雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

おでんおんせん」 みんなの声

おでんおんせん 作・絵:山田 ゆみ子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\380+税
発行日:2003年02月
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,509
みんなの声 総数 21
「おでんおんせん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 声に出して笑いました!おもしろかった〜

    女の子におでんの具が鍋に「なにか(調味料)」を入れて欲しいと頼みますが、女の子は次々ととんでもないものを入れて・・というお話しです。女の子が間違ったものを入れるたび逃げ惑うおでんの具の様子が楽しくて何度でも読みたくなる絵本です。

    この絵本を買った日、ちょうど前日におでんを食べたばかりでした。できれば食べる前に読みたかった!そうしたらきっともっと盛り上がれたのにー(笑)

    旦那さんは私ほどツボに入らなかったらしいので星4つにしましたが、私的には最高に面白かったです。よかったら是非読んでみてください〜

    掲載日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 冬に読みたい!

    おでんととこちゃんという女の子のお話。
    おでんに入れる調味料ってなんだっけ?というところからどんどんお話が広がり。。

    娘たちは途中聞きながら「それは違うよ!」とか「ママ、本当は何を入れるんだっけ?」とか言いながら楽しそうに聞いていました。

    そんなわけないし!って思う場面もあるけれどとっても楽しい。
    最後の裏表紙にはなんとも幸せで温かそうな家族が描かれています。
    この絵をみるだけでもホッコリします。

    暑い時期に読んじゃったけど、冬にぴったりだと思います。

    掲載日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おでんの具達、災難!

    おでんの具達が検討違いな調味料を入れちゃうトコちゃんから逃げ出していく可愛らしいお話です。でも、逃げても逃げてもトコちゃん追っかけきて、間違った調味料入れちゃうんですよね〜(笑)
    3歳の息子に読むと、最後まで聞いてはいましたが、おでんにケチャップはおかしいという面白さがまだわからないみたい。
    あんまりおでんも食べないからかなあ。
    もう少し大きくなったらわかるかな。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちがうちがう

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    もう、それじゃないよー、ちがうちがう。とつっこみたくなること間違いなし。のお話。
    おでんにこしょう?ケチャップ?!カレールー?!?
    とこちゃんはいろんなものを入れようとしちゃいます。
    おでんたちののぞむものはもちろん。。。
    おでんおんせんってのいいですね。
    とこちゃんが間違えた調味料のおんせんももしかしたら意外といいのかも。
    異国の味がするおでんかも。
    いやいややっぱりちがうかー。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 僕もおでんの具

    うちの子はこの本を読んだその日のお風呂で、おでんごっこをしてました。「僕はタコの足!!」って言ったりして楽しんでました。私も一緒におでんにされちゃってのぼせてしまいました。もうおでんの季節なので週末一緒に作ってみたいです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天然ボケですか?!

    とこちゃん、天然ボケなんでしょうか?!
    えぇっ!なんでこしょういれちゃうの?
    えっ?次はケチャップ?…と
    思わず絵本だというのも忘れて
    「わざと間違えてないぃ??」と突っ込んでしまいました^^;
    最後はちゃんとおでんが出来てひと安心。
    「わっ、こしょうはいけません!」
    という丁寧語を使っているのが余計に笑いを誘います。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おでんが食べたくなる

    とこちゃんがおでんの鍋に胡椒をいれたら、
    おでんたちが逃げ出しました。
    外は寒いのでおでん達は温泉を見つけて入りますが、
    とこちゃんに見つかり次々と温泉をはしごして行きます。

    調味料の蓋等、細かいところまで描いてあって
    何度か読んでも新しい発見があります。
    おでんが気持ち良さそうに温泉に入っていて
    温泉に入りたくなるし、最後のページは
    美味しそうにできがっていておでんが食べたくなります。

    カラフルなので娘は「うあぁー」と言っていました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • そ、それは・・・

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    とこちゃんが、おでんを作ろうと調味料を入れるけれど、こしょうやカレー粉など、違うものを入れてしまいます。

    何度も逃げ出すおでん具さんと、追いかけるとこちゃん。とこちゃん、すました顔して、ツッコミを入れたくなるような調味料をかけちゃうところが、なんとも・・・。おでんの会話が、面白いです。

    おでんが食べたくなるというより、食べたくなくなるかも??

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • え〜!!!

    寒い季節にぴったりと思って、この絵本を借りてきました。
    予想以上の面白さに息子と大笑い。
    だって、とこちゃんたら、おでんにこしょうをいれたり、
    ケチャップ入れたり。
    そのたびにおでんたちは逃げ出しちゃいます。
    次はどこへいくんだろう。
    次は何を入れるんだろう。
    と、わくわくしながらページをめくりました。

    出てくるおでんの具たちもとってもおいしそう。
    たこのおでんは食べたことがないので、
    すっごく食べたくなりました。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おでんいいねえ

    おでんが食べたくなります。あつあつのおでんに熱燗の季節になりました。とこちゃんの調味料を探す目が輝いています。とこちゃんが奮闘しているのに、隣の部屋でおとうさん、おかあさんの談話が聞こえてくるみたいです。その絵が嬉しそうです。ななかまど温泉にはいるおでんたちの顔がとても嬉しそうです。もう温泉のお湯に浸かっているおでんの気持ち良さそうな顔を見ると温泉に行きたくなります。くぬぎ温泉、極楽釜温泉経由で、とこちゃんの家の鍋で読んでいる方もほっとしました。やっぱり、家が一番ですね。裏表紙の家族団らんの絵も温かい家庭でほっとしました。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / へび のみこんだ なに のみこんだ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット