あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

ぼく みたんだ」 みんなの声

ぼく みたんだ 作・絵:黒田 征太郎
出版社:アートン
本体価格:\952+税
発行日:2003年
ISBN:9784901006477
評価スコア 3.75
評価ランキング 30,327
みんなの声 総数 3
「ぼく みたんだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 細やかに見てしまいそう!

    最近、恐竜の絵本をよくながめてる息子が図書館から借りてきました。
    表紙からは、何を見てきたのかな?と思ったのですが、
    中をあけると、今はもう絶滅してしまった恐竜たちが
    私たちの日常にこっそり潜んでいるような、息子にはとても
    うれしいシチュエーションだったらしく、
    「オレの机の下にもイルカも〜」とかなり期待してる様子。
    普段の生活の中で、あちこちを細やかに観察してみたくなる、
    少しワクワクしてくるお話しでした。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • イマジネーション

    子ども達だけにしか見えない恐竜の姿を描いたお話です。

    表紙の絵からは、なんだか怖そうなお話かと思いましたが、読んでみるとイマジネーションに溢れていて面白い絵本でした。

    何もない所から、こういう風に恐竜に見えてくるという発想は、大人ではなかなか感じる事が出来ないので、新しい発見があって面白かったです。

    恐竜好きの子ども達に是非、読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • サラッとした初夏の風のような作品です。
    「ぼく」はみたんだ。(ぼくが大好きな恐竜を!)
    山と山の間で、水たまりで、たき火の中で、葉っぱのところに隠れている恐竜たちを!
    少年の思いがすごくストレートに伝わってきて、余計なものが一切内この絵本、恐竜好きの上の子が喜んでいました。

    掲載日:2003/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット