だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

パイがふたつあったおはなし 新装版」 みんなの声

パイがふたつあったおはなし 新装版 作:ビアトリクス・ポター
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年
ISBN:9784834018738
評価スコア 4
評価ランキング 18,322
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気取ったお茶会の裏のお話

    ポターさんのお話の中では、長くて割と複雑です。
    ネコの奥さんが、犬の奥さんをお茶会に呼ぶのですが、
    それぞれ思惑があって、しかも相手に失礼のないようにと
    考えるのでなかなかしんどいものです。
    ねずみのパイを食べさせられるはめになるのは我慢できないと思った
    犬のご婦人は一計を案じるわけですが、
    開くオーブン開かないオーブンがこのゴタゴタをややこしくしています。
    嫌な料理も違うものを食べていると思えば、4皿目って、まあすごい食欲です。
    焼型を食べちゃったと思えば思っただけで気分が相当悪くなる。
    こういうことあります確かに、焼き型じゃなかったけど。
    初めにお断りできなかったダッチェスさん、大変な目にあいましたね。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもみたい

    娘が自分で選んで借りてきました。
    おそらく可愛らしい絵に惹かれて借りたのでしょう。
    結構長いし、読み聞かせの反応はいまいち。
    私もこの本は自分で読むほうが良いし、
    小学生向けだと思います。

    ダッチェスさんが大嫌いなネズミのパイを、
    調理法を少し工夫しただけで
    美味しく食べてしまっているところが、
    まるで子どもみたいだなぁと思いました。

    ピーターラビットのシリーズは
    出てくる動物たちが、まるで
    子どもがままごとしているようなので、
    大人としては「うふふ」と思うことが多いです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間関係?動物関係?

    パイがふたつあったおはなし。

    この題名からは内容がさっぱり読めない。
    しかし、読んでいくうちに、
    なんだか近所の世間話に出てくるような温かみがある内容。

    仲が良ければ、余計に言いにくいこともある。

    ポター先生はとっても優しい人だったんじゃないかな
    って笑いが出ました。

    ささいなことでケンカした友達に
    そっと渡したら仲直り間違いなしかな?
    思いやりって難しいもんですね(*^_^*)

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • やりとりが絶妙

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    ネコのお茶に招待された犬。でも、ネコにとってのごちそうのネズミのパイを食べたくない犬。

    イヤなものでも断れない大人社会を垣間見ているようです。二匹のご婦人のやりとりが絶妙で面白いです。上品なのか下品なのか、よく分からない2匹ですねぇ。

    カササギ先生・・・。本当に先生ですか?ってくらい失礼なんですが(笑)

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいごとじゃない人生

    ねこのリビーが、犬のダッチェスをお茶に呼びます。でもダッチェスは、そのお茶に出てくるパイが「ねずみのパイ」なんじゃないかと気が気じゃありません。そこで、こっそりパイを入れ替えることを思いつくのですが・・・。

    「ピーターラビット」シリーズの中の一冊です。このシリーズは、人生を「きれいごと」にしてしまわないところが、私は好きです。例えば、このお話に出てくるねこのリビーも、犬のダッチェスも、それからリビーのいとこで雑貨屋を営むタビタも、どこかでちょっとだけ、誰かさんに対する本音を漏らしています。でも、本人の前ではそれをおくびにも出さない。そんな「大人のおつきあい」を提示した上で、リビーに対して真正面から当たらなかったダッチェスが、結果的には彼女にとっての「最悪の結末」に導かれる様子が、シニカルに、でもユーモラスに語られています。

    おそらくダッチェスは「愚か」だったのでしょう。でもそのことを作者の言葉として明言はせず、ダッチェスの「気づき」として示したラストも、思わせぶりながら力があります。

    上質な、風刺の利いたコメディのような読後感です。個人的には、集団の中で人と向かい合うことの面白みと気の重さの両方を理解出来る、6歳くらいからがお薦めです。そして、「カササギ先生」の胡散臭さが気に入ったら是非、「ピーターラビットのてがみのほん」も読んでみて下さい。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい話

    なんだか、犬とネコが繰り広げているお話とは思えないほど
    人間味あふれる、オバチャンのお話でした。
    ものすごく浅はかなオバチャン犬ダッチェスの行動が
    はるかに常識を逸脱し、また、気分の上がり下がりで体調に変化も出て、
    「ほんとに馬鹿だなぁー」と・・・。
    まぁその展開が、読み物として非常に面白かったわけですが・・・。
    奥様然とした二人(二匹?)の会話の様子が、また面白く、
    石井桃子さんの訳がほんとにはまってます。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアいっぱいのドタバタ劇

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    猫のリビーに招待された犬のダッチェス。ダッチェスはリビーのパイがねずみのパイではないかと疑います。どうしてもパイが食べたくないダッチェスとリビーが起こすドタバタ劇。ユーモアあふれるお話に、子どもたちも喜んでくれると思います。

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ご婦人方の会話がおもしろい

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     主婦受けしそうなお話です。息子といっしょに読み、彼は「ふう〜ん」という反応。でもわたしがクスクス笑いっぱなしでした。
     お話は、猫のリビーが犬のダッチェスをお茶に招くというもの。お互い相手に失礼にならないようにふるまいながら、実は心中ハラハラしているという状況がおもしろおかしく描かれます。
     リビーの焼いた「ねずみのパイ」を食べたくないダッチェスは、自分の焼いた「子牛とハムのパイ」をリビーのオーブンに入れておきます。ところが手違いから結局「ねずみのパイ」を食べることになり、騒動が起こります。
     いんぎんな挨拶に始まり、丁寧に言葉を交わしていく2匹の様子はまるで喜劇のよう。上流階級のご婦人方の会話は、今でもそのままハイソな主婦たちのやりとりに当てはまるのではと思えました。最後に出てくるお医者さん、カササギ先生もいい味を出しています。 

    掲載日:2006/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • パイをめぐるやりとり

    ねこのリビーが犬のダッチェスをお茶に誘います。
    しかし、ダッチェスは、自分が作ったパイが食べたい。
    リビーのパイにはネズミの肉がはいっているから。
    そこで、色々と試みますが、、、。といったお話。

    娘はそれほど興味を持ちませんでしたが、話の内容がわかるようになれば違った反応をみせるだろうと思いました。
    パイをめぐるやりとりは楽しく、子供にわかり易く描かれています。
    ただ、話は長めなので、読み聞かせるというよりは、子供が小学生になって自分で読んだほうが良いかと思います。


    掲載日:2003/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / くつくつあるけ / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / ねないこ だれだ / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット