大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

どろぼうたちに気をつけろ」 みんなの声

どろぼうたちに気をつけろ 作:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳:佐野 洋子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1996年
ISBN:9784579403615
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
「どろぼうたちに気をつけろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スリル満点

    きをつけろ、どろぼうたちにきをつけろ。
    という、冒頭部分から一気に引き込まれました。スリル満点ワクワクします。
    絵は割とほのぼのしてて文章とのバランスが良いなと感じました。
    息子もタイトルから気に入って黙々と読んでいました。

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロンドンのお話です
     
    気をつけろ、どろぼうたちに 気をつけろ
    おまわりさん、 どろぼうたちに 気をつけろ

    この言葉が、お話の中にずっとでてくるのです

    おまわりさんも夜中まで働いている 
    しかし どろぼうは クリスマスプレゼントをぬすんで 大もうけしようとたくらんでいるの どろぼうたちも ユニークです。 あかちゃんのごはんぬすんだり 泥棒の家から 泥棒する?  カンガルーの袋から赤ちゃん盗む?(笑える)
    憎めない泥棒だこと!

    おまわりさんのパフは 一番いかすおまわりさん そのパフは どろぼうたちに 洋服ぬすまれて・・・
    なんと 漫画チックなお話 ロンドンならでは?(日本じゃ考えられない ユーモアが あふれていて 楽しめるのです)
    パフも負けてない 泥棒たちの捕まえ方も 実にユニークで楽しいの

    しかし スワッグおばさん(泥棒仲間のひとり)は捕まらなかった
    しめいてはい中 あら? またあらわれそうですね!(続きのお楽しみ!)

    なんと おまわりさんは サンタさんのように 泥棒がぬすんだおもちゃを 配りなおすなんて 
    お巡りさんのお仕事もなかなか たいへんですね (何でもするんだ)

    このお話は、やっぱり 憎めないどろぼうと おまわりさんが ユニークでした
    (ゆかいな ゆうびんやさんの作者のお話 ユニークさが 納得です)

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めない!

     「ゆかいなゆうびんやさん」シリーズの作者、ジャネット&アラン・アルバーグの作品です。
    最近、お化けや泥棒など、夜に活躍する人たち(?)のお話に興味津々の娘が、図書館で見つけた1冊。ぱらぱらっとページをめくってすぐに「ゆかいなゆうびんやさん」の絵だ!とわかったので、泥棒のお話はあまり好きではないけれど、この2人の作品なら楽しいだろう、と思って借りてきました。

     泥棒たちが主人公なわけですから、「え〜!いけないよね〜!」と、驚き、呆れながらも、「ゆかいなゆうびんやさん」同様、イギリス的な風刺の効いたユーモアに思わず笑ってしまいます。
     1人1人の泥棒たちが本当に個性的で、十分悪いことをしているんですが、どうしても憎めない! 
     特に、スワッグばあさん。一見、おしゃれなレディに見えて、実は・・・。娘も、「おばあさんが、1番すごいの〜?!」と、びっくりしていました。
     そして、ラストの絵には、2人で大笑い。スワッグばあさんにご用心、です!

     でも、いくらなんでも、クリスマスプレゼントまで盗んでしまうのは、ちょっと・・・ですよね。娘も、一瞬心配になったようですが、「うちには、○○(40キロの室内犬!)がいるから、大丈夫だよね!」と、思い直したようで、私もほっとしました。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声を大にしてはおすすめできないけど・・・

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    以前長男が借りてきた「ドロボービルのものがたり」がとてもおもしろかったので、同じ作者・画家・訳者コンビのこの本(しかもどろぼうだし・・・)を借りてみました。
    6人組のどろぼうVSおまわりさんたち。
    なかなか愉快で、スリルがあっておもしろいのですが、暴力シーン(目くじら立てるほどのものではないけれど・・・)があったり、子どもたちが楽しみにしているクリスマスプレゼントを盗んでしまうところ、なぜか5人の男どろぼうたちはつかまったのに、おばあさんどろぼうだけが捕まらず活躍し続けてるラストシーンは、前者のように「すごくいいよ!」と誰にでも勧められるわけではないかな、と★★★★にしました。(私はけっこう好きですが・・・)
    細かい絵や佐野洋子さんの名訳がおもしろいです。

    掲載日:2003/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット