しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

「やまんばとこぞうさん」 みんなの声

やまんばとこぞうさん 作:虹野 智治
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「やまんばとこぞうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子にビンタをもらっちゃって

     山の小さなお寺で、小僧さんが「栗が食べたいから栗拾いに行く」と和尚さんにいうと、和尚さんは「山にやまんばがいるからだまされて食われてしまう」と止めます。どうしても行くという小僧さんに和尚さんは 三枚のお札をもたせます。
     小僧さんが山にはいっていくと、栗.栗.栗。どんどん奥まで入っていって……。
     
     このお話は、『たべられたやまんば』『三枚のおふだ』などのタイトルで広く知られているお話です。この絵本では、秋田県に伝わるお話を再話したものだそうです。

     塩田さんの描く小僧さんと和尚さんは可愛らしく、反面やまんばは、とても迫力のある恐いキャラクターです。
     
     4歳の息子に読みましたが、やまんばが追いかけ迫ってくる場面で、
    しっかり小僧さんの気分になっていた彼は、わたし(やまんば)にバチン!と、びんたとキックをお見舞いしてくれました。あんまりおかしくて読んでいる途中で、笑ってしまいました。

     息をのむスピード感があり、最後はホッとします。

     昨年は、2年生のお話し会で、7月に読みました。
     反応は、上々で意外なことに男子のほうが〈恐い系〉が弱いのかな?と思いました。
     これからの季節楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2009/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3枚のお札

    先日も「さんまいのおふだ」のお話を読みましたが、今度は文が虹野 智治さん  絵が塩田 守男さんの絵本を読んでみました。塩田さんの絵はとってもかわいらしくんです。小僧さんの表情とか、慌てて逃げてる姿がとっても面白いです。怖さよりも、
    ドキドキ感のほうが強かったです。こどものとも傑作集の「さんまいのおふだ」はかなり怖かったので、こちらの方が子供にはおすすめかもしれません。

    掲載日:2003/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット