もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かえってきた風来坊」 みんなの声

かえってきた風来坊 作・絵:川端誠
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1989年
ISBN:9784905699798
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
「かえってきた風来坊」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 風来坊の正義感と一徹な純粋さ、木彫りの技に自負する信念がきらりと光る作品。
    火事の犯人だと濡れ衣を着せられた子供たちを救うために百体の観音像の作成に挑みます。
    殿様に喧嘩を売るかのように寺の武士像を真っ二つにしたりして、心配してしまいましたたが、本堂の中に整列した百体の観音像のシーンはとても素晴らしいと思います。
    かっこいい風来坊ですが、風来坊シリーズの中では比較的おとなしめの作品かと思います。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の風格と茶目っ気と。

    またしても大人の風格を見せつけてくれた風来坊です。
    古き良き日本男児。
    そして描かれた仏様の迫力も素晴らしいです。
    こういう人間に出会えたら このお殿様のように
    人格が変わることもありそうです。
    お供え物を失敬する愛嬌のあるところも憎めません。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっと安心、勧善懲悪!

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    お経は読まないが木彫りが得意という旅のお坊さんが、
    実はスーパーヒーローだったというお話。
    川端誠さんといえば落語絵本を思い浮かべるのですが、
    これもよかったですよ。
    時代劇の2時間モノになってもおもしろいと思いました。
    百体の観音様を発見する場面はひきつけられます。
    3・4年生で読もうと思います。

    掲載日:2006/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて神々しい!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳

    今回の風来坊は、いばりちらしている戦好きのとのさまが相手です。
    とのさま相手に「三日で百体の像を彫ってやる!」と啖呵をきります。『風来坊』の時と比べると、なんとたくましくなったのでしょう。自分で言ったことに青ざめることもなく、とにかく強気で突き進みます。
    そして、圧巻は、仏像がずらっと並んだページです。思わずひれ伏してしまいたいほど神々しいのです。
    面白い!というよりも、爽やかな風を感じるような気持ちになります。
    でも、やっぱり風来坊は、バリバリのヒーローにはなりきれない男。最後のちょっと愚痴めいたセリフが、また、いいですね!

    掲載日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仏像の迫力に息をのむ

     自称正義の味方の風来坊、今回も自分から騒ぎの渦中へ飛び込んだ。今回は、罪もないのに罰せられようとしている子供たちを救うために、100体の木彫りの像を彫ると約束した。
     いつも思うけど、この人の絵は、動きがあって面白い。まるで映画のように視点が上下左右に移動する。見開きで、昼と夜、時間の経過や人々の感情の動きを表現する。入り口をあけたときの差し込む光、無言で立ち並ぶ金色の像、どれもこれもまるで自分がその場にいるような迫力。
     子供たちにとっても、こういういい表現物は、何の解説も必要とせず、面白いということが伝わる。自然と勉強になる。
     もっともっといい作品を書いてください。

    掲載日:2004/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下の子に読んでいると、上の子がよってきま

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    川端さんの、風来坊シリーズは母子でファンです。4歳の娘用の絵本もどうやらほとんど読んでいるらしい11歳のお兄ちゃん。この風来坊シリーズを妹に読んでやっていると、よってきます。母が、リズムも威勢も良い文章にのせられてアップテンポで節回しをつけて読んでしまうのに加えて、お兄ちゃんが茶々を入れるので、大騒ぎしながらの読み聞かせになってしまいます。終った時にはもうヘトヘト。そこへ末娘が「もっかいよんで(もう1回読んで)」

    300体の像を彫り終えた風来坊。ちゃんと、お地蔵さんにおにぎりのお礼を残して行きます。さあ、なんでしょうか?

    細部まで計算された本作り。遊び心もある、憎い一冊です。

    掲載日:2004/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きが気になってページをめくる!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    講談口調の文章がリズムがあり読みやすかったです。
    お話の始まり方がその続きに期待をもたせるこんな感じ
    「おやおや 何か さわぎがおこっているようですが
    その話はちょっとまってください。
    まずは 風来坊のことをはなします」
    結局、この騒ぎに巻き込まれ、というか、クビを突っ込み3日で100体もの仏像を彫るという約束をしてしまった風来坊。
    ハラハラドキドキの3日間がすぎ、約束の日の朝、本堂の扉を開けた瞬間、扉の隙間から差し込む光に映し出される観音様。
    そのあまりの描写の素晴らしさに絵本に見入ってしまいました。
    ストーリーにひねりはなかったけれど、やっぱりこのシリーズは面白いです!

    掲載日:2003/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • さあ、出番だ風来坊!!

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    おっと、何やら騒ぎが起こっている。が、まずは腹ごしらえ。風来坊はお地蔵さんのお供え物を失敬!

    さて、戦好きの殿様が宝として崇めていた武人像が真っ黒に焼かれてしまった。そこで遊んでいた村の子供達が犯人として捕らえられ、「火あぶり」にさせられようとしている。さあ、出番だ風来坊!!
    「よく調べもしないで人のせいにするとは!………こんな像なら三日で百体彫ってやる!!」と武人像を真っ二つ!!
    殿様は怒り心頭!子供達は人質にとられ三日間で像を彫ることに。用意された100本の太い木に向かい、風来坊が愛用の鉈一本で寺本堂に立てこもる。やれるのか風来坊!
    いつもハラハラ、ドキドキの風来坊シリーズ。本書も読み応えありで、お勧めです。

    掲載日:2003/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット