しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん」 みんなの声

ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん 作:アリス・ダルグリーシュ
絵:アニタ・ローベル
訳:星川 菜津代
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784924938243
評価スコア 4
評価ランキング 18,222
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 女の子向け?

    内容は、簡単なものですが、絵が細かくて繊細で綺麗です。
    ただ、息子には内容が単調で物足りないようでした。
    動物が出てきたり、絵が本当に素敵なので、女の子の方が楽しめるかもしれません。
    3歳からと書いてあったので、もう少し幼い頃に読んであげたら息子ももっと楽しめたかもしれません。
    絵が素敵なだけに、出番が少ないのが残念です。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子向きかも

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    4歳の長男に読みました。

    私から見ると、とても繊細な絵が描かれていて、老夫婦が希望する動物が次々集まってきて、かわいらしい絵本です。

    しかし、息子には退屈だったようです。男の子らしいドキドキできるストーリーを好む子なので、淡々と羅列されていくタイプの絵本は苦手のようです。

    なかなか二度目を読む機会がありません。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何歳で読めば良かったのか・・

    小さな花の一輪も丁寧に描かれていて、絵ハガキみたいにかわいい絵本です。

    込み入ったお話ではなく、動物が出てくる単純な内容で、字数は意外と多めです。なので、内容的には小さい子でもいいが話が長く、自分で読める子には長さ的にはいいが、内容が物足りないという感じでアンバランスに思います。

    タイトルの「木ぼりのおひゃくしょうさん」の意味もちょっと分からず娘に説明出来ませんでした^^;

    あまり出番がなく、しまわれたままの一冊です。

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧な絵に魅了されます

    • まゆくらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    乗り物好きな息子が4歳の時から読んでいたのですが、当時はあまり興味を示しませんでした。しかし、幼稚園の年長さんになってからこの絵本を何度も持ってくるようになったのです。正直言って男の子はこんなほんわかしたお話には興味を持たないだろうと思っていました。しかし、何に惹かれたのかわからないのですが、何日か続けて持ってくることも・・・「木ぼり」が何だかわからないと思うのですが、そうしたわからない部分があってもこの絵本の世界観が伝わっているからか、あまり気にせず絵本の世界を楽しんでいます。私の印象では挿絵が細かく丁寧に書かれてあること、そして、いてほしい動物たちを紹介するときに、1種類ずつ丁寧に紹介をするところがいいなぁと思いました。ゆったりとした時間が流れている感じがそうした部分から伝わってきたので。
    この絵本を読んで、一見女の子向けっぽい絵本であっても、男の子が気に入ることは多々あるのだなと思いました。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかな春を感じる

    丘のうえのちいさな木の家に住む、ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさんとおかみさん。2人の家は赤い屋根のすてきなお家で、その隣には納屋やぶたの犬の家、動物を放せる囲いもありました。でも住んでいるのは、おひゃくしょうさんと、おかみさんだけ。「一緒に暮らす動物さえいてくれたら、ここは世界で一番楽しい農場になるだろうに」と思った2人は、ある日、家の前を通る船長さんにお願いして、動物たちにうちにこないか聞いてもらうことにしました。動物たちはみな「それなら行こう」と2人の家へやってきます。
    のどかなお話にピッタリの、穏やかで美しい挿絵が印象的。たくさんの花をモチーフにした枠の飾り模様がなんとも素敵で、ずっと眺めていたくなります。これからやってくる穏やかな春を感じることのできる、気持ちのよい絵本です。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても素敵な絵本なのにサイズが小さい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    絵本のサイズが少々小さめなのが気になりますが、アリス・ダルグリーシュの文も、アニタ・ローベルの絵も、とても素敵で楽しい絵本でした。
    いわゆる「積み上げ話」みたいなリズム感のある話なので、
    ぜひ、学校の子どもたちに読み語りしてあげたいのですが、先にも書いたとおり、サイズが小さめなため、あまり大勢いる場所での読み語りにはお勧めできません。
    というのは、アニタ・ローベルのこだわりのある、素敵な細かいイラストをよく見ることができないからです!
    こんな魅力的な絵を「隅々まで見れない」なんて、もったいなです。
    でも、たくさんの子どもたちに紹介して、読んであげたいので、ブックトークでかいつまんで紹介して、後は自分で読んでね。というのが一番いいかもしれません。

    出来たら出版社の方で大型絵本を作ってほしいです。
    読んであげるなら、小学校の低学年から、中学生や高校生でも楽しめると思います。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵に注目

    童話館出版の絵本だったので、少し見てから購入しましたが、
    とてもお気に入りの本となりました。

    織物デザイナーだった方の絵なので、絵がそのまま刺繍に使えそうなくらい繊細で綺麗です。
    お話はとてもシンプルだけれども、自然の中で、動物たちとともに静かに暮らすことを喜びとする木彫りのお百姓さんは、魅力あふれる人物で、質素な中にもセンスのよさが光ります。

    幼児といえども優れた絵柄の絵本を、そしてその内容は、素朴な中にも安定した幸せを求めるものを、とお考えのかたにはおすすめです。

    掲載日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お花がとってもラブリーです。

     絵がとても細かく描かれているんだけど、ごちゃごちゃ描かれているんでなく、とっても品よくパターンとしてページの随所にお花や動物なんかが宝石のようにちりばめられているって感じで、とっても大好きです。

     メルヘンっぽいんだけど、おはなしにすごくマッチしているので、気に入らないと途中で読むのをやめるうちの兄もじーっと聞いていました。

     長いお話は最後まで聞いているのは出来なくても、絵を読むことの好きな弟は、ここにうしがいるよと教えてくれながら、この絵本を楽しんだようです。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 額に入ったような かわいい絵です

    どこか懐かしい感じのする、かわいい絵の絵本です。
    ページごとに額に入ったような絵になっていて、細かい所まで、丁寧に描かれています。

    文字が多いように感じましたが、お話しの内容がわかりやすく、読みやすかったです。

    でも、このおひゃくしょうさんとおくさんは、木彫りなんでしょうか?
    べつに、わざわざ木彫りの設定にしなくても、いいのにな・・・と思いました。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いた!いた!

    小さな娘には長くて大変かなと思ったら、最後まで聞き入っていました。「クリームたっぷりのこいミルクを出す茶色のめうしを1頭」と読むとページの下にかかれている小さなめうしの絵を指差し「いた!いた!」なんて自分も船長さんになった気分です。
    おひゃくしょうさんとかおんどりとか、時々言葉の意味を説明しながら読んであげたほうがよく分かるかもしれません。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット