雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

だって・・・」 みんなの声

だって・・・ 作:石津 ちひろ
絵:下谷 二助
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784337016514
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思わず笑ってしまう

    「だって」。
    思わず言いたくなる気持ちはわかります。特に子どもってよくいいますよね。親としてはついつい叱りたくなってしまうのですが、この絵本を読むとそんな気持ちが吹き飛んで思わず笑ってしまう。
    だっての理由が・・・・。
    もうビックリ仰天なんです。
    これを知っていれば子どもの「だって」をもっとあたたかい気持ちで聞けるかなと思いました。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の内容と絵は、
    「だって。」
    極端なオチが繰り返されているけれど、
    なかなか おもしろいと思いました。

    表紙をめくったところの
    二助さんと ちひろさんの
    「だって。。」で そだって。。。という対話形式の
    文章は共感できました。

    「だって」のあとに広がる世界。
    それをわかってほしいということ。

    「だって」という言葉は
    言い訳に使う 自己弁護だと思っていましたが、
    自分の考えていることを共有したい、
    理解してほしいという訴え。。

    そうかもしれない。
    大人同士でも
    相手の話をよく聞いて、
    こめられている意味を
    考える大切さもあるような気がして
    絵本から学びました。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感情的な全面否定

    「だって」と来たら、その後にいい話が来ることはまずないと思う。
    「だって」はかなり感情的な言葉だと思う。
    反発感、アレルギー、感情の高ぶりに思わず言ってしまう「だって」。
    でも、こんな絵本の展開なら、自分だって思わず「だっての人」をかばいたくなります。
    だって極端なんですもん。
    言いごたえしたくなるような絵本でした。

    掲載日:2014/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • だって…の背後

    気ままで自由な子供
    ワクにはめようとする大人
    両者が共に生活していく中には何かと「だって」という言葉が出てきがちです。
    大人の都合で言ってしまえば、子供の「だって」は面倒なものかもしれません。

    それでも作者は言います。
    「だって」は愛されている安心感のもとに言えるセリフ。
    「だって」というたった3文字の背後に広がる子供の空想世界をわかってあげてほしい と。

    言葉で伝える能力が未熟な子供たちの気持ち。
    それを想像して一歩立ち止まれる大人でありたいと思いました。

    絵も文もシンプル。そしてダイナミックであっけらかんとしている。
    それがかえってこの絵本の奥深さを誘います。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと前置きしてから

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    0〜2歳児の親子のお話会で読みました
    まず「この絵本の中には日常よく使われる『どうして』『だって』が出てきます。言葉は少ないけど、絵から子供の心を想像してみてください」と前置きしてから読み始めると・・・
    どのママたちも真剣顔!
    そしてページをめくるごとに「ウフフ・・・」「ヘェ〜」など様々な反応を見せていただきました
    「おもらし・・・」のところではそうなんだと大爆笑!
    最後の子供からママへの「どうして・・・」にはこれも大人の想像をはるかに超える結果にママたちにはオオウケでした

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの気持ちに寄り添いたいから

     ママの攻め句に、「だって…」。
     だってのあとの絵がいいな〜。
     子どもにはこう思える事なのかも。
     カバー折り返しの石津先生と下谷先生の対談を読み反省しました。

     子どもの「だって…」は、わかって欲しいってこと。
     この気持ちがなくなったら、「だって…」なんて言わなくなるんでしょうね。
     だから、「だって…」が、息子の口から出たら、大切に聞こうと思いました。
     だって、子どもの気持ちに寄り添いたいから。

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • だって=想像力

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ママのお叱りに「だって」と言い訳するこども。だっての先の言い訳が笑えます。
    そんなわけ無いじゃ〜ん!と単純に子供と笑って読みました。その時点では私にとってはただの面白い絵本でした。
    が、カバーの裏の作者の石津ちひろさんと絵の下谷二助さんの対談を読んで胸にズーンときました。大人が実は「だって」の大切さを見失っちゃってるというお話です。だってがどれだけ大切なのか考えさせられます。いつも「言い訳ばっかりして!」と怒っていた自分を反省。だって=想像力という事が理解できました。
    それを読んだ上で改めて絵本を読むとまた違った感じがしました。
    絵本もさることながら、この裏表紙の対談は是非沢山のママパパに読んでほしいと思いました。

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「だって」も大事

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おかあさんが、「ご飯をおかわりしなさい」とか「お風呂に入りなさい」って色々言うけど・・・できない理由は「だって・・・」と訴えている。
    その理由は、普通では考えられない内容だが、子どもたちにしてみたら、本当にそう思えるのかもしれない。そして、最後は意外な落ちが待っている。子どもたちの気持ちをわかってあげられるようになる一冊かもしれない。

    掲載日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も(大人の方が?!)笑えます!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    「どうしておふろがきらいなの」、「どうしてテレビばかりみるの」などなど、お母さんが子どもによくいう小言?!に、子どもが「だって・・・」といいわけをしようとして、ページをめくると、一目瞭然、その理由が分かります。

    例えば、「どうしておふろがきらいなの」に対しては、浴槽に牙をむき出した大きなサメが入っている絵が描かれていて、そりゃきらいなはずだ!というオチになっています。

    内容的にはややシュールな感じがして大人向けかな?!と思いましたが、3歳の息子は「だって・・・」のセリフが気に入り、だっての部分だけは自分で読んでいます。一目瞭然のいいわけの絵の部分は、少し言葉を足して、オチが息子にも分かりやすいように読んでいます。

    最後は、立場が逆転し、子どもがお母さんに「どうしてだっこしてくれないの」と聞き、お母さんが「だって・・・」といいわけする場面、これもまた笑えます。確かにこんなんだったら抱っこしたくない、、というよりできないかも。

    掲載日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ!親子で笑ってください

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    「なんで○○しないの!」に対しての子どもの言い分、最高!!
    そして、ごもっとも!?

    普段娘に「だってじゃないのっ!!」とぴしゃりと言ったりする鬼母な私も大笑い。

    5歳の娘も最初からバカ受けで、次のページから
    二人でどんな言い訳か考えてから、めくって楽しみました。

    帰宅して疲れていたパパに見せると、最初はめんどくさそうに開いたのに
    やっぱり笑っていました。
    そして、読んだ後は思わず娘をを抱っこしていました。
    (私もそうでした。)娘のうれしさは倍増です。

    久しぶりに、娘も私も図書館に返すのが名残惜しかった絵本です。

    掲載日:2006/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット