たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かぶとむしのぶんちゃん」 みんなの声

かぶとむしのぶんちゃん 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2000年6月
ISBN:9784494003310
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,329
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • どっちが強い?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳、

    かぶとむしって、かっこいいよね〜。
    小さい子は、大好き!

    かぶとむしが活動をはじめるのは、日が沈んでから。
    暗い夜に、どんな活動をしているんだろう。
    ちょっと知りたい。

    夜になって、かぶとむしのぶんちゃんが、土の中から出てきます。
    そして、めすのかぶとむしを助けてともだちになったり、
    乱暴者のくわがたと戦ったり・・・

    かぶとむしとくわがた、どっちが強い?

    ぶんちゃんは、くわがたからみつの場所を守るために戦います。
    かっこいい〜★

    今では、ペットショップなどで簡単に手に入りますが、
    夜、自分で作った仕掛けで捕まえるというのも、いい経験になるんじゃないかな。

    このえほんが、虫とともだちになれるきっかけをつくってくれると思います。

    我が家のかぶとむしは、9月下旬現在も、おすは毎日、元気にゼリーを食べてます。
    まだ、暑い日が続いているからでしょうね。
    おすは、田舎の親戚の家の前で、偶然、捕まえることが出来ました。
    めすは、親戚の人から譲ってもらい、ペアで飼育しています。
    どれくらいの卵を産んでくれてるのか、楽しみです。

    あとがきの豆知識は、とっても役にたちますよ。
    大人が読んであげて、かぶとむしのこと、学んでくださいね。

    もっと、かぶとむしのこと、好きになると思います。

    掲載日:2012/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぶんちゃん、かっこいい!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    4歳の息子に図書館で借りて読んであげました。

    今年の夏、虫捕りばかりしていた息子。
    カブトムシのオスとメスも1匹ずつ捕まえる事ができ、カブトムシが出てくる絵本は大好き。
    図書館でこの本を見つけて、早速読んでみました。

    ぶんちゃん、かっこいいですね。
    クワガタよりもカブトムシ派の息子はカブトムシの活躍を見れて良かったかな。
    読み易いお話しなので、2歳くらいから楽しめそうです。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切にしたい絵本です

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    息子が幼稚園から初めて借りてきた絵本がこれです。
    虫が大好きな息子、中でも強さが評判なかぶとむしはとっても大好きで、この絵本も、一生懸命見てました。

    虫について無知な私が読むと、温かな雰囲気のストーリーに学べる知識が多々ありました。
    また読みたい絵本です。

    掲載日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力持ち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    かぶとむしのぶんちゃんのお話。
    女の子のかぶとむしはつのがないんだーとかかぶとむしは夜に動くんだーとか、娘は勉強になったようです。
    とっても力持ちなぶんちゃん。やさしさもあわせもっていてすてきなかぶとむしですね。

    掲載日:2015/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はクワガタも読もう!

    野生のカブトムシは、クワガタムシよりは捕まえやすいと聞きますが、夏の虫の王様として、昔も今も男の子の間では絶大な人気ですね。
    私はメスのカブトムシには、あの特徴的なツノがないことを、この絵本で初めて知りました。息子はオスのぶんちゃん、メスのぷんちゃんという可愛い名前も気に入ったようで、絵を指しては「こっちがぶんちゃんで、こっちがぷんちゃん♪」と、何度も確かめていました。
    それにしても、カブトムシのライバルであるクワガタたちが、「悪者」に描かれすぎているような気がしますが、外せないカブトムシ VS クワガタのシーンはいつも一生懸命に見入っています。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新たな世界へ

    虫には全く興味のなかった子供。見ることもなければ、触ることもなかったのですが、この絵本と出会ってからは、凄く虫に興味を持つようになり、欲しがるようにもなり、触るようにもなりました。子供って凄いですね。これからも、沢山の絵本と出会って色んな経験をして欲しいです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど・・・

    土の中から起きてきたかぶとむしのぶんちゃん。
    女の子のかぶとむしと友達になって一緒に木のみつを
    吸いにいきますが、そこにクワガタが現れて・・・?!

    息子大好き、かわいいむしの絵本シリーズ。
    読むたび毎回繰り返しをせがまれます。
    今回はぶぶぶーんとぶんちゃんが重そうな音をたてて
    飛ぶシーンが好きなようで、そのシーンで大笑い。

    カブトムシって力持ちなんですね。
    あとがきを見て「そうなんだ!」と感心。
    メジャーな虫ではあるものの、私自身があまり好きではないので
    そういった知識がないことに気付かされました。
    息子も、カブトムシがみつを吸うということが分かったようです。
    親子で一緒に虫について知ることができるところが良いですね。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生態も学べる

    「かわいいむしの絵本」シリーズの中の1冊です。

    このシリーズは、大人も知らなかった事も描いてあって、結構勉強になります。

    ちょっとした図鑑ですね。虫の好きな人も、嫌いな人もお勧めです!

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生態を楽しく学べます

    息子が読みたいとの事で借りてみました。

    かぶとむしの生態を、可愛らしい絵・わかりやすいお話で学べます。

    大人の私でも知らない事があり、勉強になりました。

    虫さん同士が会話をしているので、読み聞かせをする事で虫さんにも優しく接する事が出来る様になる気がします。

    かぶとむしが大好きなお子様にはたまらない絵本かも。

    お話をよく理解出来る様になる3歳以降のお子様にオススメです。



    掲載日:2012/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫大好き

    夏に初めてカブトムシを飼った息子は、今昆虫が大好き。
    昆虫が出てくる絵本を何冊か読んであげましたが、これもその内の1冊。
    今のところ昆虫の絵本なら全て息子の心を捉えていますが、
    その中でもこの本は、昆虫の中でもカブトムシが主役なので、すごく気に入っています。
    特にカブトムシの方がクワガタより強いと信じている我が息子には、期待を裏切らないお話だったようです。

    掲載日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット