみだけど話しかければ答えてくれるし、ちゃんと大切な時間を共有し合える、ぬいぐるみのおもちゃという枠をこえた、「ほんとうのもの」。そしてもうひとつは、ぬいぐるみではなく、身体をもつ生き物としての「本物のウサギ」。このぼうやの愛していたうさぎにとって、どちらが幸せだったかは読者の感性によって様々だと思います。そして、永遠のテーマでもあるかもしれません。また、物を大切にするという意味、「ほんとうのもの」になれたこども部屋の先輩の木馬の一言一言、こども部屋の妖精の素敵な魔法、原書からの「おもちゃの世界」へ引き込まれてしまいそうなウィリアム・ニコルソンの絵、深い深いそして大切に大切に読みたい…そんな一冊です。もちろん、息子の愛読書の一冊でもあります。

    掲載日:2003/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめです

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    子どもたちが、年長と小学3年生の頃に読みました。
    最近は、酒井駒子さんの絵本のほうが人気のようですが、
    個人的には、石井桃子さんが訳された、こちらの絵本を
    ぜひおすすめします。
    酒井さんのは、やはり文章が短く内容もずいぶんと
    省略されています。
    石井さんのお話と読み比べていただきたいと思います。
    読めば、どちらが心にひびく内容となっているか、すぐに
    わかります。
    少し大きくなったお子さんと一緒に楽しむこともできる絵本だと
    思います。
    小さい頃とまた違って、大きい子なりの感じかたがあると
    思います。
    大きいお子さんと楽しむなら、なおさら石井さんの訳で
    楽しんでほしいと思います。
    ちなみに、この絵本は大人の私が自分のために購入しました。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字が主流でも

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    酒井駒子さんのイラストの絵本で先にこのお話は知っていましたが、石井桃子さんの訳とも会って、図書館で借りてきました
    圧倒的に文章が主流の物語絵本ではありますが、読み進めていくにつれ、その情景が目に浮かんでくるような心地よさを感じることができました
    うさぎの気もちが伝わってくるというのかな・・・・
    切なさとか、嬉しさが手にとるようにわかるのは、文章の流れもあるんでしょうね
    大人にとっても読み応えのある絵本でした

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウィリアム・ニコルソンのイラストが印象的

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この作品、つい最近一緒にボランティアをしているお母さんが本屋で見つけて購入したそうで、帰ってお子さんと取り合いになるほど、2人で何度も読んでしまった。と話していました。

    不屈の名作で、お好きな人も多いと思います。
    中表紙の作りにとてもこだわりを感じます。(よく見ると、いろんなうさぎがいっぱい描いてある。)
    お話は知らなくても、このウィリアム・ニコルソンのこの、表紙絵なら見たことある!という人も多いと思います。

    中盤に、この「うさぎ」にとっては、悲しいことがいっぱい起こりますが、読んで損はない作品です。
    ファンタジックなものが好きなお子さんにはいいかもしれません。
    どちらかというと3歳くらいから小学校低学年向けのお話です。字が多い絵童話のような形をとっているので、字の読めないお子さんには寝物語などで読んであげてほしいです。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこか自分に重ねられる

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    石井桃子さんの訳はどうしてこんなに心にしみるのでしょうか。
    外国の年代も違うおはなしなのに、自分の経験に重ねられるところがたくさんあります。

    子どもの目線で訳されているからでしょうか。
    うさぎが実在するのではと錯覚してしまいそうです。
    今の子どもたちにすぐに受け入れられないかもしれませんが、これからもこのようなおはなしを楽しめる子どもたちでいてもらいたいです。

    思春期に引っ張り出して読み返したくなる本だと思います。
    ずっとそばに置いてあげたいです。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いしいももこさんのこだわり

    感動した酒井駒子さんの「ビロードのうさぎ」が抄訳であることが気になり、探した原作といしいももこさんの絵本です。
    酒井駒子さんの絵本から入った私には少し違和感がありました。それは文章の長さ。読み聞かせには少し向かないようです。
    しかし、これが原作の物語。これはこれできめの細かさがあってとても素晴らしい。
    多くの人に愛され、多くの国で訳され、翻案本も出ているのですから、原点としての偉大さを感じます。男の子が女の子を置き換えたメルヘンバージョンも目にしました。

    この本の素晴らしさは、石井桃子さんのこだわりです。
    いしいさんの訳としては以前に「スザンナのお人形」と合冊で「ビロードうさぎ」の旧バージョンが出版されています。
    訳としての古さを感じたいしいさんが翻訳をし直しました。子供に伝えるためには今の子供に伝える言葉でとの思い。
    それだけ思い入れがあったのです。
    原作のFairyが前作では仙女だったのですが妖精になりました。

    できれば、これを読んでから酒井バージョンを読んだら良かったと思います。

    ついでながらウィリアム・ニコルソンの絵、原作ではそれぞれに題が付いていました。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の方が感じるものが多い作品かも

    クリスマスの絵本ということで、興味を持ちました。酒井駒子の絵本もあるようですが、こちらの絵の方は古典といえるのでしょうか。

    お話を読んで、作家の絵心をくすぐる作品かもしれないと思いました。

    特に妖精が出てくる場面などは、私に絵心があれば想像して描いてみたくなります。おもちゃと人間との関係ということで、思い出したのは「りかさん」でした。

    「ほんとうのうさぎ」という言葉が何度か出てきて「ほんとうの」とは何か?を考えました。子ども向きというよりは、大人の方が感じるものが多い作品かもしれません。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとうのもの

    「ほんとうのもの」を語る馬の場面では
    なぜか星の王子さまを思い出しました。

    野うさぎには「ほんもののうさぎ」じゃないと
    言われますがそのとおり。
    だってこの時のビロードうさぎは「ほんとうのうさぎ」。
    だから跳べなくたって踊れなくたっていいのに・・・
    だけどビロードうさぎだって自分と同じ姿の友達がほしいのですね。

    ついに妖精があらわれ「ほんとうのうさぎ」は
    真に「ほんとうのうさぎ」になる。

    だからこそ「ほんものの野うさぎのなかまになっていたのでした」
    のくだりに違和感を感じてしまいます。
    ビロードうさぎは「ほんとうのうさぎ」なのに・・・と。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し難しいかも

    酒井駒子のビロードのうさぎを読んだ後だったこともあって、ちょっと難しいような気がしました。
    内容はとてもいいです♪
    小さいお子さんなら、酒井さんの方をお薦めします。
    そちらを読んでからこちらを読めばさらに内容の理解が深まると思います。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本というより文学

    主人公のウサギのぬいぐるみの心理描写がまるで、
    恵まれない運命の元に生まれた無垢な少年といった感じで
    なんとも哀れなんです。

    ご主人に嫌われてしまえば捨てられるだけ。
    他の世界は何も知らずに、少年のプレゼントとしてこの家に貰われてきたビロードのうさぎは、ただこの現実に必死になり、ご主人の少年に愛されようと願う。しかしぬいぐるみという存在は自力で運命は変えられない。だんだんと古びておもちゃとしての寿命が近づくうさぎ。古参の木馬に教えてもらった伝説、愛されたおもちゃだけが本物になれるという淡い希望を抱きながら…。

    絵本にしては明るさがなく、子供にこびてませんね。
    ここまで泣かせる?ってぐらい、フランダースの犬並みに
    泣けました。

    でも、最後はそこそこハッピーエンドですよ。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット